2020ドラフト投手

中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速以上の完成度は世代随一

2018年夏の甲子園、1年生で145キロの豪速球を投げ込み一気に知名度が全国区となった明石商業のエース・中森俊介投手。

早くも2020ドラフト候補として注目されており、甲子園でもその右腕に期待が高まる逸材ですが、2019夏の甲子園では自己最速を更新する151キロのストレートも見せました。

2019夏の兵庫大会でも149キロを連発していましたが、三振がとれる豪腕の武器は球速だけではないんですよね!

2020ドラフト注目の本格派右腕・中森俊介投手について、詳しく見ていきましょう。

ドラフト注目の明石商業・中森俊介は奪三振に注目

1年夏の甲子園で全国区に

2020年のドラフト候補として注目を集める明石商業・中森俊介投手ですが、甲子園初登板は2018夏の八戸学院光星(青森)戦でした。

試合には敗れたものの、このゲームで1年生ながら145キロのストレートを投げ込み一躍全国区へとのし上がることになります。

強豪打線を相手に2イニングで2つの三振を奪い、実力の片りんを見せたのもこの試合だったといえるでしょう。

兵庫大会で18奪三振の快投も

そんな中森俊介投手は1年生エースとなった2018年秋、兵庫県大会3回戦の滝川高校戦で18奪三振の快投を見せています。

この試合は4安打完封ということで圧巻の投球。

高めのストレートに力があるのはもちろんのこと変化球でも空振りを奪っており、三振がとれるピッチャーとして抜群の存在感を示しています。

球種はストレートのほか、カーブ・スライダー・フォークといずれもキレがあり、高校生レベルでは歯が立たない領域に入っていきそうな気配を感じますね…!


オフシーズンから2019年春にかけては毎日のトレーニングで腹筋300回・背筋200回を課して身体をつくり込んできており、さらなる成長にも期待がかかります。

追記:2019年春のセンバツ1回戦では、東京代表の国士舘を相手に10奪三振の好投を見せました。この試合では最速146キロをマークしており、冬場に体幹を鍛えてきた成果が早くも出始めていますね!

Sponsored Link

明石商業・中森俊介は2年夏で球速150キロ超え

2020ドラフト注目の明石商業・中森俊介投手は、2019夏に2年生で球速151キロをマークしました。

2018夏の甲子園で悔しい敗戦を喫した八戸学院光星が相手だっただけに、気合が入っていたでしょうね!


完成度の高さが光る中森俊介投手だけに、球速も150キロを超えてくると星稜・奥川恭伸投手のような手が付けられないピッチャーに成長しそうです…!

世代トップクラスの投手として、これからも全国の強豪校から一層マークされることになるでしょうね。

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

Sponsored Link

中森俊介がドラフト注目の理由は直球だけではない

制球力と変化球の精度

150キロをマークして球場がどよめく日は近い将来訪れるのでしょうが、中森俊介投手の武器はそのストレートだけではありません。

球速もさることながらコントロールの良さが光り、コースを突けるピッチングは本当に見事です。

鋭く曲がるスライダーの精度が非常に高い上に、カーブを有効に使い緩急も織り交ぜた投球は抜群の安定感を誇ります。

2019夏の兵庫大会決勝で見せた、強豪・神戸国際大附戦の1失点ピッチングは圧巻でしたね…!

大舞台に強く甲子園でも快投を見せてくれるでしょうから、ドラフトが非常に楽しみな投手の一人です。

2019春のセンバツで投げ合った智弁和歌山の147キロ右腕・小林樹斗投手は同世代ですから、ドラフト候補同士の再戦にも大いに期待したいと思います。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

冷静なマウンドさばき

中森俊介投手はピッチャーとして素晴らしい才能を見せる一方で、文武両道で頭も相当キレるんですよね。

学校での成績は「オール5」だそうで、得意科目が数学ということで「論理的に考えるのが好き」と本人も話しています。

学力は学年280人中10番目ほどの位置だそうで、非の打ち所がないとはこのことでしょう…!

これだけの本格派であれば力任せに直球勝負を挑みそうなものですが、その冷静なマウンドさばきも見もの。

ときにストレートの威力よりも制球を重視して丁寧に投げ込む姿もまた、ピッチャーとしての資質を感じさせます。

もちろんドラフト候補としてそのポテンシャルが高く評価されていくでしょうが、中森俊介投手の奪三振や投球術の背景にはクレバーな思考力が隠されていることも忘れてはいけませんね!

Sponsored Link

明石商業・中森俊介は精神的強さもドラフトで高評価

明石商業・中森俊介投手について見てきましたが、本格派右腕ということで球速に注目が集まるものの、根幹にあるロジカルな性格も見逃せません。

メジャーで活躍するダルビッシュ投手なんかも、相手打者の前の打席のデータなどがすべて頭の中にインプットされていると言いますしね!

無理に力任せな投球をしない中森俊介投手は大崩れすることも考えにくいです。


1年生時に大舞台で見せたマウンド度胸も文句なしですし、新チームとなった2019秋にもマウンドでの存在感は群を抜いていますね。

来田涼斗選手と共に高校野球ファンの注目を浴びることになりますが、中森俊介投手は期待を上回るパフォーマンスを見せてくれるでしょう!

ドラフトにも注目が集まる投手であることはもちろん、甲子園を熱くしてくれる逸材だけに、今後の活躍を追っていきたいと思います。

参考:来田涼斗がドラフト上位と言われる理由|豪快ホームランの柳田二世に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック