2020ドラフト野手

印出太一(中京大中京)はドラフト期待|中学日本代表の強肩強打に注目

愛知の名門・中京大中京で1年からベンチ入りを果たすなど、入学早々からポテンシャルの高さを見せていた印出太一(読み方は「いんで たいち」)選手。

中学時代にはU15ボーイズ日本代表に選出された経験もある好打者で、当時からスイングスピードには目を見張るものがありました。

長打が打てる右打者ということで、甲子園優勝メンバーの堂林翔太(広島)を想起させるなどバッティングに期待がかかりますね。

この記事では、チームの主軸として活躍するドラフト候補・中京大中京の印出太一選手を特集していきたいと思います!

印出太一は東海中央ボーイズ出身で中学日本代表

小学時代はドラゴンズジュニアにも選出

中京大中京のクリーンナップを務める印出太一選手ですが、小学時代には名古屋市立原小学校に在籍していました。

ファイヤーボーイズでプレーした小学時代には中日ドラゴンズジュニアにも選出されており、幼少期から優れた野球センスを発揮していたことが見てとれますね!

キャッチャーとして全国大会にも出場していますし、当時から恵まれた体格で小学生離れしたプレーを見せている野球少年でした。

中学時代には東海中央ボーイズで日本代表

順調な成長を遂げた印出太一選手は、東海中央ボーイズに所属した中学時代にボーイズ日本代表にも選出されています。

「世界少年野球大会」と「鶴岡一人記念大会中日本ブロック」に出場した経験の持ち主ですが、日本代表では三番を任されて世界一にも貢献しています。


中学時代を見ても素晴らしい実績の持ち主で、中京大中京で1年生からベンチ入りするのも納得の実力ですね…!

1学年下には同じく中学時代に日本代表を経験した畔柳享丞投手もいますし、中京大中京のこれからにはぜひ注目していきましょう。

参考:畔柳亨丞(中京大中京)の中学時代の球速は?日本代表は奪三振も凄い

Sponsored Link

中京大中京・印出太一は大阪桐蔭戦の活躍で有名に

中学日本代表として進路にも注目が集まっていた印出太一選手ですが、2018年6月に行われた大阪桐蔭戦(招待試合)での活躍で名前が一気に知れ渡りました。

1年生ながら五番・ファーストでスタメンに抜擢された印出太一選手は、この試合でタイムリーを放つなど3安打と大当たり。

ちなみにこのときの大阪桐蔭はセンバツ二連覇を達成した後でしたし、夏の甲子園も制した世代最強と呼ばれるチームでした。


また、ヒットを放った相手投手が高校屈指の好投手だったんですよね。

横川凱投手(巨人)、柿木蓮投手(日本ハム)といずれもドラフトで指名された左右の二枚看板ですし、この試合での活躍が自信になったことは言うまでもありません。

どうしても、このときの衝撃を超えるような活躍をこの先の戦いに期待してしまいますね…!

ドラフト候補として注目を浴びるエース右腕・高橋宏斗投手らと共に、甲子園の舞台で存分に暴れてほしいものです。

参考:高橋宏斗(中京大中京)に漂う大物感|球速だけではない豪腕の将来性

Sponsored Link

ドラフト注目の印出太一はスイングスピードにも注目

中京大中京の主砲として高打率

印出太一選手が右の強打者として注目を浴びている理由として、スイングスピードの速さは欠かせません。

中学時代から140キロに迫るスイングスピードを計測しており、このときすでに甲子園の強打者たちと同じレベルだったことになります。


ちなみに花咲徳栄で2019ドラフトでプロ入りした強打者・韮澤雄也選手が高校1年時には120キロでしたし、印出太一選手の身体能力はかなり優れたものを持っていることがわかります。

新チームとなった2019秋には練習試合も含め、全40試合で147打数71安打と打率4割8分3厘の驚異的な数字をマークしていますね…!

Sponsored Link

高校通算ホームランにも注目

ドラフト候補として期待がかかる印出太一選手ですが、右の強打者としてパンチ力も見逃せません。

2019秋の時点で高校通算ホームランは16本をマークしており、四番として申し分ない存在感を示していますね!

前チームから主力として活躍していた西村友哉選手ら、強打者が並ぶ中京打線においても主軸を務めるだけの実力は十分。

強打の捕手として2020ドラフトでもぜひ注目したい逸材です!

参考:西村友哉(中京大中京)はドラフト期待|中学で野茂ジャパン出身の逸材

Sponsored Link

ドラフト注目の印出太一は強肩捕手としても注目

突出した打力の高さを見せつける一方で、印出太一選手の魅力は守備にもあります。

遠投105メートルの強肩捕手として、二塁送球タイムは1秒8台を記録。扇の要でも中京大中京を支える選手なんですよね!

自身では「全国レベルにはまだまだ」とスローイングを課題に挙げていますが、この辺りの上を見据える姿勢も素晴らしいものがあるなと。

投手陣からも絶大な信頼を置かれていますし、冷静なリード面も見逃せない全国トップクラスの捕手と言えるでしょう。

Sponsored Link

印出太一は新主将としても中京大中京の顔に

2019夏の戦いを終えて新体制となり、中京大中京の新主将には印出太一選手が選ばれました。

高橋源一郎監督も「印出しかいない」と語っていますし、監督やチームメイトから信頼を置かれている選手であることが見てとれます。


これから更に存在感が増していくでしょうし、2019秋の神宮大会制覇でより警戒が強まるなか、中京大中京がこれからどんな戦いを見せるかには大いに注目していきたいところです。

同じくドラフト注目の中山礼都選手らと共に、甲子園の頂点を目指す2020シーズンの戦いを楽しみに応援していきましょう!

参考:中山礼都(中京大中京)はドラフト期待|攻守のポテンシャルは堂林超え

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック