2020注目の投手

向坂優太郎(仙台育英)は球種で翻弄|球速だけじゃない左腕の意地

宮城の強豪・仙台育英で2年の2019秋に背番号1を奪取した向坂優太郎(むかいざか ゆうたろう)投手。

最速140キロを超えるストレートと多彩な変化球を武器に、相手打者を翻弄する実力派のサウスポーです。

2019秋の大会でも仙台育英の東北大会優勝に大きく貢献しましたが、逸材揃いの仙台育英でエースナンバーを勝ち取ったのは見事ですね…!

2020ドラフト候補としても注目されつつある、向坂優太郎投手について特集していきましょう。

仙台育英・向坂優太郎は豊富な球種で翻弄

仙台育英・向坂優太郎投手の大きな武器の1つが、左腕から操る豊富な球種です。

主な球種はスライダー・カーブ・チェンジアップ・スプリットの四種類ですが、特にスライダーのキレは抜群。

2019秋の東北大会準決勝・盛岡大付戦ではそのスライダーが冴え渡り、8回3安打13奪三振の好投を見せました。

8回で13の三振を奪った奪三振率の高さも見逃せませんね…!

変化球のコントロールは抜群で、向坂優太郎投手本人も「変化球をストライクゾーンで投げ分けることには自信がある」とも語っています。

多彩な変化球がコーナーに決まると打ち崩すのは至難の業ですし、須江航監督が「実質はエースと思っている」とのコメントを残しているあたりからも信頼度の高さを感じます。

Sponsored Link

仙台育英・向坂優太郎は140キロ超の球速にも注目

向坂優太郎投手は豊富な球種だけでなく、ストレートの球速も素晴らしいものがあります。

身長181cmから投げ下ろすストレートは常時130キロ後半をマークし、2019秋の時点で最速141キロを記録。

球速140キロ超のストレートを投げる左腕としても相手チームの脅威になっていますね!

また2019秋の神宮大会前には、試合終盤になるとストレートがシュート回転すると感じていたとのこと。

練習で遠投を多く取り入れてボールの回転やフォームをチェックするなど、入念な調整をする姿勢も見られました。

1学年下の147キロ左腕・笹倉世凪投手と同様に球速で押せる強さを持っていながら、力任せにしないあたりも向坂優太郎投手が頭角を現した要因の1つと言えるでしょう…!

身長181cm・体重78kgとバランスのとれた体格でもありますし、総合力の高いサウスポーとして注目していきたいですね!

参考:笹倉世凪(仙台育英)はドラフト期待|球速だけじゃない怪物の進化

Sponsored Link

向坂優太郎は仙台育英の躍進を支えるキーマン

中学時代は無名だった

2年の2019秋から主戦投手としてエース級の活躍をみせている向坂優太郎投手ですが、中学時代から輝かしい実績があったわけではありません。

向坂優太郎投手は宮城県柴田郡村田町の出身で、小学3年生のときに野球を始めました。

村田町立村田第二中学への進学後には、宮城臨空シニアに所属。

当時は目立った実績はなく強豪校からのスカウトはなかったものの、2015夏の甲子園で準優勝した仙台育英のプレーに感動して進学を決めたそうです。

このエピソードからも甲子園に懸ける気持ちの強さが伝わってきますよね!

これからの伸びしろも十分ですし、同世代で中学日本代表を経験している宮本拓実選手とはまた違った魅力を感じさせます。

参考:宮本拓実(仙台育英)は中学日本代表|抜群の身体能力でドラフトか

Sponsored Link

2019秋には背番号1を奪取

2019秋の東北大会までは背番号8で投手兼外野手として登録されていた向坂優太郎投手ですが、その東北大会ではチームで唯一の全4試合に登板しました。

東北大会準決勝・盛岡大付戦での好投などが評価されて、神宮大会では背番号1を託されています。

仙台育英には2019夏の甲子園メンバーでもある前述の笹倉世那投手に加え、144キロ右腕・伊藤樹投手もいますし、その中でエースナンバーを勝ち取ったことには大きな意味がありますよね!

投手層が厚い仙台育英においてもキーマンになり得る存在だと思いますし、最上級生としてチームを引っ張る姿にも大いに期待したいところです。

ドラフト候補として全国区の投手になる可能性も十分ですから、これからの成長を追い掛けていきましょう!

参考:伊藤樹(仙台育英)は球速だけじゃない|ドラフト候補は楽天ジュニア出身

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック