2020ドラフト野手

中山礼都(中京大中京)はドラフト期待|攻守のポテンシャルは堂林超え

愛知の名門・中京大中京で1年夏からベンチ入りしている中山礼都(読み方は「なかやま らいと」)選手。

ホームランも打てるパンチ力と打撃センスを武器に、中京大中京でも1年の2018秋からは中軸を任されるなど、主力として活躍しています。

中京大中京は2020年の甲子園でも優勝候補に挙がるほどのチームですし、ドラフト期待の内野手だけに今後の活躍が楽しみですね!

走攻守揃った大型ショートとして、これからへの期待が高まる中山礼都選手を特集していきましょう。

中山礼都の中学時代は東海ボーイズ出身

中山礼都選手は愛知県名古屋市の出身で、小学2年から地元の軟式少年野球チームで野球を始めました。

名古屋市立沢上中学に進学後は、硬式野球チームの東海ボーイズに所属。

その中学時代にも読売杯中日本大会などで優勝を果たすなど、チームの主力として活躍しています。


中京大中京で1年夏からベンチ入りを果たしたことでもわかる通り、中学時代から注目度の高い選手であったことは間違いありません。

Sponsored Link

中京大中京・中山礼都はドラフト注目の打撃センス

ずば抜けたミート力

中山礼都選手の武器としてまず注目したいのが非凡な打撃センスですが、ミート力の高さは群を抜いています。

2019夏の愛知県予選では15打数10安打をマーク。6割6分7厘の高打率を残した上に、ホームラン2本・9打点の素晴らしい活躍を見せました。


2019秋の時点で高校通算15本のホームランを放っているパンチ力も見逃せないですし、打率だけでなく長打力の面でも相手チームの脅威となっています。

印出太一主将らと共に中京大中京の主軸として活躍するのは間違いないですから、全国にその名を轟かせてほしいものです!

参考:印出太一(中京大中京)はドラフトなるか|中学日本代表のスイングに注目

Sponsored Link

優れた対応力

ミート力の高さはもとより、投手のタイプや変化球も苦にしない対応力を兼ね備えていることも中山礼都選手の強みです。

多少タイミングを崩されても、問題なくヒットゾーンに運べる柔軟性は目を見張るものがあります。

2019夏の愛知大会準決勝でも、あと一歩でサイクルヒットとなる猛打賞の活躍をみせましたね!


リードオフマンを務める西村友哉選手も然り、手強い打者が並ぶ中京大中京の打線は見ていて面白いですね…!

追い込まれてからもまったく動じない打席での振る舞いなど、中山礼都選手は今後も試合のキーマンとして両チームから名前が挙がる存在になりそうです。

参考:西村友哉(中京大中京)は野茂ジャパン出身|東海随一の先頭打者に注目

Sponsored Link

中山礼都は守備でも中京大中京の要

持ち前の打撃センスで結果を残している中山礼都選手は、ショートの守備も見逃せません。

50メートル6秒1の俊足を活かした守備範囲の広さに加え、三遊間の深い位置からも低い弾道のボールを送る強肩も兼ね備えているんですよね!

随所で身体能力の高さを見せつけてくれますし、ドラフト注目のエース・高橋宏斗投手ら強力な中京大中京の投手陣も、中山礼都選手がショートを守る安心感は大いに感じていることでしょう。

軽快な守備でも魅せる選手だけに、ドラフト候補として注目を浴びているのも何ら不思議ではありません。

参考:高橋宏斗(中京大中京)はドラフト注目|球速だけでない豪腕の大物感

Sponsored Link

中京大中京・中山礼都は2020ドラフトにも期待

2020ドラフト候補として既に注目を集めている中山礼都選手ですが、やはり高橋源一郎監督からも厚い信頼を受けています。

対応力や身体能力では2009ドラフト2位の堂林翔太選手(現広島)より上とも話していますし、ポテンシャルの高さはピカイチと言えるでしょう。


2019秋の神宮大会でも優勝を掴み、甲子園でのプレーで高校野球ファンを虜にする日が待ち遠しいですね…!

ともに二遊間を組む中嶌優選手とのコンビは攻守に注目だけに、中京大中京は大いに話題になるでしょう。

ドラフトが楽しみな逸材ですし、さらなる飛躍にも期待して中山礼都選手を追い掛けていきましょう。

参考:中嶌優(中京大中京)の打撃センスに注目|桑員ボーイズ出身の巧打者

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック