2021注目の投手

鴨打瑛二(創成館)はホークスジュニア出身|超大型左腕の武器に注目

身長194cm・体重82kgと1年生ながら高校生離れした体格で話題になっている創成館の鴨打瑛二(かもうち えいじ)投手。

小学時代には福岡ソフトバンクホークスジュニア、中学では鶴岡一人記念大会にも選出された逸材で、超大型左腕として早くも2021年のドラフト確定の声も挙がっています。

スケールの大きさは群を抜いているだけに、高校でどこまで成長を遂げるかが非常に楽しみですね…!

2019春の時点で135キロとまだまだ伸びるであろう球速も含め、鴨打瑛二投手について詳しく見ていきましょう。

鴨打瑛二は父と兄の影響を受けて育った

ソフトバンクホークスジュニア出身

2019年の大型ルーキーとして注目を浴びている鴨打瑛二投手は佐賀県小城市の出身で、砥川小学校1年生から「砥川少年野球クラブ」で野球を始めました。

当時から投手一筋で歩んできたわけですが、小学6年生時には福岡ソフトバンクホークスジュニアに選出されて12球団トーナメントに出場。

決勝トーナメント準決勝のスワローズジュニア戦ではリリーフ登板でしっかりと試合を締めるなど、当時から身長172cmの大型投手として有名な選手でした。

動画は広島カープジュニアとの対戦ですが、高校でも見せている堂々とした投げっぷりは当時から健在でしたね!

牛津中学では黄城ボーイズでプレーし、 鶴岡一人記念大会の九州ブロックにも出場を果たしています。

またソフトバンクホークスジュニアのチームメイトには、明徳義塾中学から大阪桐蔭に進んだ146キロ右腕・関戸康介投手もおり、この二人は高校での対戦もありそうで非常に楽しみです。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|スカウト注目右腕の球速以上の武器

父と兄も投手の野球一家

小学時代から投手としての能力の高さを見せていた鴨打瑛二投手ですが、父・武士さんと兄の翔太さんの影響も大きかったと言います。

幼い頃には二人の会話を聞いて育ったと語っていますし、それぞれが投手として活躍していることも見事なんですよね…!

ちなみに父の武士さんは佐賀県の龍谷高校で控え投手として選抜に出場。兄の将太選手は身長186cmの大型右腕で、大分・柳ヶ浦でエースとして活躍していました。

こういったルーツからも、鴨打瑛二投手が注目される理由が垣間見えますね。

Sponsored Link

創成館・鴨打瑛二が誇る注目ポイント

順調に成長を続ければ2021ドラフトでの指名も間違いないと言われている鴨打瑛二投手は、評判を裏切らないスケールの大きさを見せています。

2019夏前の時点では変化球の精度などまだまだ粗削りではありますが、注目すべきポイントをそれぞれ見ていきましょう。

ストレートの角度と球速

長身から投げ下ろすストレートは角度があり、鍛えても真似できない球筋はまさに天性のものと言えるでしょう。

リリースポイントが高いため相手打者がボール球に手を出してしまう場面も目立ちますし、空振りを奪えるピッチャーだけに今後さらに球威が増した姿はぜひ観てみたいものです。


球速は2019春の段階で130キロ中盤ではありますが、これからのトレーニングで化ける可能性は十分に秘めていますから、140キロ台後半から150キロ超のボールを投げるようになると間違いなく世代でもトップクラスとしてドラフト候補に名を連ねるでしょうね。

智弁和歌山・小林樹斗投手や2019ドラフト注目の津田学園・前佑囲斗投手など高校に入ってから球速が20キロ以上伸びているピッチャーもいますし、鴨打瑛二投手のストレートには注目していきましょう。

参考:前佑囲斗(津田学園)がドラフトで注目される理由は球速以外にあると思う

Sponsored Link

マウンド上での落ち着き

フィールディングも良くポテンシャルの高さが際立つ鴨打瑛二投手は、マウンドで見せる落ち着きも、とても1年生とは思えません。

仲間がエラーをした際にはアイコンタクトを送る心の余裕を見せているほか、得点圏にランナーを背負ってピンチの際にはしっかりと間合いを取るなど、自分のリズムを崩さない投手なんですよね。

小学時代に経験したソフトバンクホークスジュニアをはじめ、大舞台での登板経験も糧になっている印象を受けました。

注目のストレートに加え、スライダー・カーブ・フォークといった変化球の精度もこれから上がってくるでしょうから、マウンドで圧倒的な存在感を放つ投手に成長してほしいものです…!

Sponsored Link

鴨打瑛二の創成館での起用法にみる可能性

鴨打瑛二投手を指導する創成館のは稙田龍生(わさだ たつお)監督なのですが、稙田監督は選手を大切に育てるため1年生を早くから登板させることは基本的にはしない監督です。

2018ドラフトで阪神に指名された左腕・川原陸投手も2018春のセンバツ甲子園でチームをベスト8に導いた逸材でしたが、投手として起用されたのは2年生春のことでした。

一方で鴨打瑛二投手は1年春からマウンドに上がっており、ここにもポテンシャルの高さと監督の期待が伺えますよね。


中学時代から超大型左腕として進路に注目が集まる投手でしたし、高校でも早い段階からマウンドに上がる経験は今後の成長に大きな影響を与えるでしょう。

同じ2019新入生としては最速147キロの仙台育英・笹倉世凪投手やU15日本代表の横浜・金井慎之介投手ら各地の好左腕も話題になっていますから、鴨打瑛二投手もぜひ長崎の代表として甲子園のマウンドを踏んでほしいですね!

2021ドラフトにも注目のサウスポーの成長に期待して、今後も追い掛けていきたいと思います。

参考:金井慎之介(横浜)の球速はまだ伸びる|中学時代に完投0の理由が凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック