2020ドラフト投手

高橋宏斗(中京大中京)はドラフト注目|球速だけでない豪腕の大物感

2019秋の愛知大会で最速148キロをマークするなど、本格派右腕として注目を浴びている中京大中京の高橋宏斗投手。

2019夏には2年生ながらエースとして背番号1で戦う高橋宏斗投手は、身長184cm・体重75kgと恵まれた体格からも将来性が高く評価されています。

150キロに迫るストレートの球速はもちろん、マウンド度胸や変化球のキレも素晴らしいものがあり、愛知大会を勝ち抜くことが出来れば甲子園の舞台で確実に話題になる投手といえるでしょう。

一部では2020ドラフトの指名も確実視されるなど、世代トップクラスの実力を誇る高橋宏斗投手について詳しく見ていきましょう。

高橋宏斗の中学時代は豊田シニア出身

小学ではドラゴンズジュニアに選出

中京大中京のエース・高橋宏斗選手は尾張旭市立三郷小学に通っていた小学生の頃に三郷ファイターズで野球を始め、6年生で中日ドラゴンズジュニアに選出されました。

ドラゴンズジュニアでの背番号は6で、右投げ右打ちのピッチャーとしてプレー。

ドラゴンズジュニアの僅かな枠を勝ち取るあたり、この頃から高い能力を発揮していたことが見てとれますね!

中京大中京で共にプレーする印出太一選手とは中日ドラゴンズジュニアでもチームメイトで、現在の中京大中京には逸材が多く在籍していることがわかります。

参考:印出太一(中京大中京)は堂林の再来なるか|中学日本代表のスイングに注目

豊田シニアでも主戦として活躍

中学は尾張旭市立東中学に進んだ高橋宏斗投手ですが、野球は豊田シニアに所属してプレーしていました。

現在は東海大菅生で活躍している147キロ右腕・藤井翔投手とは豊田シニアのチームメイト。

当時から「高橋はずば抜けていた」と語られているように、高橋宏斗投手は中学時代でも速いストレートを武器に活躍しています。


中京大中京では1年時からベンチ入りを果たしていますし、140キロ台中盤の球速をマークしていることを考慮しても、中学時代から140キロ前後のストレートを投げる大型右腕だったのでしょうね…!

「第30回日本リトルシニア野球選手権東海大会」では最優秀選手賞に輝いていますし、他の大会を見てもベストナインに選出されるなどチームの中心選手として素晴らしい活躍を見せています。

参考:藤井翔(東海大菅生)の球速とノビに注目|抜群の身体能力を誇る次世代エース

Sponsored Link

ドラフト注目の中京大中京・高橋宏斗の魅力

抜群の球威と角度のあるストレート

中京大中京のエースの座を掴み順調に成長を遂げている高橋宏斗投手は、まず抜群の球威を誇るストレートが大きな魅力の1つです。

2019秋の神宮大会でも最速148キロをマークするなど、目標に掲げる球速155キロも射程圏内にとらえています…!


ドラフト指名にも期待がかかる2020年には150キロの大台を間違いなく突破していると見られていますし、個人的にもその見解に異論はありません。

身長184cmと長身のため角度もあり、バッターのスイングが速球の下を通ることも珍しくないんですよね。

右打者の外角へのコントロールも素晴らしく、球速以上にバッターが振り遅れている場面も多々見受けられます。

Sponsored Link

平均球速で感じる馬力

ストレートで言うと「最速」に注目が集まるのは言わば当然かとは思うのですが、高橋宏斗投手は平均球速からも才能を感じます。

試合展開に合わせる器用さは持ちつつも常時140キロ前後のボールを投げ込むことができるピッチャーで、そもそもの馬力が違う感じがありますね…!


相手打線に対して常に脅威を与えられる投手がマウンドにいることはチームにとっても非常に心強いものですし、MAXだけで計れない魅力がある右腕だと思います。

大崩れしそうな心配もなく、安定感の面でも高橋宏斗投手が高い評価を受けているのは納得です。

Sponsored Link

ドラフト注目・高橋宏斗は変化球もキレる

球威のあるストレートが魅力的な一方、高橋宏斗投手は変化球も素晴らしいものを持っています。

縦に鋭く落ちるスライダーも決め球として十分に使えるピッチャーで、速い真っ直ぐがあるだけにスライダーを低めに集められるとバッターとしても攻略が難しくなってきますね。


やや抜ける場面もあり粗削りである部分はあるものの、新たな球種の習得なども含め、これからの成長には大いに期待したいと思います。

前チームから主力として活躍していたリードオフマンの西村友哉選手らも残りますし、中京大中京の総合力は全国でも間違いなく上位ですね…!

参考:西村友哉(中京大中京)は野茂ジャパン出身|東海随一の先頭打者に注目

Sponsored Link

中京大中京・高橋宏斗はスケールの大きさが光る

高橋宏斗投手は速球・変化球共に高いレベルのボールを投げる投手で、優れた逸材であることは言うまでもありません。

特に大型右腕としての将来性には注目で、球速や制球力の面をとっても、これから更にスケールアップした投手になっていく雰囲気が漂っているんですよね。

それは恵まれた体格や堂々とした投げっぷりはもちろんのこと、内面から滲み出る自信のようなものも大いに影響しているのだと感じます。

2019秋の神宮大会で激突した明徳義塾の名将・馬淵史郎監督も「松坂以上」とコメントしていたのが印象的でした…!


同じくドラフト注目の明石商業・中森俊介投手も甲子園の舞台で快速球を投げ込んで話題になりましたが、高橋宏斗投手は同じように全国区として有名になっていい選手ですね!

2019春のセンバツを制した東邦や、明徳義塾出身の二刀流・田村俊介選手がエースを務める愛工大名電など激戦区の愛知。

強豪と真っ向から渡り合える本格派として、中京大中京のエース・高橋宏斗投手の活躍には今後も注目していきたいと思います。

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック