<2019ドラフト>

奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

2019ドラフトでは1巡目での指名が確実と言われている、星稜高校の奥川恭伸(読み方は「おくがわ やすのぶ」)投手。

最速153キロのストレートをはじめ変化球のキレや制球力など、プロのスカウトにも総合力が高く評価されているのはご存知の通りです。

2018春・夏に加えて2019春と高校で甲子園を3度経験しているほか、2018年には2年生ながら唯一U18日本代表候補にも選出。経験も豊富な好投手ですが、宇ノ気中学時代にも全国制覇を経験しているんですよね。

中学時代に見せていたポテンシャルの高さや、今でも大切にしている気持ちなど、今の奥川恭伸投手を作ったルーツを辿ってみましょう。

 

奥川恭伸は中学時代から山瀬慎之介とバッテリー

出身は宇ノ気小学校

2019ドラフト候補として常に名前が挙がっており、世代を代表する投手に成長した星稜・奥川恭伸投手。

石川県かほく市の出身で、宇ノ気小学校(宇ノ気ブルーサンダー)を経て宇ノ気中学に進学しています。


星稜高校でもバッテリーを組む山瀬慎之介捕手とは小学4年から共に戦っているわけですが、9年もお互いに日本のトップクラスであり続けていることは見事としか言いようがありませんね…!

宇ノ気中学でも全国制覇を果たしていますし、最後の夏、そしてプロでの活躍がすごく楽しみな二人です。

Sponsored Link

奥川恭伸は中学時代から大物だった

中学最速は130キロ超え

奥川恭伸投手は中学時代ですでに身長179cm・体重72kgと大柄で、現在の体格(183cm・84kg)も納得の身体つきをしていました。

中学時代に投げ込んだストレートの最速は133キロで、本格派右腕として県外でも有名な投手でしたから、強豪校からもスカウトの声が多かったでしょう。


2018年には明徳義塾・関戸康介投手(大阪桐蔭に進学)が中学で146キロを記録して話題になりましたが、奥川恭伸投手もこのときから素晴らしいボールを投げ込んでいましたね…!

ちなみに全国大会の決勝では2対1で上一色中学(東京)に勝利しており、このときの相手エースが専大松戸の横山陸人投手でした。

3年の時を経て再戦があると、これも楽しみな戦いになりそうです。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|スカウト注目右腕の球速以上の武器

変化球も抜群のキレ

球速130キロ超えのストレートはもちろん、奥川恭伸投手は中学の頃から変化球のキレも抜群でした。

これだけの球威があるボールを持ちながら、それに頼らないピッチングが出来ていたことが驚きですね…。

特にスライダーは当時から精度が高く、力で押すだけでなくコンビネーションで全国の頂点に立った、投手としての完成度も素晴らしいものがあります。

内外に投げ分ける制球力も兼ね備えていたため、このあたりの総合力の高さからも奥川恭伸投手が目指す「負けない投手」の片鱗が見えますよね。

ちなみに現在の球種はカウントを整える際と空振りを狙って投げ分ける2種類のスライダーに、フォーク・チェンジアップと100キロ前後のスローカーブを武器としており、奥川恭伸投手が「ドラフト1位確定」と言われるのも納得です…!

Sponsored Link

中学時代に号泣した敗戦も糧に

3年時に宇ノ気中学で「全国中学校軟式野球大会」を制した奥川恭伸投手ですが、その前の大会では同地区の星稜中学に敗戦を喫しています。

このまま星稜中学は「全日本少年軟式野球大会」で優勝を飾っていますから、いかにこの2校の対決がハイレベルであったかがわかりますよね。

奥川恭伸投手は星稜中学に敗れた際に悔しさのあまり号泣しており、敗戦をバネに全国制覇を遂げた経験も大投手を作り上げた1つの要素だと言えるでしょう。

負けを直視せずに「次、次!」と切り替える(?)ような風潮がある一方で、このときに敗れた経験をすぐに結果に繋げるあたりも精神的な強さを感じます。

余談ですが、中学時代にしのぎを削った相手と高校では「仲間」として戦うこともめちゃくちゃ素敵だなと…!

2020ドラフト注目の内山壮真選手や「奥川二世」を目指す荻原吟哉投手ら、星稜中出身の選手と共に戦う最後の夏は本当に楽しみです。

参考:荻原吟哉(星稜)は抜群の制球力で魅せる|中学全国制覇の本格派右腕

Sponsored Link

奥川恭伸が中学時代から大切にしているもの

全国から大きな期待が寄せられる奥川恭伸投手はもちろん「勝利」にこだわるものの、一方で「ただ結果だけを見たくない」という姿勢も貫いています。

「すべてを次に繋げていくことが大事」だと語っていますし、勝ち負けだけに一喜一憂するのではなく、そこで得られるものを大切にしてきたからこそ今の姿があるのだと強く感じますね。

過去にはインタビューで「中学時代はただ野球が楽しかった」との話もあり、楽しさだけは忘れずに野球と向き合っていきたいとの考え方からも高校生離れした精神力を感じました。

2019春の北信越大会でも敦賀気比の主砲・木下正秀選手にタイムリーを浴びた次の打席で、明らかにギアを上げて真っ向勝負を挑んだ姿が印象的でしたが、根底に楽しむ気持ちがあるからこそ強打者と対峙したときに100%の力が発揮できるのだと感じます。

最後の夏も心から楽しんで、最高の戦いを見せてほしいですね!奥川恭伸投手が立つマウンドに期待して、今後も応援していきたいと思います。

参考:奥川恭伸の執念と小池田樹の意地|世代最強右腕はきっともっと強くなる

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック