2021ドラフト候補

2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

2019春に高校へ入学した選手たちは2021年に最上級生になりますが、早くもドラフト候補として注目を浴びている選手も多くいます。

甲子園出場も含め、これからどのようなプレーを見せてくれるかが非常に楽しみですね!

この記事では2021ドラフト候補の高校生野手を特集していきたいと思います。

全国的に注目を集めるであろう選手たちを随時更新していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

参考:2022ドラフト候補の高校生野手【最新】1年から注目すべき逸材は?
参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

目次

【北海道地区】2021ドラフト候補の高校生野手

北海:宮下朝陽(遊撃手)

名門の北海で1年春から四番に座る右の強打者。

小学でファイターズジュニアを経験したほか、中学でも主力として北海道を制覇しているだけに、高校での伸びしろにも大いに期待したい選手です。

参考:宮下朝陽(北海)は余市シニアでも四番|抜群の打撃センスはどこまで伸びるか

【東北地区】2021ドラフト候補の高校生野手

盛岡大付・松本龍哉(一塁手)

入学早々にベンチ入りを果たした左打者で、豪快なバッティングが魅力。

上級生顔負けのバッティングはすでにチームの中軸を担っていますし、東北を代表する強打者として全国区になる日もそう遠くないでしょうね!

参考:松本龍哉(盛岡大付)は日本代表で打率5割|小学70発と驚異の長打力も

盛岡大付・渡邊翔真(外野手)

2020夏の岩手大会でもホームランを放つなど、勝負強いバッティングに期待のセンス抜群打者。

投手でもポテンシャルの高さを発揮しており「なんでも出来る選手」と監督からも絶賛されいている注目野手です。

参考:渡邊翔真(盛岡大付)はドラフト期待|ホームランにも注目の二刀流

秋田中央・野呂田漸(捕手)

2019夏の甲子園では、1年生キャッチャーとして攻守に活躍を見せて高校野球ファンを沸かせましたね。

リードをはじめ守備力に定評のある捕手だけに、打撃面でも成長を見せてくれることに期待しましょう。

参考:野呂田漸(秋田中央)はドラフト期待|中学時代に培った捕手の資質

仙台育英・秋山俊(遊撃手)

走攻守にハイレベルなプレーを見せてくれる選手で、随所にセンスが光ります。

小中学時代にも全国の舞台を経験しており、東北地区から名前が知れ渡るのも時間の問題かと…!

参考:秋山俊(仙台育英)は中学で東日本MVP|北海道出身の逸材に大注目

日大山形・浅利瑠良(外野手)

身長184cmの長身から鋭いスイングが魅力の右打者で、勝負強さにも期待。

中学時代には全国ベスト4も経験している外野手ですから、2021夏には全国の高校野球ファンに実力を見せつけてほしいものです!

参考:浅利瑠良(日大山形)はドラフト期待|ホームランも期待の中学東北選抜

聖光学院・坂本寅泰(外野手)

聖光学院で史上最強の打者になると言われているのも納得の右スラッガー。

身長183cmの体格からスイングスピードの速さは素晴らしいものがあり、2年から名門の三番を任されているのも納得です。

参考:坂本寅泰(聖光学院)はドラフト注目|ホームランに期待のスラッガー

Sponsored Link

【関東地区】2021ドラフト候補の高校生野手

健大高崎・小澤周平(二塁手)

主軸として健大高崎を2019秋の関東大会優勝に導いた左打者。

大柄ではないものの芯で捕らえる技術・スイングスピードは並外れたものを持っているだけに今後の成長が楽しみです。

参考:小澤周平(健大高崎)はベイジュニア出身|ドラフト期待の打撃センス

健大高崎・森川倫太郎(一塁手)

京都東山ボーイズに所属していた中学時代には、関西ナンバーワンとも称された左のスラッガー。

身長185cm・体重86cmとすでにプロ野球選手並みの身体つきですし、今後の成長には大いに期待したい逸材です。

参考:森川倫太郎(健大高崎)はドラフト期待|中学で関西随一のスラッガー

健大高崎・野中駿哉(外野手)

抜群の長打力と天性の打撃技術を誇る、ホームランに期待の右スラッガー。

小学時代にソフトボールで遠投90メートル超の強肩も兼ね備えており、身体能力の面でもドラフト候補として話題になる野手の一人でしょう。

参考:野中駿哉(健大高崎)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

前橋育英・皆川岳飛(外野手)

抜群の打撃センスを誇る左打者で、ミート力に加えてホームランが打てるあたり県内ナンバーワンと呼ばれるのも納得。

身体能力が高く外野手での守備力も見込めるだけに、2021ドラフトでは話題になってくる選手の一人でしょう。

参考:皆川岳飛(前橋育英)はドラフト注目|ホームランも期待の俊足強打

常総学院・三輪拓未(遊撃手)

ショートのポジションで抜群の野球センスを発揮している内野手で、守備力の高さは世代トップクラス。

打っても強打の常総学院で上位打線に座るだけに、ドラフト候補として攻守で高校野球ファンを魅了してほしい選手です!

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備は世代トップレベル

霞ヶ浦・飯塚恒介(外野手)

2019夏にも1年生ながらチームの主力として活躍した左打者。

抜群の対応力を誇るバッターだけに、これから力強さが増してくるとさらに目が離せなくなりそうです…!

参考:飯塚恒介(霞ヶ浦)は中学で東日本選抜|抜群の打撃センスは既に全国区

土浦日大・菅野樹紀(捕手)

2年から四番を務めている右の強打者で、身長180cm・体重84kgの体格を活かした鋭いスイングは見ものです。

小中学時代にも世代トップクラスの大舞台で主将を務めるなど、抜群の身体能力にくわえて豊富な経験にも注目していきましょう。

参考:菅野樹紀(土浦日大)は強打に注目|ドラフト期待の身体能力も必見

Sponsored Link

昌平・吉野創士(外野手)

2019秋の時点で高校通算21本のホームランを放っている右の強打者で、これから間違いなく全国区になるでしょう。

鋭いスイングは上級生と交じっても突出しているほか、外野の守備で見せる強肩でも球場を沸かせられる逸材です。

参考:吉野創士(昌平)はドラフト期待|ロッテジュニア出身の強肩強打に注目

花咲徳栄・浜岡陸(三塁手)

ミートセンスに長けた左打者で、バットコントロールの巧さは花咲徳栄で1年秋からレギュラーを勝ち取ったのも納得の逸材です。

俊足も兼ね備えている上に、中学時代に投手として最速134キロをマークした強肩にも注目!

参考:浜岡陸(花咲徳栄)は小学で日本代表|俊足好打のイケメン野手に注目

浦和学院・吉田匠吾(二塁手)

抜群のミート力を誇る左打者で、1年の2019秋から浦和学院でリードオフマンを任されています。

ホームランを叩き込むパンチ力も秘めており、全国区の選手としてドラフトに名前が挙がるだけのポテンシャルは十分に秘めているでしょう。

参考:吉田匠吾(浦和学院)は中学日本代表|いわき出身のずば抜けた打撃センス

専大松戸・吉岡道泰(外野手)

2019春から試合に出場していた吉岡道泰選手は随所にスケールの大きさを感じさせる外野手で、すでに大物の雰囲気を纏っています。

俊足のスピード感はもとより、広角に長打が飛び出す打撃センスは見もの。

参考:吉岡道泰(専大松戸)は打撃センスが凄い|ドラフト期待の俊足強打

千葉学芸・有薗直輝(三塁手)

広角に長打が打てる右スラッガーで、身長183cm・体重89kgの恵まれた体格からの猛打に注目。

ずば抜けた強肩も兼ね備えており、2021ドラフトでは上位もありえるのではと見られている高校生野手です。

参考:有薗直輝(千葉学芸)はドラフト注目|ホームランに期待の長距離砲

Sponsored Link

早稲田実業・清宮福太郎(一塁手)

豪快なバッティングで中学時代にもホームランを量産した右のスラッガー。

スケールの大きさは同世代のなかでも突出したものがあり、これから話題になる選手であることは間違いありません。

参考:清宮福太郎(早実)の実力はドラフト確定|イケメン強打者の大暴れに期待

日大三・星憂芽(外野手)

50メートル5秒6の俊足をはじめ、ずば抜けた身体能力を誇る外野手。

走攻守すべてにハイレベルで期待感が強く、グラウンドでのプレーを観ているのが楽しみな逸材です。

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

日大三・齋藤広空(内野手)

各世代で日本代表を経験しており、抜群に上手い守備は間違いなく世代トップクラスの内野手です。

攻守におけるリーダーシップにも期待で、ミート力に長けたバッティングもパワーがついてくると更に楽しみな選手になるでしょう。

参考:齋藤広空(日大三)は攻守に注目|中学日本代表の逸材はドラフト期待

帝京・武藤闘夢(遊撃手)

1年の2019夏にもスタメンで出場した内野手で、ショートで魅せる守備センスには注目。

加えて上位打線を打てるバッティングはこれから更にパワーが付くでしょうから、攻守において目が離せない選手です。

参考:帝京・武藤闘夢に感じる大物の予感|中学では全国の舞台でホームランも

帝京・杉本直将毅(外野手)

全国トップクラスのスピードを誇る左打者で、セカンドゴロも内野安打にしてしまうスピードはド級。

ミート力も磨かれているため、俊足巧打の外野手として話題になってほしい選手の一人です。

参考:杉本直将毅(帝京)の俊足はドラフト級|中学は東練馬シニアで全国準V

国士舘・清水武蔵(外野手)

国士舘で2019秋から三番を任されている右の好打者で、コンタクトスキルの高さは見もの。

思い切りの良いバッティングと気迫溢れるプレーは、チームの起爆剤としての活躍にも期待です!

参考:清水武蔵(国士舘)は打撃センスに注目|桜島ボーイズ出身の注目株

Sponsored Link

東海大相模・大塚瑠晏(遊撃手)

東海大相模で1年夏からベンチ入りを果たした守備力の高さはずば抜けており、高校ナンバーワンショートと呼ばれるのも時間の問題でしょう。

巧打の左打者としても能力を発揮していますし、世代を代表するドラフト候補になる可能性は十分です!

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|ドラフト期待の野球センスは必見

桐蔭学園・木本圭一(二塁手)

攻守にセンスが光る内野手で、中学時代には全国の舞台でMVPにも輝いた逸材。

将来性が高く見込まれているだけに、これからの成長はスカウトとしても非常に楽しみでしょうね…!

参考:木本圭一(桐蔭学園)は中学で全国MVP|ドラフト期待の打撃センス

横浜・安達大和(外野手)

入学早々の2019春からスタメンに名を連ねていた、打撃センス抜群の左打者。

俊足強肩と身体能力も申し分なく、世代トップクラスの外野手として今後も注目を集めるでしょう。

参考:安達大和(横浜)はドラフト注目|江戸川中央シニア出身の強打者は必見

横浜・立花祥希(捕手)

小中学時代から世代トップクラスの捕手で、堂々としたプレーぶりは上級生と交じっても引けを取りません。

強肩強打が魅力の右打者ですから、全国的にも注目度がアップしてほしい逸材です。

参考:立花祥希(横浜)は中学日本代表|ドラフト期待のキャッチャーに注目

Sponsored Link

【東海地区】2021ドラフト候補の高校生野手

中京学院大中京・小田康一郎(三塁手)

この世代において2019夏の甲子園で最もブレイクしたといっても過言ではない、強打の左打者。

レフト方向にも大飛球が打てるパンチ力と、変化球も苦にしない抜群の対応力は突出したものがあります。

参考:小田康一郎(中京院中京)は中学でも猛打|かわいいと話題のおかわり二世

県岐阜商・高木翔斗(捕手)

身長186cn・体重85kgと恵まれた体格で、バッティングの良さが光る大型捕手。

広角に鋭い打球が打てる右の強打者だけに、これから確実性が付いてくるとさらに注目度は高まるでしょう。

参考:高木翔斗(県岐阜商)は強打に注目|中日ジュニア出身の大型捕手

加藤学園・佐野陸斗(外野手)

中学時代に通算40本以上のホームランを放った左のスラッガー。

くわえて50メートル6秒2の俊足も兼ね備えており、攻守にポテンシャルの高さが光るだけに、全国区の選手になるのも時間の問題かと思います…!

参考:佐野陸斗(加藤学園)は中学40発超|俊足強打の注目株はドラフトなるか

中京大中京・桑垣秀野(外野手)

2019秋の神宮大会を制して黄金世代とも呼ばれる中京大中京で、下級生から唯一レギュラーを勝ち取った左の強打者。

打席での威圧感に50メートル6秒2の俊足と、これから全国区に鳴るであろう逸材です…!

参考:桑垣秀野(中京大中京)は俊足強打|中学は豊田シニアで全国上位の逸材

中京大中京・加藤優翔(捕手)

ホームランに期待の右スラッガーで、中京大中京の1年生大会でも主軸を務めた強打者。

遠投100メートル超の強肩は二塁送球でも光っており、将来が楽しみな高校生キャチャーです。

参考:加藤優翔(中京大中京)はホームランに注目|ドラフト期待の強肩強打

東邦・鈴木唯斗(外野手)

小学時代にはドッジボールで全国MVPという異色の経歴の持ち主で、中学では野球を始めて2年ほどでU15日本代表に選出。

高校通算ホームランも2年の時点で30本に迫る打力を誇るだけに、2021ドラフトにも大いに期待がかかる外野手です。

参考:鈴木唯斗(東邦)はドラフト期待|ホームランも注目の中学日本代表

Sponsored Link

【北信越地区】2021ドラフト候補の高校生野手

敦賀気比・大島正樹(外野手)

2019春からリードオフマンとして活躍していた左打者で、夏の甲子園も経験しました。

大柄ではないものの思い切りの良いバッティングは力強さがあり、長打も期待できるだけに今後も主力として注目を浴びるバッターです。

参考:大島正樹(敦賀気比)は京都嵐山出身|俊足強打で吉田正尚二世なるか

星稜・中田達也(外野手)

広角に鋭い打球を飛ばせる左打者で、スイングスピードの速さは星稜でもトップクラス。

元々は天才ゴルファーだった異色の経歴も話題になりそうです…!

参考:中田達也(星稜)は打撃センスに注目|長打に期待の注目株は元ゴルファー

星稜・出村夢太(遊撃手)

攻守に抜群のセンスを誇る内野手で、1年から星稜のショートストップを任されているのも納得。

ホームランを打てるパンチ力も秘めており、三拍子揃った高校生野手として2021ドラフトでも話題になるでしょう。

参考:出村夢太(星稜)はドラフト期待|中学からセンス抜群で攻守に注目

日本航空石川・石井幸希(外野手)

攻守にポテンシャルの高さが光る右の強打者で、ホームランに期待できる長打力には注目。

さらに50メートル6秒前半の俊足に遠投100メートル超と身体能力も高いため、高校生野手として2021ドラフトを沸かせてくれる予感がします。

参考:石井幸希(日本航空石川)はドラフト期待|ホームランも注目の身体能力

Sponsored Link

【近畿地区】2021ドラフト候補の高校生野手

智弁学園・前川右京(外野手)

入学早々に智弁学園の四番を任された左のスラッガーで、1年秋の時点で高校通算ホームランは20本を超えています。

2019夏の甲子園でも活躍した選手だけに、全国の高校野球ファンとしてもドラフトには期待ですね…!

参考:前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

智弁学園・山下陽輔(三塁手)

身長175cm・体重85kgのどっしりとした体格で、豪快なバッティングに期待がかかる右のスラッガー。

強打の智弁学園で主軸を張れる実力の持ち主だけに、どこまで正確性を伸ばせるかにも注目です!

参考:山下陽輔(智弁学園)はホームランに期待|中学日本代表のスラッガー

天理・杉下海生(遊撃手)

50メートル6秒2の俊足を武器とする俊足好打の左打者。

安定感のある守備でも内野陣の要としてポテンシャルを見せていますし、攻守にスピード溢れるプレーが出来るショートストップです。

参考:杉下海生(天理)は俊足巧打に注目|中学日本代表は兄弟も凄い野球一家

天理・瀬千皓(外野手)

2019秋には近畿大会決勝から神宮大会の準決勝まで、3試合連続でホームランを放った右の強打者。

右方向にも飛距離が出せる打力の持ち主で、この先も奈良の高校野球を沸かせてくれる選手の一人でしょう。

参考:瀬千皓(天理)はホームランも期待|生駒ボーイズ出身の右打者に注目

大阪桐蔭・池田陵真(外野手)

2019秋から先頭打者に定着した右の強打者で、優れた打撃センスは世代トップクラスといって間違いありません。

中学の日本代表でも四番を打った逸材だけに、これから全国区の選手として話題になるでしょう。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

大阪桐蔭・前田健伸(一塁手)

2019秋の近畿大会でもホームランを放った左の強打者で、中学時代には二刀流で活躍していました。

柔らかいスイングで場外に運ぶバッティングは目を見張るものがあり、これからドラフト候補として騒がれてもまったく不思議ではありません。

参考:前田健伸(大阪桐蔭)は中学通算30発|スポーツ大将も出演の大砲に注目

履正社・松林克真(三塁手)

身長185cm・体重92kgと恵まれた体格を誇る右のスラッガー。

中学通算30本のホームランを放つなど、世代屈指の長打力の持ち主だけに高校での覚醒にも大いに注目したい選手です。

参考:松林克真(履正社)は中学日本代表|ホームランに注目のドラフト候補

Sponsored Link

智弁和歌山・徳丸天晴(外野手)

強打の智弁和歌山で1年春から四番を務める右のスラッガー。

パンチ力に加えてミートの上手さも兼ね備えており、世代トップクラスの強打者として今後も注目度は高まっていくでしょう。

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

市和歌山・松川虎生(捕手)

2020夏の時点で高校通算20本超のホームランを放っている右の強打者で、捕手としての強肩も魅力。

中学時代には全国制覇も経験するなど経験も豊富だけに、プロのスカウトからも注目を集める高校生捕手の一人でしょう。

参考:松川虎生(市和歌山)はドラフト期待|ホームランに注目の長距離砲

明石商業・福本綺羅(外野手)

一塁到達タイムが4秒13の俊足を持つ一方で、思い切りの良いバッティングでも注目の左打者。

力強さだけでなく巧さも兼ね備えていますから、甲子園での活躍次第では一気に全国的な選手に駆け上がっていきそうです…!

参考:福本綺羅(明石商業)はブレイクに期待|打撃センス抜群の注目株

報徳学園・南條碧斗(捕手)

1年から四番を任されている右の強打者で、中学時代には世界大会も経験しています。

名門で攻守の要としてプレーしている精神的な強さも光ますし、右方向にも強い打球が打てる打撃技術にも注目の選手ですね!

参考:南條碧斗(報徳学園)は中学日本代表|京都出身の強打者は1年で四番

Sponsored Link

【中国・四国地区】2021ドラフト候補の高校生野手

広島新庄・瀬尾秀太(遊撃手)

守備範囲の広さをはじめ、華麗なフィールディングで魅せる内野手。

中学時代にも全国準優勝を経験しており、攻守に溢れる天才的な野球センスは必見と言える逸材でしょう。

参考:瀬尾秀太(広島新庄)はドラフト期待|抜群の身体能力は攻守に光る

広陵・三木太陽(内野手)

1年の2019夏からベンチ入りし、代打でホームランを放ったこともある左の強打者。

柔軟性にパンチ力を兼ね備えたバッティングは素晴らしいものがあり、全国区のバッターとして名前が知れ渡るのも時間の問題でしょう。

参考:三木太陽(広陵)はドラフト期待|ホームランも注目の打撃センス

明徳義塾・米崎薫暉(遊撃手)

2019夏の甲子園でもスタメンで活躍した、攻守にセンス抜群のショート。

軽快なフットワークに加え、遠投115メートルの強肩が光る守備は目が離せません。

参考:米崎薫暉(明徳義塾)はセンス抜群|中学ではショートで四番の逸材

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】2021ドラフト候補の高校生野手

創成館・松永知大(外野手)

2019夏からレギュラーとして出場していた逸材で、思い切りの良いバッティングで秋からは四番に座っています。

二刀流を期待されるなど投手としても勢いのあるボールを投げ込んでおり、甲子園でブレイクする可能性は十分に秘めている選手といえるでしょう。

参考:松永知大(創成館)は豪快な打撃に注目|熊本出身の逸材は大物の予感

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック