2020注目の投手

荻原吟哉(星稜)は球速以上の存在感|中学全国制覇の次世代エース

星稜中学3年の春には全国制覇も経験している右の好投手・荻原吟哉(おぎはら ぎんや)投手。U15日本代表にも選出されるなど、当時から才能を高く評価されています。

以前から制球力には定評があるピッチャーですが、冬の練習ではツーシームの習得に励むなど球種も豊富に。

2019夏の甲子園でも立命館宇治戦で好投を見せており、速球とのコンビネーションにもさらに磨きがかかりましたね!

ハイレベルな星稜投手陣の一角を担う荻原吟哉投手について、詳しく見ていきましょう。

荻原吟哉は星稜中学時代から注目の逸材

3年春に明徳義塾を下し全国制覇

高校でも成長を続ける荻原吟哉(おぎはら ぎんや)投手は星稜中学の出身で、当時から好投手として注目される存在でした。

3年生の春には全国大会準決勝で明徳義塾のエース・関戸康介投手(現大阪桐蔭)と投げ合い、6対2とチームの勝利に貢献。

決勝でも秋田クラブを下し、全国大会で優勝を飾っています。


当時から130キロを超えていた球速は高校2年生となった2019春の時点で140キロを射程圏内にとらえているんですよね。

身長170cm体重70kgとピッチャーとしてはやや小柄ではあるものの、「技巧派」というタイプではありません。

星稜での良きライバルで根上中学出身の寺西成輝投手も、初めて対戦した際には荻原吟哉投手にノーヒットノーランをされたと話しているように、完成度の高さは当時から話題になっていました。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|スカウト注目右腕の球速以上の武器

侍ジャパンでも好投

U15日本代表にも選出された荻原吟哉投手は、出場した「第9回 BFA U-15アジア選手権」でも好投を見せました。

大会3連覇中のチャイニーズタイペイとの大一番で先発を任された荻原吟哉投手は、初回こそ緊張から先頭打者に四球を与えたものの、見逃し三振を奪うなど後続を断ち無失点。

その後は危なげない投球で4回を0点に抑えて次の投手にバトンを渡しており、大舞台でも自身の持ち味を十分に発揮したと言えるでしょう。

大事な試合で先発のマウンドを託されるあたりは星稜高校進学後も話題になっていますし、安定感があるピッチングは監督からも高い信頼を得ていることがわかりますね!

ちなみにこの侍ジャパンでマスクをかぶっていたのが、現在もチームメイトとして主力として活躍する内山壮真選手だったことも、星稜中がいかに高いレベルであったかを物語っています。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

星稜・荻原吟哉は球速以上に素晴らしい【動画有】

「精密機械」の異名も

荻原吟哉投手の持ち味はなんといってもコントロールの良さでしょう。

一部では「精密機械」と呼ばれるほどに制球力が高く、実際に本人も自身の強みとして「思ったところに投げられる」ことを挙げています。

丁寧にコーナーを突ける投手なので、リードするキャッチャーも面白いでしょうね…!

バッターが左右どちらの打席に入っても内外角を広く使えるコントロールは見事なものがありますし、甲子園の舞台で好投見せていることも何ら不思議ではありません。

研究を続ける球種にも期待

加えて荻原吟哉投手は鋭い変化球にも注目で、変化が大きいスライダーは決め球として十分な威力があります。

ストレートがコーナーに決まる分、打者としてもつい手を出してしまう場面が多く見受けられますね。

その他にもカーブにチェンジアップと縦にも揺さぶることができる球種を持ち合わせていますが、星稜中時代から取り組んでいたツーシームがもう少し目立ってくるとさらに攻略が難しい投手になりそうです。

球速へのこだわりも

一方で荻原吟哉投手は球速へのこだわりも見せており、個人的にはこの部分がすごく良いと感じました。

「140キロ台後半」を3年夏までの目標として掲げているあたり、かわす投球だけをするつもりは毛頭ないというハートの強さも伝わってきて気持ちが良いですよね…!

春のマウンドでは普段よりも少し足を高く上げるように投球フォームを修正して体重移動をスムーズにするなど、強いボールを投げるための工夫を怠らない姿勢も見られます。

敦賀気比の2年生エース・笠島尚樹投手もノビのある140キロ超のストレートを甲子園で見せていましたし、この先も北信越大会はピッチャーのレベルが高いです!

もちろん勝ち上がるための投球は大事ではありますが、荻原吟哉投手には強気でストレートを投げ込む高校生らしいピッチングにも大いに期待したいと思います。

参考:敦賀気比・笠島尚樹は球のキレで勝負|自在に操る変化球の鋭さも注目

Sponsored Link

荻原吟哉はエースとして奥川恭伸の背中を追う

荻原吟哉投手はドラフト注目のエース・奥川恭伸投手に憧れを抱いているとのことで、「一番弟子」を自認しているといいます。

高校屈指のピッチャーが近くにいるのは本当に大きいと思いますし、練習から学べることもたくさんあるでしょう。


2018秋の神宮大会決勝では札幌大谷との対戦で2失点ながら自身の力のなさを痛感したと語っていましたし、試合の終盤に差し掛かる7回あたりで捕まる場面が見受けられるあたり、スタミナが課題とも見てとれます。

奥川恭伸投手に憧れる一方でひとりの投手としても大いに意識して、背中を追ってほしいですね。

加えて同学年のライバル・寺西成輝投手とは今後も熾烈なエース争いを繰り広げることになると思いますが、お互いに刺激を与え合いながら成長していくことに期待しています。

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

Sponsored Link

荻原吟哉は星稜のムードメーカーとしても注目

最後に、荻原吟哉投手がめちゃくちゃ好きになった動画を1つ。

ムードメーカーという存在はチームにとって本当に貴重ですからね…!


星稜の躍進とともに、荻原吟哉投手を今後も応援していきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック