2020ドラフト投手

2020ドラフト候補の高校生投手【最新】プロ志望届と大学の進路は

佐々木朗希投手・奥川恭伸投手をはじめ高校生が大いに話題になった2019ドラフトから1年、高校野球ファンの興味は2020ドラフトに向いています。

高校野球におけるピッチャーの重要性は言うまでもなく、各チームの投手がどんなピッチングを見せてくれるかも非常に楽しみですね!

この記事では2020ドラフト候補の高校生投手を特集していきたいと思います。

リアルタイムで随時更新していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

参考:2020ドラフト候補の高校生野手【最新】スカウトはどう評価する?

目次

【北海道地区】ドラフト候補の高校生投手

駒大苫小牧・北嶋洸太

140キロ台中盤の真っ直ぐとキレのあるスライダーが武器の右腕。

豊富な経験はもちろん、かなり追い込んで練習に打ち込む投手だけに、2020夏までにどこまで伸びるかが本当に楽しみです。

参考:駒大苫小牧・北嶋洸太の奪三振に注目|佐々木監督が全幅の信頼を置く理由

苫小牧中央・根本悠楓(プロ志望届)

中学時代には全国大会で史上初の完全試合を達成するなど、早くから期待されていたサウスポーです。

制球力もあり完成度が高い道内屈指の左腕ですから、これから力強さが増してくるとドラフトは十分にありえるでしょう。

参考:根本悠楓(苫小牧中央)は中学日本代表|球速以上の魅力はツーシーム

札幌国際情報・原田航介

2019夏にもエースとして北海道を沸かせた右腕で、抜群のコントロールを武器にした投球術は一級品。

試合の流れを読む力など投手としてのセンスは抜群だけに、2020夏でも主役になる可能性は十分に秘めている右腕です。

参考:原田航介(札幌国際情報)はドラフト期待|球速以上の完成度に注目

札幌光星・武田悠聖

身長184cm・体重87kgの恵まれた体格から、最速140キロ超のストレートを投げ込む大型右腕。

北海道の高校生投手としてポテンシャルの高さは随一とも言われており、高校最後の夏での覚醒には大いに期待したい投手です!

参考:武田悠聖(札幌光星)はドラフト期待|球速と将来性は北海道屈指

札幌山の手・佐藤爽

最速145キロをマークしている北海道屈指のサウスポーで、奪三振率の高さにも注目です。

打力もある選手だけに、投打で札幌山の手を牽引してスカウトの目を引くでしょう。

参考:佐藤爽(札幌山の手)はドラフト期待|球速とキレが抜群の注目左腕

白樺学園・片山楽生(プロ志望届)

最速147キロのストレートを投げ込む一方で、四番を務める強打者としても注目の逸材です。

2019秋の神宮大会からグングン注目度を上げており、全国トップクラスの高校生投手としてこの先も話題になることは間違いないでしょう。

参考:片山楽生(白樺学園)は中学で全国4強|球速だけじゃない二刀流に注目

白樺学園・奥村柊斗

190cm超の長身で、投打に異次元とも言えるパワーを発揮している未完の大器。

公式戦などでの実績こそまだほとんどないものの、秘めた可能性は十分だけに一気にドラフトを沸かせることも考えられる選手ですね!

参考:奥村柊斗(白樺学園)はドラフトなるか|球速にも期待の超大型右腕

クラーク記念国際・浦崎翔

最速140キロ台中盤のストレートを投げ込む右腕で、北北海道で注目投手の一人。

馬力・スタミナともに申し分ないだけに、2020夏で一回り成長した姿を見せてくれるのが非常に楽しみです!

参考:浦崎翔(クラーク記念国際)はドラフト期待|球速も北海道屈指の本格派

Sponsored Link

【東北地区】ドラフト候補の高校生投手

青森山田・小牟田龍宝(プロ志望届)

最速150キロに迫るストレートは球威抜群で、2020シーズンで一気に評価を上げそうな本格派右腕。

打者としても高校通算12本のホームランを放つなど身体能力が高く、将来性を見込んでのドラフト指名は十分にありえるでしょう。

参考:小牟田龍宝(青森山田)はドラフト期待|球速に注目の右腕は怪我を越える

明桜・佐々木湧生(プロ志望届)

スライダーのキレが高校トップクラスと言われている本格派右腕。

1年春からマウンドに上がるなど経験も豊富で、球速140キロ超のストレートに制球力の高さと、完成度の高さはピカイチです。

参考:佐々木湧生(明桜)はドラフト期待|球速アップに変化球のキレも抜群

明桜・長尾光(プロ志望届)

最速150キロに迫るストレートを投げ込むイケメン右腕で、スター性も十分。

スライダーやスプリットをはじめ変化球のキレも一級品だけに、ドラフトではぜひとも注目したい仙台出身の右腕です。

参考:長尾光(明桜)はドラフト期待|球速だけじゃない注目株は上位指名も

明桜・橘高康太(プロ志望届)

2019秋に最速146キロをマークしているストレートに加えて、4種類の変化球の精度にも注目の右腕。

2020夏前の練習試合では仙台育英打線を4回ノーヒットに封じるなど、安定感の面でも見逃せない高校生投手と言えるでしょう。

参考:橘高康太(明桜)はドラフト期待|球速大幅アップで高校屈指の右腕に

花巻東・松本遼大(プロ志望届)

187cmの長身から最速150キロに迫るストレートを投げ込む本格派右腕。

さらに5種類の変化球を投じるなど器用さも兼ね備えており、2020夏の投球次第ではドラフト上位も十分にありえる逸材でしょう。

参考:松本遼大(花巻東)はドラフト注目|球速以上の将来性で大化けに期待

盛岡工業・昆野漱太郎

2020夏の初戦で147キロをマークして話題になっている本格派右腕。

マウンド度胸が良いうえにスライダーのキレも一級品で、進路が俄然気になる投手になってきました。

参考:昆野漱太郎(盛岡工業)はドラフト期待|球速とスライダーは一級品

盛岡大付・大久保瞬

右のサイドハンドから最速145キロの真っ直ぐは球威抜群。

スライダーやシンカーをはじめ変化球にもキレがあり、奪三振も多いピッチャーだけに2020ドラフトでも楽しみな存在です!

参考:大久保瞬(盛岡大付)はドラフト期待|球速も急成長で奪三振に注目

仙台育英・向坂優太郎

140キロ超えのストレートと変化球のコンビネーションで、2019秋の東北大会優勝に大きく貢献したサウスポー。

マウンド上での落ち着いた振る舞いなど頼もしさは日に日に増しており、甲子園の舞台で一気に評価を上げる可能性も十分だと思います。

参考:向坂優太郎(仙台育英)は球種で翻弄|球速だけじゃない左腕の意地

磐城・沖政宗

2019秋の新チームでは脅威の防御率0.90をマークした、抜群の安定感を誇る期待の右腕。

最速141キロのストレートはもとより、カーブに2種類のスライダー、チェンジアップやスプリットも操るなど豊富な球種にも注目したい投手ですね!

参考:沖政宗(磐城)は球速以上に凄い|楽天ジュニア出身の右腕に大注目

大崎中央・氏家蓮(プロ志望届)

最速150キロ超のストレートを投げ込む本格派右腕で、全国的な知名度こそまだ低いものの間違いなく高校トップクラスの投手。

特に回転数の多いストレートのキレはプロでも上位に匹敵するレベルだけに、ドラフトでも見逃せない投手の一人でしょう。

参考:氏家蓮(大崎中央)はドラフト期待|球速以上の回転数はプロでも上位

Sponsored Link

【関東地区】ドラフト候補の高校生投手

木更津総合・篠木健太郎

世代トップクラスの投球を見せる、最速147キロの本格派。

スライダーの変化も鋭く、関東では有名な右腕ですし、2020ドラフトでの上位指名は間違いない逸材だと思います。

参考:篠木健太郎(木更津総合)の球速は全国区|ドラフト右腕は中学東日本選抜

木更津総合・吉鶴翔瑛

最速140キロのストレートはキレがあり、変化球とのコンビネーションも冴え渡る注目左腕。

身体能力の高さに加えて得点圏にランナーを置いた状況でギアを上げられる精神的な強さも兼ね備えていますし、ぜひとも注目してほしい投手です。

参考:吉鶴翔瑛(木更津総合)はドラフト期待|父も話題の左腕はマウンド度胸満点

日体大柏・箱山優

身長184cmから最速140キロ超のストレートを投げ込む大型右腕で、ポテンシャルの高さはプロのスカウトも高く評価しています。

制球力が課題ではあるものの、将来性を見込んでのドラフトも十分にありえるでしょう。

参考:箱山優(日体大柏)はドラフト期待|球速と将来性に注目の大型右腕

青藍泰斗・佐々木康

ノビのある140キロ台中盤のストレートはもちろんのこと、多彩な変化球とのコンビネーションが抜群の右腕。

まだ細身の体格も伸びしろがあり、マウンドに上がるたびに素材の良さを見せつけてくれる楽しみな高校生投手です。

参考:佐々木康(青藍泰斗)はドラフト期待|球速以上のノビと多彩な変化球

浦和学院・美又王寿(プロ志望届)

スリークォーターから投げ込む最速148キロのストレートは球威抜群。

縦横2種類のスライダーをはじめ変化球にもキレがあり、堂々としたマウンドさばきからも風格を漂わせる注目の右腕です。

参考:美又王寿(浦和学院)はドラフト注目|球速だけじゃない中学全国V右腕

浦和実業・豆田泰志(プロ志望届)

140キロ台前半の真っ直ぐは球速以上にノビがあり、ストレートだけで空振りを奪えるピッチングは見ものです。

奪三振率も高く、全国の高校野球ファンにぜひチェックしてほしい投手の一人ですね…!

参考:浦和実業・豆田泰志は球速以上に速い|ドラフト右腕は中学で東日本最速

常総学院・菊地竜雅

2年ですでに球速150キロをマークしており、2020ドラフトでも上位での指名に期待がかかります。

申し分ない球威がある上に制球力も格段にアップしていますから、実戦のなかでどこまで本領発揮できるかにも注目です。

参考:常総学院・菊地竜雅の中学時代の球速は?ドラフト注目の150キロ右腕

常総学院・一條力真

完成度が高い本格派右腕で、身長188cmと恵まれた体格で将来性にも期待。

大学への進学が濃厚と見られているものの、この先でドラフトにかかる可能性は十分にある投手でしょう。

参考:一條力真(常総学院)は中学で県選抜|球速と将来性に期待の長身右腕

霞ヶ浦・山本雄大

左腕から右打者への内角はもちろん、左打者のインコースにも球威のあるボールを投げ込めるサウスポー。

2019夏から主軸を務めているバッティングにも注目で、二刀流で茨城大会を沸かせてくれる選手であることは間違いありません。

参考:山本雄大(霞ヶ浦)はドラフト期待|二刀流のずば抜けた野球センス

佐和・黒田晃大(プロ志望届)

細身だった体格が1.6kgの食トレによって急成長し、最速140キロ超をマークする右腕になりました。

四番を務めるなど野球センスも高く評価されていますから、茨城の注目投手としてこの先で更に注目度を上げそうです!

参考:黒田晃大(佐和)はドラフト期待|最速更新で急成長の大型右腕

健大高崎・下慎之介(プロ志望届)

130キロ台だったストレートは最速140キロ台中盤まで伸びてきており、エースとしての存在感が増しています。

強力打線を相手にも十分に通用することは2019秋に証明済みですから、最後の夏でどこまで成長を見せてくれるかが非常に楽しみですね!

参考:下慎之介(健大高崎)の投球術に注目|球速以外にも期待の好左腕

健大高崎・橋本拳汰(プロ志望届)

191cmの長身から角度のあるストレートを投げ込む本格派右腕。

2019秋の時点で140キロ台前半の球速がさらに伸びてくると、間違いなくドラフト候補として話題になるでしょう。

参考:橋本拳汰(健大高崎)の中学の球速は?野茂ジャパン出身右腕はドラフト期待

前橋商業・橋本優雅

最速145キロのストレートを投げ込む右腕で、打たせてとるピッチングも出来る器用さも併せ持つピッチャーです。

チェンジアップも素晴らしいものを持っており、変化球の精度も高いためドラフトでもぜひ話題になってほしいですね!

参考:橋本優雅(前橋商業)はドラフト期待|球速以上の完成度は見もの

桐生第一・蓼原慎仁(プロ志望届)

身長180cm超の大型右腕で、最速145キロをマークしている本格派。

回転数にも注目のストレートは手元でのノビがあり、スケールの大きな高校生投手だけに将来性を買っての指名も十分にありえるのではないでしょうか!

参考:蓼原慎仁(桐生第一)はドラフト期待|球速と回転数に注目のハーフ右腕

Sponsored Link

埼玉栄・内田了介(プロ志望届)

2019秋に最速146キロをマークし、150キロの大台を視野に入れている本格派右腕。

パワフルなバッティングも長打力は突出しており、スケールの大きな選手だけに投打で注目を浴びることになりそうです…!

参考:内田了介(埼玉栄)はドラフト注目|球速だけでなく打撃センスも凄い

横浜・松本隆之介(プロ志望届)

名門で1年時からマウンドに上がっていた、身長188cmの大型左腕。

140キロ台後半の真っ直ぐに加え、鋭いスライダーも決め球として十分な威力があるだけに、ドラフト上位の可能性は十分に秘めています。

参考:松本隆之介(横浜)がドラフト上位と注目される球速以外の理由とは

横浜・木下幹也(プロ志望届)

完成度の高いピッチングで2019シーズンから背番号1を背負う注目の右腕。

球速だけではなくスプリットをはじめ変化球のキレも抜群だけに、プロのスカウトからは高評価を獲得するでしょうね…!

参考:木下幹也(横浜)はドラフト期待|中学の全国MVP右腕は球種でも翻弄

東海大菅生・藤井翔

小柄ながら抜群の身体能力で150キロに迫るボールを投げ込む本格派右腕。

全身バネのような勢いを感じさせる投手だけに、マウンドでの躍動感あるピッチングには大いに期待したいところです。

参考:藤井翔(東海大菅生)の球速とノビに注目|抜群の身体能力を誇る次世代エース

創価・森畑侑大

長身から最速145キロのストレートを投げ込む大型右腕で、高校入学後に20キロ以上も球速を伸ばしています。

奪三振率も高く将来性の面でも楽しみなピッチャーですから、2020ドラフトに食い込んでくる可能性は十分だと思います。

参考:森畑侑大(創価)はドラフト期待|球速以上の将来性には大注目

二松学舎大付・秋広優人(プロ志望届)

身長2メートルの大型右腕で、140キロ台中盤の球速はまだまだ伸びそう。

高校通算20本以上のホームランも放っており、二刀流でプロでも暴れまわってほしいロマン溢れる高校生投手です。

参考:秋広優人(二松学舎大付)はドラフト期待|球速とホームランはド迫力

習志野・堀井遥斗

身長180cm・体重80kgとバランスの取れた体格から、最速140キロ超えのストレートを投げ込む右腕。

変化球の精度など課題はあるものの、ポテンシャルの高さを感じさせるだけに、大化けに期待したい投手です。

参考:堀井遥斗(習志野)は球速が凄い|佐倉シニア出身右腕はドラフト候補

Sponsored Link

【東海地区】ドラフト候補の高校生投手

中京大中京・高橋宏斗(プロ志望届)

最速148キロの真っ直ぐに加えて縦のスライダーも操り、圧巻のピッチングを見せる中京大中京のエース右腕。

マウンド上での存在感も並外れたものがある投手だけに、順当に行けばドラフト上位での指名は間違いないでしょう。

参考:高橋宏斗(中京大中京)に漂う大物感|球速だけではない豪腕の将来性

中京大中京・松島元希

身長164cmと大柄ではないものの、左腕から最速147キロのストレートを投げ込む馬力が魅力。

ずば抜けた球威に加えて、ピンチに強い精神力も兼ね備えている注目株です。

参考:松島元希(中京大中京)はドラフト期待|球速だけじゃない左腕の将来性

享栄・上田洸太朗(プロ志望届)

身長184cm・体重94kgと恵まれた体格を誇る大型左腕で、ストレートの最速は143キロをマーク。

まだまだ伸びしろがありますし、2020春の練習試合では大阪桐蔭を完封するなど強豪を相手にも力を示しています。

参考:上田洸太朗(享栄)はドラフト期待|中学では日本代表も経験の大型左腕

静岡商業・高田琢登(プロ志望届)

左腕から140キロ台中盤の真っ直ぐを軸に三振を量産する本格派。

ピンチに強い精神力も兼ね備えていますし、2020春にはU18日本代表候補にも選出されるのではないでしょうか。

参考:高田琢登(静岡商)はドラフト期待|球速だけじゃない中学日本代表

県岐阜商・森大河

最速140キロ台中盤のストレートを軸に、下級生の頃から注目を集めていた本格派右腕です。

怪我で思うように活躍できなかった2019年の悔しさを、高校最後のシーズンでいかに晴らすかにも注目していきましょう。

参考:森大河(県岐阜商)はドラフト期待|球速だけじゃないエースの復活

いなべ総合・伊東邑航

身長183cm・体重86kgのどっしりとした体格から、140キロ台をコンスタントにマークする大型右腕。

豊富な球種に加えて制球力も高く、将来性も抜群の投手だけに2020ドラフトでは隠れた目玉となる可能性も十分です!

参考:伊東邑航(いなべ総合)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の大型右腕

帝京可児・加藤翼(プロ志望届)

最速150キロ超のストレートは高校野球界でもトップクラスの右腕。

奪三振率も高く、制球など荒削りな点も含めて将来が楽しみな右腕だけに、2020ドラフトでも間違いなく話題になる高校生投手でしょう。

参考:加藤翼(帝京大可児)はドラフト期待|球速と回転数に注目の本格派

Sponsored Link

【北信越地区】ドラフト候補の高校生投手

日本航空石川・嘉手苅浩太(プロ志望届)

身長190cm・体重100kgの恵まれた体格で、打っても四番を務める本格派。

スケールの大きさは同世代の中でも群を抜いており、将来が楽しみな大型ピッチャーです。

参考:嘉手苅浩太(日本航空石川)は日本代表|ドラフト注目の超大型右腕

敦賀気比・笠島尚樹(プロ志望届)

速球・変化球ともに抜群のキレを誇るボールで、2019夏の甲子園でも活躍を見せました。

最速145キロとスピードもありながら内外角に投げ分ける制球力も兼ね備えているため、安定感の面でもスカウトからは高評価を受けるでしょう。

参考:敦賀気比・笠島尚樹は球速より速い|ドラフト候補は変化球のキレも注目

敦賀気比・松村力(プロ志望届)

2019秋に最速146キロをマークしている本格派で、ストレートは質の高さにも注目したい右腕。

鋭いスライダーも武器として期待できるだけに、今後スカウトから高評価を受けたとしても不思議ではありません。

参考:松村力(敦賀気比)は球速に注目|ドラフト期待の大型右腕は安定感抜群

福井工大福井・垣外中健心

左腕から繰り出す最速145キロのストレートはキレも抜群。

制球力の高さもあるため、2020夏のピッチング次第ではドラフトを沸かせてくれる可能性は十分にある左腕です。

参考:垣外中健心(福井工大福井)はドラフト期待|球速にも注目の好左腕

星稜・寺西成輝

身長186cmから繰り出す最速143キロの真っ直ぐが魅力。

中学時代から高いポテンシャルで注目を浴びていただけに、もう1ランク上の投手に成長してくれることに期待したいですね。

参考:寺西成輝(星稜)はドラフト注目|体育会TVも出たエリートの挫折

Sponsored Link

遊学館・高田竜星(プロ志望届)

2年生ですでに140キロ台中盤のストレートを投げ込む本格派右腕。

アウトコースへの制球力にも長けており、大崩れしない安定感もスカウトから高く評価されそうです。

参考:高田竜星(遊学館)はドラフト期待|球速にも注目の逸材は将来性抜群

金沢龍谷・川崎翔陽

2019夏に最速148キロをマークしている右の本格派で、好投手揃いの北信越地区でも注目の一人です。

球速は今後さらに伸びてくるでしょうから、世代トップクラスのスピードボールでスカウトも見逃せない存在になりそうです。

参考:川崎翔陽(金沢龍谷)はドラフト注目|期待の球速はどこまで伸びるか

金沢龍谷・加藤優弥(プロ志望届)

右のサイドハンドから、ストレートは最速150キロを誇る注目株。

スライダーのキレも抜群で奪三振率が高く、2020夏で評価急上昇中のためドラフトには期待したいところです。

参考:加藤優弥(金沢龍谷)はドラフト期待|球速に注目のサイドスロー

高岡第一・佐伯成優

186cmの長身右腕が、2019冬で体重を8kgアップさせて最速146キロをマーク。

荒削りながらポテンシャルが高く、富山から将来性を買われてのドラフト指名は十分にありえる投手と言えるでしょう。

参考:佐伯成優(高岡第一)はドラフト期待|球速に注目の右腕は大化けなるか

飯山・常田唯斗(プロ志望届)

最速145キロのストレートを武器に、2019夏の甲子園初出場に大きく貢献したイケメン右腕。

再び甲子園を沸かせることになれば、全国の高校野球ファンから熱視線が注がれることになりそうです。

参考:常田唯斗(飯山)がイケメンすぎる|ドラフト注目右腕は性格も最高だった

上田西・阿部巧雅

バッティングでも中軸を務めるなど、身体能力の高さを感じさせる右腕。

140キロ中盤のストレートはもとより、コントロールも含めた完成度の高さに注目したい投手ですね。

参考:阿部巧雅(上田西)は球速に注目|ドラフト期待の身体能力は投打に光る

Sponsored Link

【近畿地区】ドラフト候補の高校生投手

明石商業・中森俊介(プロ志望届)

2019夏の甲子園で最速151キロをマークするなど、世代を代表する本格派として注目が集まります。

力任せにならないクレバーな投球も光るだけに、ドラフトの目玉として警戒される中でのピッチングにも注目です。

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

智弁和歌山・小林樹斗(プロ志望届)

150キロに迫る球速もさることながら、真っ直ぐの質が高いことにも注目のドラフト候補です。

スライダー・フォークをはじめ鋭い変化球も持っているほか、2019夏の甲子園・星稜戦で先発を志願するなど、気持ちの強さも素晴らしいものを持っています。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|ドラフト注目の怪物右腕

履正社・岩崎峻典

2019夏に急成長を見せ、甲子園で優勝投手にもなった本格派右腕。

新チームではエースとして活躍していますし、伸びしろにも期待していきましょう。

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕の急成長が凄い

履正社・内星龍(プロ志望届)

身長190cmの長身から140キロ超のストレートを投げ込む本格派右腕。

2019秋には公式戦での登板こそなかったものの素材は一級品で、奪三振率も高い投手だけに2020シーズンでの覚醒に期待が高まります。

参考:内星龍(履正社)はドラフト期待|球速に注目の大型右腕は覚醒なるか

大阪桐蔭・藤江星河

前チームからマウンドを任されていた好投手で、速球・変化球ともに抜群のキレを誇るサウスポーです。

逸材揃いの大阪桐蔭でエースとして活躍する、気持ちの強さにも注目していきましょう。

参考:藤江星河(大阪桐蔭)は球速以上のキレ|中学日本代表は名門のエースに

大阪桐蔭・申原理来

身長183cm・体重90kgの恵まれた体格から140キロ台中盤のストレートを投げ込む大型右腕。

ストレートの球威は申し分なく、真っ直ぐでグイグイ差し込んでいけるピッチングは見ものです。

参考:申原理来(大阪桐蔭)はドラフト期待|球速にも注目の大物右腕

近大泉州・中尾純一朗

185cmの長身から、ストレートとスライダーのコンビネーションで高い奪三振率を誇る左腕。

2019春には敗れはしたものの大阪桐蔭を相手に3失点で完投を見せるなど、2020ドラフトでも話題になる投手の一人でしょう。

参考:中尾純一朗(近大泉州)はドラフト期待|球速以上の大型左腕に大注目

北野・長曽我部健太郎(プロ志望届)

大阪屈指の進学校からプロ入りを目指す左腕は球速以上のキレと多彩な変化球が見ものです。

50メートル6秒2の俊足に遠投でも100メートル超と身体能力も高く、プロのスカウトも見逃せないのではないでしょうか…!

参考:長曽我部健太郎(北野)はドラフト期待|中学は大阪優勝の秀才左腕

精華・松木平優太(プロ志望届)

本格的に投手を始めてから1年で最速140キロ台中盤をマークしている原石。

インドネシア人の父親を持つイケメン投手ですから、プロの世界では人気も伸びていきそうです…!

参考:松木平優太(精華)はドラフト期待|イケメン右腕は最速150キロ間近

乙訓・林翔大

最速146キロのストレートを軸に、4種類の変化球も織り交ぜて三振を量産する本格派右腕です。

京都ナンバーワンとの呼び声も高いピッチャーだけに、確実にチェックしておきたい投手の一人と言えるでしょう。

参考:林翔大(乙訓)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の右腕は京都随一

報徳学園・坂口翔颯

140キロを超えるストレートは球速以上のスピードを感じさせます。

制球力の高さも光るだけに、もう一回り身体が大きくなってくると更に本格派としての注目度は高まるでしょうね!

参考:坂口翔颯(報徳学園)はドラフト期待|球速だけじゃない右腕の進化

西脇工業・東田健臣

多彩な変化球を操るサウスポーで、横に大きく変化するスライダーは一級品。

最速140キロ超のストレートも球速以上のキレでスピードを感じさせる投手のため、プロ志望届を提出すれば2020ドラフトを沸かせてくれる高校生投手の一人と言えるでしょう。

参考:東田健臣(西脇工業)はドラフト期待|球速以上のキレと変化球に凄み

東洋大姫路・柿本晟弥

細身ながら最速145キロをマークしている、強気の本格派右腕。

リリーフでも抜群のマウンド度胸で試合を支配できる投手で、1つ1つのボール以上にピッチャーとして魅力が大きな存在です。

参考:柿本晟弥(東洋大姫路)はドラフト期待|球速以上の資質も兵庫屈指

伊香・隼瀬一樹

最速140キロを超えるストレートを軸とする本格派右腕で、バランスの取れた体格から躍動感のあるフォームは見もの。

中学時代から20キロ以上も球速をアップさせていることも含め、2020ドラフト候補として全国的にも知られてほしい右腕です。

参考:隼瀬一樹(伊香)はドラフト期待|球速は中学時代から飛躍的にアップ

瀬田工業・小辻鷹仁(プロ志望届)

右スリークォーターから最速146キロのストレートを投げ込む本格派右腕。

豊富な球種に加え、高校で30キロ近く球速を上げている急成長ぶりもスカウトとしては胸が躍る逸材でしょう…!

参考:小辻鷹仁(瀬田工業)はドラフト期待|球速の伸びが異次元の将来性

光泉カトリック・森本修都(プロ志望届)

2020春に最速150キロをマークしている本格派右腕で、身長188cm・体重91kgの体格は将来性抜群。

打者でも木製バットで柵越えを連発するパワーを持ち合わせているだけに、高校最後のシーズンでのアピールに期待しています!

参考:森本修都(光泉)はドラフト期待|球速とホームランに注目のロマン枠

和歌山東・玉置隼翔

188cmの長身から140キロ台のストレートを投げる未完の大器。

2019夏から四番を打つなど馬力のある投手だけに、大化けの可能性を十分に秘めた大型右腕には大きな期待が寄せられています。

参考:玉置隼翔(和歌山東)はドラフト期待|球速と将来性に注目の大型右腕

Sponsored Link

【中国・四国地区】ドラフト候補の高校生投手

大手前高松・内田悠太

2019夏の香川大会で最速147キロをマークした本格派右腕で、細身の体格も伸びしろは十分です。

加えてスプリットをはじめ、変化球も抜群のキレを誇るだけに、2020ドラフトではぜひ注目したい投手の一人ですね!

参考:内田悠太(大手前高松)はドラフト期待|球速だけじゃない逸材に大注目

鳴門渦潮・仁木登真

最速150キロに迫るストレートを武器にする本格派で、球速150キロも十分にありえそう。

またロングティーで117メートルと打球の飛距離もずば抜けており、投手だけでなく野手での指名も十分に考えられる選手ですね!

参考:仁木登真(鳴門渦潮)はドラフト期待|球速と飛距離に注目の二刀流

高知中央・和田育也

最速142キロのストレートを軸に、カーブ・スライダーも抜群のコンビネーションを見せる右腕。

中学時代には日本代表にも名を連ねており、まだまだ伸びしろを感じるため将来性にも期待していきましょう。

創志学園・三方陽登

2019秋の時点で最速147キロをマークした速球を武器に、西純矢投手(2019ドラフト阪神1位)の後継者と呼ばれる逸材。

スライダーのキレも鋭く、甲子園で実力を発揮できれば一気に評価を上げる投手でしょうね…!

参考:三方陽登(創志学園)はドラフト期待|球速も注目の大型右腕が急成長

武田・久保田大斗(プロ志望届)

最速140キロ台中盤のストレートは角度もあり、投球フォームのバランスの良さもスカウトから高評価を受けている右腕。

身長178cmの体格もまだまだ伸びしろがあるだけに、最後の夏でアピールして2020ドラフトに食い込んでくれることに期待しています。

参考:久保田大斗(武田)はドラフト期待|球速以上の将来性に大注目

立正大淞南・三宅海夢

最速150キロも視野に入っている本格派右腕で、世代トップクラスのストレートは見もの。

高めのノビも素晴らしいものがあり、島根から2020ドラフトで注目を集めそうな右腕ですね!

参考:三宅海夢(立正大淞南)はドラフト期待|球速とノビに注目の剛腕

石見智翠館・佐藤辰憲

最速147キロのストレートを投げ込む島根屈指の右腕。

低めのノビとスライダーのキレは素晴らしいものがあり、リリーフでも力を発揮できるためスカウトも見逃せない高校生投手の一人でしょう。

参考:佐藤辰憲(石見智翠館)はドラフト期待|球速と低めのノビに大注目

早鞆・渕上竜椰

しなやかな投球フォームから140キロ台中盤をマークする大型右腕。

体格的にも将来性は抜群で、プロ志望届の提出をすでに決めているあたりもハートの強さを感じさせますね!

参考:渕上竜椰(早鞆)はドラフト注目|球速も期待の中学全国V投手

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】ドラフト候補の高校生投手

大分商業・川瀬堅斗(プロ志望届)

150キロに迫るストレートを武器に活躍する右腕で、スケールの大きさを感じさせる本格派。

2019ドラフトを沸かせた明大・森下暢仁投手の後輩としても、大いに話題になりそうですね!

参考:川瀬堅斗(大分商業)はドラフト注目|球速以上の凄みとスケール感

明豊・若杉晟汰(プロ志望届)

前チームからエースを務めていた左腕で、140キロ超のストレートだけでなく変化球の精度にも注目。

2019秋からは明豊初のエースでキャプテンとなったため、精神的にも一回り大きくなるでしょう。

参考:明豊・若杉晟汰はドラフト期待|球速以上のキレに注目のイケメン左腕

鹿児島城西・八方悠介(プロ志望届)

2019夏の時点で球速150キロを射程圏内にとらえている本格派右腕。

ストレート・変化球ともに抜群のキレを誇っており、甲子園での活躍次第では一気に全国区になるでしょう…!

参考:八方悠介(鹿児島城西)はドラフト期待|注目の球速はどこまで伸びるか

神村学園・桑原秀侍(プロ志望届)

最速150キロに迫るストレートを投げ込む本格派右腕で、2020夏には参考記録ながらノーヒットノーランも達成。

加えてホームランを連発する打力も秘めており、九州屈指の二刀流として2020ドラフトで話題になりそうな高校生投手です。

参考:桑原秀侍(神村学園)はドラフト注目|球速も期待の中学日本代表

福岡大大濠・山下舜平大(プロ志望届)

身長186cm・体重80kgの恵まれた体格から、140キロ台中盤の真っ直ぐを投げ込む大型右腕です。

粗削りではあるもののポテンシャルが高く評価されており、将来性には期待したいところ。

参考:福岡大大濠・山下舜平大は大型右腕として監督の愛で大化けしてほしい

都城東・有馬太玖登(プロ志望届)

右スリークォーターから2019春に最速146キロをマークしている注目右腕。

抜群のキレを誇るスライダーで三振を量産できる投手で、ドラフトでも楽しみな存在になってくるでしょう。

参考:有馬太玖登(都城東)はドラフト期待|球速とスライダーのキレが凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック