2020ドラフト投手

敦賀気比・笠島尚樹は球速より速い|ドラフト候補は変化球のキレも注目

2018夏にも1年生ながら甲子園でのベンチ入りを果たした敦賀気比の笠島尚樹投手。

元々定評のあったキレのある速球とスライダーは健在で、2年生となった2019春の北信越大会では背番号1を掴み、強豪・日本航空石川を完封するなど冬を越えて成長した姿を見せていますね。

2019夏の甲子園でも最速145キロをマークするなどエースとして大車輪の活躍を見せ、将来のドラフトにも期待がかかります。

制球力もついて今後が非常に楽しみな敦賀気比・笠島尚樹投手について詳しく見ていきましょう。

笠島尚樹は中学時代に鯖江ボーイズで福井県選抜

敦賀気比の注目右腕・笠島尚樹投手は小学時代からピッチャーとして活躍しており、鳥羽野球部では5年生からエースとしてマウンドを任されていました。

鳥羽野球部は学童軟式野球の全日本大会を制したこともある強豪ですから、当時から高い能力を見せていたことがわかりますね。


鯖江市立中央中学に進んだ中学時代には鯖江ボーイズでプレー。

1年生時にチームが2015ボーイズ選手権で優勝を果たすなど良い経験をしているほか、ボーイズリーグ都府県選抜野球大会では福井県選抜にも選出されました。

球速は135キロをマークしていますし、敦賀気比でただ一人、1年夏の甲子園メンバーに抜擢されたのも納得と言えるでしょう。

2019春から一番打者を務める1年生の大島正樹選手といい、敦賀気比は新戦力が魅力ですね!

参考:大島正樹(敦賀気比)は京都嵐山出身|俊足強打で吉田正尚二世なるか

Sponsored Link

敦賀気比・笠島尚樹がドラフト注目の理由

球速以上に速いストレート

2019夏の甲子園では最速145キロをマークするなど球速にも期待できる笠島尚樹投手ですが、スリークォーターから投じられるストレートは球速以上に厄介なボールだと感じます。

1年生の頃から135キロをマークしており真っ直ぐには注目が集まっていましたが、2年生になり以前よりもキレが増した印象を受けました。

実際に打者を差し込む場面が多く見られますし、2018夏の甲子園・木更津総合戦とは一味違った投球を見せていますね。

2019秋の新チームでも140キロ台中盤の球速を連発していることを考慮すると、高校で150キロの大台も十分にありえます。

キレがある真っ直ぐを投げるだけに、球速もついてくるといよいよ手が付けられないでしょう…!

個人的にはタイプが違う日本航空石川の大型右腕・嘉手苅浩太投手との投げ合いが今後実現してほしいです。

自在に操るスライダーも

また笠島尚樹投手はストレートだけでなく、切れ味鋭いスライダーにも注目です。

場面に応じて曲がり幅を調整するなど変化球でも打者を翻弄できる投手で、特に右打者のアウトコースに投じるスライダーは全国の強打者も手を焼くボールになるでしょう。


甲子園の舞台でも全国の強豪を相手に好投を見せていますし、知名度も急上昇中。

カウントを整えるボールと決め球など細かく投げ分けることができるため、バッターとしては狙い球を絞りにくい相手であることは間違いありません。

加えて、一度浮いてから落ちるような独特の軌道を辿るカーブにも注目です。

そのカーブは110キロ前後で緩急も使うことができるので、本当に攻略が難しい好投手ですね…!

今後は2020ドラフト注目の星稜・内山壮真選手らとの対戦もあるでしょうし、北信越でも非常にレベルの高い戦いが繰り広げられそうです。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

ドラフト注目の敦賀気比・笠島尚樹は制球力も凄い

敦賀気比・笠島尚樹投手の評価が高い理由としては、間違いなく制球力の高さもあるでしょう。

四死球で崩れることが無く、完成度の面でも高い評価を受けているんですよね!

野手にとっても良いリズムを与えられるピッチャーは非常に価値が高いですし、安定感の面でも大きく成長したように感じます。


冬場の練習では身体が前に突っ込まないように投球フォームを修正したとのことで、 力任せにならない大人のピッチングができる点もいいですよね。

スリークォーターから投げるボールのキレが抜群なうえに横の変化を上手に使える投手ですから、速球・変化球ともにアウトコースへの出し入れができるとかなりレベルの高いピッチングが見られそうです!

Sponsored Link

敦賀気比・笠島尚樹の甲子園でのピッチングは見もの

2018夏には悔しい想いも

右の好投手としてより注目されていくであろう笠島尚樹投手ですが、2018夏の甲子園では木更津総合を相手に1回を投げて3失点を喫しているんですよね。

被安打は2だったものの2つの四球を出したほか、ワイルドピッチでも1点を失うなど、初の甲子園のマウンドは苦い思い出として残っているでしょう。

木更津総合の2年生には関東屈指の本格派・篠木健太郎投手もいますし、敦賀気比VS木更津総合の一戦はぜひまた全国の舞台で観たいなと…!

もちろん星稜・寺西成輝投手らとの熱戦にも期待ですが、北信越大会がめちゃくちゃレベルが高いので、甲子園の優勝旗が渡っても何ら不思議ではないように感じます。

参考:寺西成輝(星稜)が注目を浴びる裏側|体育会TVも出たエリートの挫折

2019夏の好投で全国区に

また笠島尚樹投手は敦賀気比のエースとして2019夏の甲子園で好投。

そのピッチングを絶賛する声も多く、いよいよ全国区のピッチャーになりましたね!

これまでの順調な成長ぶりを見ても、当然2020ドラフト候補には名前が挙がってくるでしょう。

さらなる飛躍に期待して、笠島尚樹投手を追い掛けていきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック