2021ドラフト投手

関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

かねてから進路に注目が集まっていた明徳義塾中学の本格派右腕・関戸康介(せきどこうすけ)投手。

2019春に日本屈指の名門・大阪桐蔭高校に入学して黄金世代の再来と注目を集めています。

中学3年の夏には自慢のストレートの球速が146キロを記録しており、これから甲子園でも話題になることは間違いないでしょう。

早くもプロ入り確実と目されて2021ドラフトにも注目が集まる関戸康介投手ですが、持っている武器は球速だけではありませんでした。

大阪桐蔭を選んだ理由と併せて、世代を代表する右腕を特集していきたいと思います。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

関戸康介は小学時代から球速が怪物だった

小学時代はソフトバンクホークスジュニア

大阪桐蔭に入学して注目を集める1年生・関戸康介投手ですが、中学時代に146キロをマークしていることから150キロ超えは時間の問題だと見られています。

2021年ドラフトでの争奪必至と言われている関戸康介投手のこれまでの経歴を見てみると、小学生の頃すでに130キロに迫る速球を投げ込んでいたんですよね。


地元・長崎県佐世保市の広田小学校に通っていた関戸康介投手。

2015年にソフトバンクホークスジュニアに選出され「NPB12球団ジュニアトーナメント」に出場したわけですが、この大会で129キロの速球を投げ込み一躍全国区となりました。

この頃から怪物ぶりを発揮しているってとんでもない話ですよね…!

ちなみに全国制覇を果たした2018大阪桐蔭のエース・柿木蓮投手(日本ハム)は中学時代に中学佐賀県選抜とホークスジュニアの対戦を観戦していたそうで、当時の関戸康介投手を「バケモン」と称していました。

「いや、バケモンっすよ。本当にバットに当たらないんですから。小学6年が130キロのボールを投げて三振を取りまくっていた。かすりもしない。自分が小学6年のときは最速124キロ。それで相当速いといわれていました。130キロなんて考えられない」
引用元:zakzak

スピードはもちろんのこと、バットに当てることすら出来ないというのは「質」の面でも素晴らしいストレートを持っていることがわかりますね…!

球速アップの理由は下半身強化

関戸康介投手は当時のインタビューで自身の球速の秘訣について「下半身の強化」と答えており、この頃から走り込みを重点的におこなっていたんだとか。

また「バランス感覚を鍛えたことで軸足が固まった」とも語っていることに驚きました。

球速はもとより、小学生でここまで自身の投球を分析して言語化できることがものすごいことだなと。

現在では身長178cm・体重77kgとがっしりとした体格になっていますが、小学生の頃からしっかりとトレーニングを重ねてきた賜物だということがわかりますね。

小学生時代のインタービュー動画を見ると、肩甲骨の可動域が広いことも取り上げられていますし、まさに死角なしといったところでしょうか…!

長崎出身ですから、創成館の大型左腕・鴨打瑛二投手との投げ合いも盛り上がりそうですね。

Sponsored Link

明徳義塾中学の関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由

中学での進路を決める際、明徳義塾中学を選んだ理由に「投打共にレベルが高いこと」「神谷洋隆監督が自分の特長をよくわかってくれていたこと」を挙げていた関戸康介投手。

先ほどのトレーニングでもわかる通り、しっかりとした思考力も兼ね備えている選手ですよね。

明徳義塾中時代には中学3年の夏に全国大会準優勝を収めるなど、その進路に注目が集まっていたわけですが、大阪桐蔭を選んだ理由にも脱帽でした。

野球のレベルが高いことはもちろん、「勉強もできる」点をポイントに挙げており、以下のようにも語っています。

高校では「野球をやめたときのために勉強もしっかりしたい」という。
引用元:西スポ

将来の夢には「ワールドシリーズMVP」を掲げており、メジャーでの活躍を前提で考えていることからもスケールの大きさを感じさせますが、根底にこういった冷静な思考が働くのは見事としか言いようがありません。

ちなみに、同じく明徳義塾中学で二刀流として注目されていた田村俊介選手も愛工大名電に進路。

中学時代には高知で繰り広げた名勝負の舞台を甲子園に移したいとの想いがあったとしても不思議ではないように感じます。

明徳を辞めたことがクローズアップされがちではあるものの、辞めた云々の前に進路に関しては本人の意思が尊重されるべきではないでしょうか。

15歳での決断を信じて、甲子園の頂点を目指してほしいものです。

参考:田村俊介(愛工大名電)の二刀流に注目|明徳に残らなかった理由はなぜか

Sponsored Link

ドラフト注目の関戸康介が持つ球速以上の武器

これからの活躍やスカウトのコメントによって多くの強みが見出されるかと思いますが、関戸康介投手は誰でも持てるわけではない武器を持っていると思います。

抜群のマウンド度胸

まずマウンドで見せる「クレバーさ」ですが、これは言い換えると自信の表れとも言えるでしょう。

肝が据わっていることを感じますし、中学時代までにも全国を舞台に戦うなど豊富な経験も大きく影響していることが見てとれます。

テレビ番組「スポーツ大将」でも堂々のピッチングを見せていましたね…!


マウンドで冷静さを失って自滅するようなケースも特に甲子園では珍しくないものの、関戸康介投手は1年生ながらそのような隙を感じさせません。

中学時代に同じ高知県で「超中学級」と呼ばれ、しのぎを削った森木大智投手(高知)も「自分はヒートアップするタイプだが関戸は打たれても常に次を考えている。マウンドさばきも堂々としている」と語っていますね。

ライバルも認める精神力は、大阪桐蔭でのエース争いにおいても大きな武器となるでしょう。

優れた思考力

加えて、小学時代から見せていた思考力の高さも大きな武器と言えるでしょう。

2019夏に甲子園のマウンドも経験した智弁学園の1年生右腕・小畠一心投手もそうですが、何が足りないかを考えたり冷静に自己分析できる能力によって、今後の成長には絶対差が生じると思います。

超中学級と呼ばれるストレートを持ちながら、ただ力任せな投球にならないあたりは関戸康介投手のポテンシャルの高さを証明しているようにも感じますしね。

甲子園を沸かせる逸材であることは間違いないので、大舞台でどんなマウンドさばきを見せるのかを見てみたいところです。

Sponsored Link

関戸康介の球速は大阪桐蔭でどこまで伸びる?

球速150キロの大台にも期待

強靭な精神力も1つの武器だとお伝えしたものの、やはり快速球がどこまで伸びるのかは気になるところ。

大阪桐蔭のスーパールーキー・関戸康介投手は、高校に入学した2019春の時点では最速146キロを記録しています。

明徳義塾中学時代も含め、これまでの主な球速の変化は以下の通りです。

ホークスジュニア時代 最速128キロ
明徳義塾中2年秋 最速140キロ
明徳義塾中2年冬 最速143キロ
明徳義塾中3年夏 最速146キロ
大阪桐蔭1年秋 最速150キロ?

最後は願望が勝って先走りましたが、現実として十分にありえるのではないかと思います。

いずれにしても入学の時点でここまで話題になる投手もそうそういないですから、高校初登板がいつになるかも非常に楽しみですね!

大阪桐蔭でのベンチ入りはいつになるか

2019夏の大阪大会で敗戦を喫した大阪桐蔭は現在、新主将に薮井駿之裕選手が選ばれて始動しています。

関戸康介投手が初のベンチ入りを果たすのがいつになるのかも注目ですよね…!


大阪桐蔭の2019秋の戦いも楽しみに追いかけていきたいところです。

余談ですが「康介」という名前の由来は、元水泳日本代表の北島康介さんから来ているとのこと。

スケールの大きさではまったく引けを取りませんから、世界に名を轟かせる大投手へと成長を遂げることに期待したいですね。

抜群の長打力を誇る中学日本代表の四番・池田陵真捕手ら大阪桐蔭の2019新入生は逸材揃いで「黄金世代の再来」とも期待されていますし、その中心となる次世代エースを応援していきましょう。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

関戸康介は2019秋にベンチ入り&高校初登板

岸和田戦で高校初登板

注目の関戸康介投手は2019秋の大阪大会で初のベンチ入りを果たしました。

背番号は17をつけ、大阪大会3回戦・岸和田戦で先発の松浦慶斗投手の後を受けて高校初登板も経験していますね!


4回からマウンドに上がった関戸康介投手は先頭打者に死球を与えたものの、2回を投げて被安打0の無失点。

奪三振も3個記録しており、上々のデビューと言えるでしょう。

「緊張した」と語っている通り、かなり力が入っている様子は見受けられましたが、これからの活躍がさらに楽しみです…!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

盤石のリリーフ

2019秋の大阪大会ベスト8をかけた近大付戦でも、関戸康介投手はリリーフで登板しました。


変化球でもストライクを取るなど、公式戦初登板の一戦よりも明らかに落ち着いていましたね!

試合後のインタビューでも「いい準備ができた」と語っていますし、更なる強豪を相手にどのようなピッチングを見せるかにも注目です。

Sponsored Link

ドラフト注目の関戸康介は大阪桐蔭2年で球速150超

2021ドラフトにも期待が膨らむ関戸康介投手ですが、高校でも進化は止まりません。

高校2年の2020夏、7月の練習試合では151キロをマークした上に、大阪大会・上宮太子戦では自己最速の154キロをマークするなど球速も更にアップしているんですよね…!

1学年下にも豪腕・別所孝亮投手ら好投手が揃っていますが、関戸康介投手がこれからの大阪桐蔭で中心になることは間違いないでしょう。

ドラフトにも期待しつつ、怪物の進化をこの先も楽しみに追いかけたいと思います!

参考:別所孝亮(大阪桐蔭)は球速に注目|中学一の豪腕は野茂ジャパン出身

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック