2020ドラフト投手

小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|ドラフト注目の怪物右腕

2019春のセンバツ甲子園で自己最速の147キロをマークし、全国の注目を集めた智弁和歌山の小林樹斗(読み方は「こばやし たつと」)投手。

2年生ながらポテンシャルの高さを見せつけた将来が楽しみな右の本格派ですが、入学時には球速よりも制球力が評価されていたといいます。

当時は130キロほどだったことを考慮すると、1年間での球速の伸び方が尋常じゃないですよね…!

2019夏の甲子園でもその球威は注目を浴びており、新チームではエースとしてドラフトにも期待がかかる世代屈指の本格派です。

中谷仁監督もそのポテンシャルを「チームNo.1」と絶賛する逸材・小林樹斗投手について特集してみました。

小林樹斗は出身の松洋中学では二番手だった

2019春のセンバツで150キロに迫る速球を投げ込み話題となった、智弁和歌山の小林樹斗投手。

これから更に注目を集めていくピッチャーであることは間違いなく、2020ドラフトにも期待がかかります。

一体どこまで伸びるのかが本当に楽しみな逸材ですが、中学時代にはエースではなかったんですよね。

出身の美浜町立松洋中学では軟式野球でプレーしており、立花投手に次いでマウンドに上がる立ち位置でした。


いわゆる「二番手」だったわけですが、そんな時代があるからこそでしょうか。

ハングリー精神をものすごく感じる選手なんですよね。

トレーニングをする際には自身が投げて敗れた試合を再度視聴して、悔しい気持ちを忘れないようにしているとのエピソードも負けん気の強さが全面に表れています。

甲子園の激戦を勝ち進んでいくために必要なのは技術だけでないことは言うまでもなく、前チームのエースでU18日本代表も経験した池田陽佑投手に負けない成長に期待です!

参考:智弁和歌山・池田陽佑の中学時代の球速は?ドラフト候補に急成長の理由も

Sponsored Link

智弁和歌山・小林樹斗の球速の伸び方が異質すぎる

ドラフト注目の右腕に成長

中学時代から大きく成長を遂げている小林樹斗投手ですが、やはり注目を集めるのは自慢のストレートでしょう。

球速150キロに迫るボールを投げ込み、ドラフト注目の本格派に成長しています。


2019春のセンバツ甲子園で球速147キロを記録した背景には、重点的におこなった下半身のトレーニングがありました。

上半身に頼って投げていた1年時の投球から一皮むけるためにウエイトトレーニングを増やしたほか、大きな負荷をかけながら投球フォームをとることで体重移動もスムーズになったそうです。

また小林樹斗投手においては高校野球ファンから「明らかに身体つきが変わった」との声も多く、一目でわかるほど体格が大きくなったんですよね…!

2019春のセンバツ甲子園では身長181cm体重78kgとがっしりとした体格でマウンドに立ちましたが、なんと一冬で10kgの体重増に成功。

身長も高校入学時と比べて5cm以上伸びているとのことで、どこまで成長を遂げるのか目が離せません。

この世代は東海大菅生・藤井翔投手や木更津総合・篠木健太郎投手ら本格派右腕がたくさんいるため、甲子園での投げ合いが本当に楽しみです。

参考:篠木健太郎(木更津総合)の球速は全国区|中学の東日本選抜はダテじゃない

Sponsored Link

球速150キロ超えは通過点

小林樹斗投手は線が細い投手の印象を完全に払しょくしただけでなく、1年秋と2年春で平均球速が5キロ以上もアップするという見事な変貌を遂げています。

現在もなお伸び盛りであることを考慮すると、今後150キロの大台を突破することも極めて現実的な話ですね…!


常時130後半~140前半をマークするようになった球速について本人も「秋とは見える世界が変わった」と話していますし、体格の変化だけでなく自信の面でも一回り大きくなったといえます。

それにしても、高校入学から1年で体格・球速ともに伸び方が群を抜いていますよね…!

世代を代表するトップバッターの細川凌平選手や1年生から四番を務める徳丸天晴選手ら野手も逸材揃いですから、智弁和歌山の躍進が非常に楽しみです。

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|一年で四番は15年ぶりの快挙

Sponsored Link

智弁和歌山・小林樹斗を中谷監督が絶賛するワケ

急成長を遂げる本格派右腕に対して、中谷仁監督もそのポテンシャルの高さに太鼓判を押しているわけですが、ストレートの球速以外にも小林樹斗投手は強みがあります。

球種にも注目|高速フォークが凄い

ストレートが高校トップレベルであることはもちろん、変化球のキレを見てもピッチャーとして非常に優れているんですよね。

スライダー・カーブ・フォークを主に投げ分けているわけですが、本格派らしくストレートで押したあとのフォークは目を見張るものがあります。

球速が130キロを超えており、いわゆる「スプリット」のように高速で落ちるボールは高校生レベルでは攻略が難しいでしょう。

過去に打ち込まれた際には追い込んでからの決め球が甘くなったことを課題として挙げていましたから、今後さらに磨きがかかることと思います。

Sponsored Link

負けて強くなる資質

小林樹斗投手は随所でスケールの大きさを感じさせるピッチャーなのですが、絶賛される理由として、やはりハートの強さも見逃せないと思います。

「負けて強くなる」というのは選手として将来性に大きく影響する部分ですし、その点、小林樹斗投手は本当にこれからが楽しみなんですよね。


2019春のセンバツ甲子園では明石商業戦でプロ注目の来田涼斗選手にサヨナラホームランを許したものの「あの敗戦すら小林樹斗の成長にとって必要なものだった」と思わせてくれるような活躍に期待してしまいます。

これまで規格外の成長を遂げてきた背景を考慮すると、「150キロ」や「ドラフト」といった形では表現できない期待感がありますし、ライバル視している明石商・中森俊介投手との投げ合いが実現すれば間違いなく高校野球ファンを釘付けにするでしょう…!

好左腕・矢田真那斗投手らとチームを引っ張ってほしい存在ですから、小林樹斗投手が見せる快投にワクワクしつつ、今後の成長を応援していきたいと思います。

参考:矢田真那斗(智弁和歌山)はキレが凄い|中学で県選抜左腕の投球術に注目

Sponsored Link

ドラフト注目の小林樹斗はエースとして存在感

世代トップクラスの右腕に成長を遂げている小林樹斗投手ですが、2019秋からは智弁和歌山のエースとしても活躍に期待がかかります。

ドラフト注目投手だけに全国的に警戒される存在であることは間違いなく、その中でどんな投球を見せるか、真価が問われる戦いになりますね!

池田泰騎投手中西聖輝投手らも含めた投手陣の柱として、プレッシャーがかかる中で精神的にも一回り大きく成長してほしいものです。

参考:池田泰騎は智弁和歌山の甲子園優勝に間違いなく必要な投手だと思う