2021ドラフト野手

高木翔斗(県岐阜商)はドラフト期待|中日ジュニア出身の大型捕手

岐阜の強豪・県岐阜商で1年の2019春からベンチ入りを果たし、その夏にもスタメンで出場した高木翔斗(たかぎ しょうと)選手。

身長186cm・体重85kgの恵まれた体格を活かしたバッティングが魅力で、中学時代から進路が注目されていた大型捕手です。

これから打線の中心として全国的にも注目される選手になっていくでしょうね…!

県岐阜商で存在感を放つ右の強打者・高木翔斗選手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生野手【最新】全国の逸材をピックアップ

高木翔斗は小中学時代から注目の強打者

小学時代には中日ドラゴンズジュニア

右投げ右打ちの高木翔斗選手は、小学生のときに地元の軟式少年野球チーム・伊吹クラブで野球を始めました。

その小学時代から抜群の野球センスを発揮して、チームの中心選手として活躍。

小学6年時には見事にセレクションを通過し、中日ドラゴンズジュニアに選出されましたね!


小学生のときには主に投手と内野手のポジションを守っていた高木翔斗選手ですが、本戦では中日ドラゴンズジュニアの7年ぶり2度目の優勝に貢献しました。

キャッチャーとしての強肩やフットワークの良さも、小学生時代の経験が活きていますね…!

世代トップクラスの捕手で注目を集めている横浜・立花祥希選手とは中日ドラゴンズジュニアでチームメイトでしたし、この先も切磋琢磨して進化を遂げてほしいものです。

参考:立花祥希(横浜)は中学日本代表|ドラフト期待のキャッチャーに注目

Sponsored Link

高木翔斗は中学でも出身チームで話題に

高木翔斗選手は中学への進学後、軟式の岐阜フェニックスベースボールクラブに入団しました。

中学3年時には岐阜県代表として「全国中学生都道府県対抗野球大会 in 伊豆」に出場しましており、試合ではホームランを放つなど、持ち前のバッティングで注目を集めましたね!

当時から身体が大きかったこともあり、多くの甲子園常連校から誘いがあっという高木翔斗選手ですが、鍛治舎巧監督が県岐阜商の監督になると聞いて進路を決めたんだとか。

中学でもスケールの大きさが際立っていた逸材ですが、鍛治舎巧監督のもとで更なる成長を遂げるでしょうから、今後の活躍は目が離せません。

Sponsored Link

ドラフト期待の県岐阜商・高木翔斗は打撃に期待

高木翔斗選手の強みとして注目なのが、勝負強さが光るバッティングです。

大きな構えで打席での存在感は抜群で、そこから広角に鋭い打球を連発するバッティングはすでに県岐阜商の大きな戦力となっています。

2019秋の東海大会準決勝・加藤学園戦では、六回裏に反撃の狼煙となるタイムリーヒットを放ち、チームのサヨナラ勝ちに貢献。

公式戦のみで16打点を叩き出し、県岐阜商の2020センバツ甲子園出場を確実なものとしましたね!


試合には敗れてしまったものの決勝の中京大中京戦でも、ドラフト注目の147キロ左腕・松島元希投手からヒットを放つなど、好投手を相手にポテンシャルの高さを見せています。

同世代の宇佐美佑典選手らも注目を集める一方で、県岐阜商の中軸で活躍する高木翔斗選手は甲子園でも話題になるでしょうから、一気に全国区のバッターになる可能性も十分ですね…!

参考:宇佐美佑典(県岐阜商)は打撃センスに注目|身体能力も光る右の巧打者

Sponsored Link

高木翔斗は県岐阜商を引っ張る存在になる

1年の2019秋から正捕手の座を掴み、打順もクリーンナップを任されている高木翔斗選手。

1年生ながら身長186cm、体重85kgの体格で高い将来性も感じさせますし、県岐阜商の顔になる選手であることは間違いないでしょう。

鍛治舎巧監督からは「打撃はいいが守備に課題がある」と言われていますが、守備の要となるポジションだけに今後の伸びしろにも期待したいところです。

遠投100メートルの強肩も兼ね備えていますし、攻守に順調な成長を遂げれば2021ドラフト候補としても名前が上がってくる可能性も十分。

同じくドラフト期待の左腕・野崎慎裕投手らと共に、大いに高校野球ファンを沸かせてほしいものです。

大型捕手として注目を集める高木翔斗選手の成長と県岐阜商の躍進に期待しつつ、これからも応援していきたいと思います!

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック