2020ドラフト投手

松島元希(中京大中京)はドラフト期待|球速だけじゃない左腕の将来性

中京大中京で1年秋からベンチ入りを果たし、投手陣の一角を担っている松島元希(まつしま げんき)投手。

身長164cm・体重70kgと上背はないものの、左腕から球速150キロに迫るストレートを投げる本格派です。

サウスポーとしてポテンシャルの高さを見せており、ドラフトにも期待してしまう素晴らしい投手ですね!

中京大中京の左のエースとして話題になっている、松島元希投手を特集していきましょう。

松島元希の中学時代は東山クラブ出身

松島元希投手は愛知県名古屋市の出身で、中学時代は軟式野球チームの東山クラブに所属していました。

出身の東山クラブは全国大会にも何度も出場している強豪チーム。

松島元希投手の中学時代は目立った実績こそないものの、当時から高いレベルでプレーしていたことが見てとれます。


元々は外野手をしていた松島元希投手は肩の強さを買われて投手に転向したとのことで、この選択は大成功でしたね…!

東山クラブ出身のサウスポーとして、今後さらに飛躍を遂げてほしいものです。

Sponsored Link

中京大中京・松島元希はドラフトにも期待

球速150キロに迫る真っ直ぐ

松島元希投手が中京大中京で左のエースとして話題になっている要因として、まず大きな武器であるストレートは欠かせないでしょう。

身長164cm・体重70kgとやや小柄ながら、身体を大きく使ったダイナミックなフォームから繰り出すストレートは抜群の球威があります。

2019夏の時点で最速147キロをマークしていますし、全国的に騒がれる投手になるのも時間の問題ではないかと感じています…!

2019秋の愛知大会準々決勝・岡崎学園戦でも6回を投げ1失点、8奪三振の好投。

18のアウトのうち、約半数となる8個のアウトを三振で取っていますから、奪三振率の高さも見逃せません。

中京大中京には147キロの球速を誇るエース右腕の高橋宏斗投手、1年生で最速144キロをマークしている畔柳享丞投手もいますし、投手陣の層は全国トップクラスと言えるでしょうね!

球速150キロ目前の松島元希投手には、ぜひ大台を突破してもらいたいものです。

参考:畔柳亨丞(中京大中京)の中学時代の球速は?日本代表は奪三振も凄い

負けん気の強さ

最速147キロのストレートを投げる松島元希投手は、マウンド上での負けん気の強さも見ものです。

ピンチの場面でも強気の投球を貫く姿勢は素晴らしいものがありますし、真っ向勝負が似合うサウスポーなんですよね!

ドラフト注目の高橋宏斗投手は優れた投手であることは間違いありませんが、一人の投手だけでは勝ち上がれないのも高校野球の面白さです。

サウスポーの松島元希投手がキーマンになる場面は必ず訪れますから、中京大中京の躍進を支える存在としても注目していきましょう。

参考:高橋宏斗(中京大中京)はドラフト注目|球速だけでない豪腕の大物感

Sponsored Link

中京大中京・松島元希は球速だけじゃない

松島元希投手は球速に注目が集まる一方で、鋭い変化球を持っていることも大きな魅力です。

球種は主にカーブ・チェンジアップの2種類で、特にカーブは曲がりが大きく打者のタイミングを外すことにおいても抜群の効果を発揮しています。


直球と変化球のコンビネーションで緩急も使えるあたり、将来が本当に楽しみですね!

2019秋の愛知大会・岡崎学園戦でも序盤は変化球中心でリズムを掴んでいきましたし、変化球でカウントを整えられるコントロールにも定評があります。

ドラフト注目の中山礼都選手をはじめ野手陣もタレント揃いですから、松島元希投手の成長は中京大中京の躍進に大きな意味をもたらすでしょうね。

甲子園のマウンドで全国の高校野球ファンを前に、最高の投球を披露してくれる日を楽しみにしています!

参考:中山礼都(中京大中京)はドラフト期待|攻守のポテンシャルは堂林超え

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック