2020ドラフト野手

角田勇斗(習志野)はドラフト期待|中学から世代トップクラスの遊撃手

習志野高校の角田勇斗(かくたゆうと)遊撃手がスカウトから注目を浴びています。

1年の2918夏からレギュラーとして出場しており、強肩を活かした守備には元々定評がありました。

加えて、2019春のセンバツ甲子園ではチャンスに強いバッティングも披露。チームの快進撃を支える素晴らしい活躍を見せています。

中学時代には佐倉シニアでジャイアンツカップの優勝経験を持つなど、2020年のドラフトにも期待がかかる角田勇斗選手について見ていきましょう。

角田勇斗は小中学時代から世代トップクラス

ドラフト注目の習志野・角田勇斗選手ですが、小学生の頃には千葉ロッテマリーンズジュニアにも選出されていました。

船橋市立法田中学に進学後は、野球では強豪の佐倉シニアに所属。

その佐倉シニアでは一番・ショートで主力選手として活躍し、2017年リトルシニア全国選抜野球大会やジャイアンツカップで優勝を収めるなど華々しい成績を収めています。


入学早々に行われた2018春季関東大会の準々決勝・日大三高戦では、一番ショートでスタメン出場を果たしていますし、そのポテンシャルの高さは高校球界でも十分に通用したことを証明していますね!

ちなみに佐倉シニア時代の同期には東海大相模・西川僚祐外野手や横浜・度会隆輝内野手ら、ドラフト候補がズラリ。全国制覇を果たすのも納得ですよね…!

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

習志野・角田勇斗は堅守でドラフト期待

遠投100メートルの強肩ショート

早くも2020年のドラフト候補として名前が挙がっている角田勇斗選手には、すでに巨人のスカウトがコメントを残しています。

「2年生だけど、ショートの動きがよかった。三遊間、二塁ベース上、両方の動きがいい。スローイングの動きも小さい。楽しみ。」

遠投100メートルと強肩で、50メートル6秒4の俊敏性も兼ね備えているんですよね!

身長174cm・体重68kgとやや小ぶりな印象を受けるものの、近江・土田龍空選手らと並んで高校トップクラスのショートと言えるでしょう。

参考:近江・土田龍空の守備はプロ級|好捕連発のグラブさばきを名将が絶賛

西武・源田や広島・小園を研究

ちなみに2019春のセンバツ一回戦・日章学園戦では、五回の守備でも魅せました。

セカンドベース寄り、目の前でイレギュラーしてポンッと跳ねた打球を難なくさばき一塁へ送球。

こういった何気ないことが当たり前にできるあたりもセンスを感じさせる角田勇斗選手ですが、守備力アップの背景には自身の苦い経験があったと言います。

2018秋の関東大会準決勝で桐蔭学園と対戦した際、1試合で3つの失策を記録しチームも敗退。センターラインを務める選手としての責任感もあったのでしょう。

ここから西武の源田選手や、2018ドラフト1位で広島カープに指名された小園海斗選手(報徳学園)らの動画を観て守備の研究を重ねたそうです。


強化練習では1日300球のノックを受け続けた努力の結晶は、高校野球ファンの目に焼き付けられたことと思います。

ポジションにつく姿が画になる選手ですしフットワークには今後さらに磨きがかかるでしょうから、プロ顔負けの堅守で甲子園を沸かせてほしいですね!

Sponsored Link

ドラフト期待の習志野・角田勇斗は打撃も注目

得点圏での勝負強さ

高い守備力が評価されている角田勇斗選手は、バッティングでも野球センスをいかんなく発揮しています。

習志野打線の中心選手として、勝負強いバッティングは見逃せません。


2019秋の千葉大会準決勝・木更津総合戦でもサヨナラのタイムリーヒットを放っていますし、勝負強い打撃は相手ピッチャーにとっても脅威でしょう。

ドラフトの目玉・奥川からもヒット

さらに角田勇斗選手は、2019センバツ二回戦では石川の強豪・星稜高校戦でも魅せました。

1対1で迎えた7回、二死二塁の場面で打席には角田勇斗選手。

ドラフト注目の150キロ右腕・奥川恭伸投手を相手に何としても勝ち越し点が欲しい場面で、追い込まれたあとの変化球をとらえた当たりはサードを強襲して決勝点に。

記録としてはサードのエラーとなりましたが、二塁ベースにヘッドスライディングしたあとのガッツポーズには身震いさせられました…!

またタイムリーヒットで吠える場面が見られることを期待しましょう!

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

Sponsored Link

角田勇斗は習志野を引っ張る存在としても注目

躍進を続ける習志野には、櫻井亨佑一塁手和田泰征三塁手ら強打者が並びます。

その逸材揃いの中で角田勇斗選手がチームを引っ張る存在であることは間違いないですし、2019秋からは主将としても先頭に立っています。

また、愛用するグラブには「日本一のショート」の刺繍を入れており、同じ文字をグラブに刻んでいた小園海斗同様に高校球界一のショートになる気概も十分。


この先も習志野の快進撃に期待するとともに、成長し続ける角田勇斗選手の活躍を応援していきましょう。

参考:習志野・櫻井享佑に感じる四番の資質|祖父への想い胸に大きく羽ばたけ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック