2020ドラフト野手

度会隆輝(横浜)はドラフト注目|骨折の怪我から復帰の天才打者

元ヤクルトの度会博文選手を父親に持つことでも注目の、横浜高校・度会隆輝(わたらい りゅうき)選手。

元プロ野球選手の父親に関して話題に挙がることは当然かとは思うのですが、そんな背景も霞んでしまうほど左の好打者として実力がずば抜けているんですよね。

佐倉シニアの主力選手だった中学時代にはU15日本代表の三番打者として国際大会の舞台でMVPも受賞していますし、1年生で出場した2018夏の代打成績は6打数6安打と神懸かり的な活躍を見せました。

またテレビ番組「炎の体育会TV」に出演した際にはプロでも困難な企画で成功を収めるなど、巧みなバットコントロールは横浜・平田監徹督も「天才的」と称すほど。

骨折の怪我を乗り越えて2020ドラフトで一巡目も十分にありえる、度会隆輝選手について特集してみました。

度会隆輝の小学はヤクルトスワローズジュニア出身

父親が元ヤクルトの博文さん、兄が拓大紅陵では主将も務めた現中央学院大学の基輝(もとき)さんと、野球一家で育った度会隆輝選手は3歳から野球を始めました。

父がプロ野球選手だったことはもとより、兄の基輝さんも高校通算30ホームランの長距離砲ということで、家族の影響を多分に受けて育ったことが伺えます。

度会隆輝選手は地元・市川の柏井小時代には東京北砂リトルでプレーし、6年生となった2014年にはヤクルトスワローズジュニアに選出。

内野手として背番号1をつけて活躍していますから、当時からその野球センスは素晴らしいものがあったことがわかりますね。

Sponsored Link

度会隆輝は中学時代に日本代表でMVP

出身は中学の強豪・佐倉シニア

下貝塚中に進学してからは強豪・佐倉シニアに所属していた度会隆輝選手ですが、このときの佐倉シニアが逸材揃いだったことも度々話題に挙がっています。

ジャイアンツカップを制するなど、中学トップレベルのチームでしたからね…!

2019春の時点で高校通算40本に迫る勢いの長距離ヒッター・西川僚祐外野手(東海大相模)や、勝負強いバッティングと鉄壁の守備でセンバツでも注目を浴びた角田勇人遊撃手(習志野)ら、スカウト注目の選手がズラリと並んでいました。

その中心選手として三番に座っていた度会隆輝選手が、いかに優れた選手であったかは言うまでもありません。


3年生時には春の全国大会で優勝、夏も準優勝と申し分ない成績を残しているほか、2年生からレギュラーとして主軸を務めたバッティングセンスは「超中学級」の呼び名に相応しいものだったと言えます。

参考:角田勇人(習志野)にスカウトも熱視線|勝負強さ光る打撃の強肩ショート

侍ジャパンでは打率6割超でMVPに

その実力は全国的にも認められており、度会隆輝選手は中学時代にU15日本代表に選出されます。

2017年11月に行われたアジアチャレンジマッチでは侍ジャパンの三番に座り、11打数7安打と6割3分6厘の打率を残して大会MVPに輝いていますし、世代トップクラスの逸材は大舞台で魅せますね…!

また6打点を挙げている勝負強さも度会隆輝選手の持ち味で、鋭い打球を飛ばす打撃センスはもちろん「物怖じしないメンタル」も大きな魅力と言えるでしょう。

Sponsored Link

横浜・度会隆輝の2020ドラフトは上位指名確実

横浜高校でも1年春からベンチ入りを果たした度会隆輝選手は、2020年のドラフトにも早くから期待がかかっています。

高校生野手としてスカウトが注目していることは言うまでもないですが、一部では「ドラフト1位指名もある」と目されている通り、それが実現したとしてもまったく驚かないと思うんですよね…。

そんな度会隆輝選手の注目ポイントは大きく3つです。

卓越したバットコントロール

度会隆輝選手の持ち味としてやはり高い打率を誇るバッティングが挙げられますが、どのコースもヒットに出来る対応力は群を抜いています。

特にバットコントロールが非常に上手く、難しいコースをいとも簡単に弾き返すバッティングは横浜高校でも多々見受けられますね。


2018夏には南神奈川大会3回戦から甲子園1回戦まで代打で6打数6安打の結果を残し「試合に出たら必ず打つ」と話題になっていましたね。

また「打率10割」にストップをかける三振を喫した相手が、2回戦で対戦した金足農の吉田輝星投手(日本ハム)だったことも今後語られるエピソードになりそうです…!

内角低めのストレートをライト線に引っ張ったり、体勢を崩されながらも外角球をセンター前に運んだり。

2018秋の神奈川大会でも4割を超える打率を残して優勝に貢献するなど、毎試合マルチヒットが期待できる左打者といえます。

Sponsored Link

ホームランを打てる長打力も

身長180cm体重76kgの体格で高いアベレージに注目が集まりがちではあるものの、それに加えて度会隆輝選手はホームランも打てる力があるんですよね。

神宮球場の中段まで運んだこともありますし、2019春の戦いだけを見ても長打力を存分に見せつけています。

特に香川招待試合の高松商業戦での一撃はものすごい破壊力でした…!


ギリギリまで引き付けて打てるのはスイングスピードが速いことの裏返しとも言えますし、長打力も併せ持つアベレージヒッターが三番に座るのは相手バッテリーとしては脅威でしかないでしょう。

どのコースでもフルスイングが出来るのはタイミングを合わせる技術に長けていることの証明でもありますから、度会隆輝選手の場合、初球から強く振れるのは単に「思いきりの良さ」だけではないようにも思います。

2019夏の甲子園で2打席連続ホームランを放った星稜・内山壮真選手も右の強打者として2020ドラフトが注目されていますが、度会隆輝選手はそれにまったく引けを取りませんね!

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

ドラフト注目の横浜・度会隆輝は打撃だけじゃない

ここまで持ち味のバッティングについての魅力をお伝えしましたが、それだけでは終わらないのも度会隆輝選手の凄いところです。

50メートル6秒0のスピードも兼ね備えており、長打が多い理由としては俊足も一役買っていますね。

シングルヒットでも、外野手が緩慢なプレーを見せた際には一気に二塁を陥れてしまうような脚力があります。

さらに守備の面でも遠投105メートルを記録する強肩を誇っており、走攻守に隙のないプレイヤーとして将来を期待せずにはいられません…!

怪我の悔しさも知る選手だけに、高校最後となる2020シーズンの躍動にも大いに注目です。

Sponsored Link

横浜・度会隆輝は骨折の怪我から再び甲子園なるか

攻守に将来性を感じる、ドラフト注目の横浜高校・度会隆輝。

さらに高みを目指して高校球界を代表するバッターに成長してほしいですし、それが十分に可能な選手でもあります。

2019春のセンバツ甲子園では明石商業の強打者・来田涼斗選手が大ブレイクしましたが、度会隆輝選手は大会前に右足首を骨折してフル出場できなかったんですよね。

骨折の怪我を負ったことはもとより、チームに貢献できなかった悔しさは今も胸に残っていることでしょう。

打撃センスが全国的にまた話題になることは間違いない好打者ですので、怪我には気を付けてあのときの悔しさをぜひ甲子園で晴らしてほしいものです。

参考:来田涼斗がスカウトに注目されるべき理由|豪快ホームランの柳田二世

Sponsored Link

度会隆輝は体育会TVでも自慢の打撃を披露【動画有】

最後におまけとして、佐倉シニア時代に出演した「炎の体育会TV」での模様をご覧ください。

制限時間100秒で15枚の的を打ち抜く「ヒットTheターゲット」を見事に成功させ、ここでもバットコントロールの上手さを見せつけました…!


青木宣親選手(ヤクルト)や秋山翔吾選手(西武)ら、日本を代表するヒットメーカーでも達成できなかったことを中学時代にやってのけるあたり、度会隆輝選手の大物ぶりが伺えますね。

2020ドラフトにも期待して、今後の成長を楽しみに応援していきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック