2020ドラフト野手

細川凌平(智弁和歌山)はドラフト上位|中学でも日本代表の俊足強打

言わずと知れた名門・智弁和歌山で1年から試合に出場していた細川凌平(ほそかわ りょうへい)選手。

2019夏の甲子園でもホームランを放って全国を沸かせましたが、持ち前の俊足を武器にドラフトにも期待がかかる逸材です。

京都東山ボーイズに所属していた中学時代には日本代表に選出され、世界一も経験しているんですよね…!

新チームからはキャプテンとしてチームを引っ張る、智弁和歌山の細川凌平選手を特集してみました。

智弁和歌山・細川凌平の出身中学は嵯峨中学

中学時代は京都東山ボーイズ

細川凌平選手は京都市立嵯峨(さが)中学の出身で、野球では京都東山ボーイズに所属していました。

主力として活躍していた実力が認められて、中学3年時には日本代表に選出。

当時から優れた打撃センスと俊足は、同世代の中でもトップクラスの逸材でしたね!

日本代表でも主力として活躍

また、日本代表として挑んだ2017世界少年野球大会では、不動の一番打者としてチームを牽引。見事、世界一に輝いています。

決勝トーナメント準決勝では三塁打も記録しており、「天才」と称される打撃センスを遺憾なく発揮しました。


このときのチームメイトには同じくドラフト注目の作新学院・横山陽樹選手や、大阪桐蔭のエース・藤江星河投手らがいましたね。

細川凌平選手も間違いなくこの世代を引っ張っていくプレイヤーですから、U18日本代表などでの活躍も期待しています。

参考:藤江星河(大阪桐蔭)は球速以上のキレ|ドラフト注目の中学日本代表

Sponsored Link

ドラフト注目の細川凌平は打撃センスが凄い

2019夏の甲子園でもホームラン

抜群の打撃センスを誇る智弁和歌山の細川凌平選手ですが、長打も打てる点は大きな強みと言えるでしょう。

2019夏の甲子園・明徳義塾戦で放った勝ち越しのスリーランホームランは、全国の高校野球ファンを震わせましたね!


身長174cm・体重75kgと身体も格段に大きくなっているほか、芯で捕らえる技術は素晴らしいものがあります。

優れたバットコントロールで魅せる横浜・度会隆輝選手らと並んで、世代トップクラスの左打者と言えるでしょう。

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

ミートの巧さも抜群

前チームから上位打線で主力として活躍していた細川凌平選手は、ミート力の高さも見逃せません。

コースによって左右に打ち分ける技術を持っているバッターですし、変化球への対応力も非常に高いものを持っています。


追い込まれた打席でもタイムをかけて自分の「間」をつくり、ヒットで出塁するあたりが本当に素晴らしい選手ですね…!

プロで活躍する西川遥輝選手(日本ハム)を彷彿とさせるものを感じますし、今後も智弁和歌山打線の中心として注目を浴びることは間違いないでしょう。

Sponsored Link

智弁和歌山・細川凌平は身体能力もドラフト注目

50メートル5秒台の俊足

2020ドラフト期待の智弁和歌山・細川凌平選手ですが、プレーの随所に光る身体能力の高さにも注目です。

特に50メートル5秒8の俊足は素晴らしく、外野の間を抜いた打球で1つ先の塁を陥れる走塁センスはチームに勢いを与えますね!


ちなみに細川凌平選手の俊足は中学時代にルーツがあり、京都東山ボーイズでプレーする傍ら、陸上部にも所属していたんだとか。

この時期の鍛錬があってこそ身に付いた俊足ということで、努力の男だという背景も、いち高校野球ファンとしてはたまりません。

四番に座る徳丸天晴選手ら、バッティングの良い選手が並ぶ智弁和歌山打線においても、細川凌平選手は欠かせない存在ですね…!

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

Sponsored Link

守備範囲の広さと強肩も

攻撃面でのポテンシャルに加えて、細川凌平選手は守備面でも能力の高さが評価されています。

俊足を活かした一歩目の速さが外野手としての武器になるのは間違いなく、ハイレベルな守備力を持つ細川凌平選手がセンターにいるのはピッチャーとしても非常に心強いでしょう。


中学時代に遠投93メートルをマークした強肩は既に100メートルオーバーの成長を見せていますし、小林樹斗投手矢田真那斗投手ら強力な智弁和歌山投手陣も、バックがしっかりしているのは大きな後ろ盾になるでしょう。

攻守に魅せる細川凌平選手は甲子園のスターになる資質は十分ですので、今後も活躍を追っていきたいと思います。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

細川凌平はキャプテンとしての成長ぶりも注目

ここまで智弁和歌山・細川凌平選手について見てきて、攻守にハイレベルな選手であることはもはや疑いようがありません。

間違いなく、2020年のドラフトでの指名を検討する球団も多いでしょう。

ただ、細川凌平選手の魅力はプレー以外の面にもあるんですよね。

気迫を全面に出したプレーがチームに与える影響は計り知れないものがあると思いますし、劣勢の場面でも声を出してチームを鼓舞する姿勢には頭が下がります。


ドラフト2位で楽天入りが決まった前チームのキャプテン・黒川史陽主将から引き継いだ魂は、これからの智弁和歌山を強くしてくれるでしょうね…!

また、グラウンドでのプレーすべてが画になる点も素晴らしく、プレーに自信が漲っているというか、見ていて何かを期待してしまう選手ってなかなかいません。

キャプテンとしても選手としても更に成長してくれるでしょうから、この先も楽しみに、細川凌平選手を追い掛けていきましょう!

参考:智弁和歌山・黒川史陽は中学でも関西一|ドラフト注目主将は野茂ジャパン

Sponsored Link

ドラフト注目の細川凌平は内野手にコンバート

2020ドラフト注目の野手として期待が高まる細川凌平選手ですが、2019秋の近畿大会後からショートのポジションに挑戦していることがわかりました。

コンバートで内野の守備に就くのは中学3年以来になるものの「ショート一本で勝負する」とのコメントを残していますね!


2020ドラフトでのプロ入りを目指す上で、引き出しの多さは武器になりますし、智弁和歌山としても精神的支柱が内野に入る意味は大きいように感じます。

堅守が持ち味の平田晃将選手をはじめ内野陣のレベルアップが図れる一方で、外野で新たに台頭してくる選手にも期待ですね…!

細川凌平選手の向上心を考えると、これから並々ならぬ練習量でレベルアップしてくるでしょうから、内野手としての活躍も追い掛けていきたいと思います。

参考:平田晃将(智弁和歌山)は攻守に存在感|中学は和泉ボーイズで関西選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック