2020ドラフト野手

習志野・櫻井享佑はドラフト注目|ホームラン量産で覚醒のスラッガー

人気・実力ともに全国トップクラスの習志野で、2年生から四番を務めている櫻井享佑(さくらい こうすけ)選手。

新チームとなった2019秋にも長打を連発するなど、ドラフト注目の左打者への期待は日増しに膨らんでいます。

センバツ甲子園ではその端正な顔立ちからイケメンとしても騒がれていましたが、今後さらに注目度が高くなることは間違いないでしょう。

中学時代には軟式で全国制覇も果たした経験を持つ習志野の四番・櫻井享佑選手について特集してみました。

参考:習志野の2020新入生は?メンバーは投打に粒揃いで将来性に期待!

櫻井享佑は中学日本一|ロッテジュニアでも活躍

2年生ながら習志野で四番を務める櫻井享佑(読み方は「こうすけ」)選手ですが、注目選手であったことは経歴を見ても明らかです。

小学時代には角田勇斗らとチームメイト

小学6年生だった2014年には千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されており、三塁手として全国大会に出場。

このときのチームメイトには同じく習志野でレギュラーとして活躍する注目のショート・角田勇斗選手、セカンド・小澤拓海選手がいますね。このあたりからも習志野が強い理由が垣間見えます。

ちなみにロッテジュニア時代には武藤一邦監督(元ロッテ)から、どんなときでもバットを握っているよう指導を受けたそうで、その教えは今も大切にしているんだとか。

家族との外出中にもバットを持って出歩いていたあたり、実直な性格が表れていて素晴らしいですね…!

参考:角田勇人(習志野)にスカウトも熱視線|勝負強さ光る打撃の強肩ショート

中学時代は県選抜の一番打者

櫻井享佑選手の出身は下総みどり学園中学で、中学時代には軟式でプレーしているのですが、中学3年生時には千葉県選抜に選出されました。

このときは外野手としてセンターを務めており、全国優勝を経験。一番打者を務めていますから、打撃技術は当時から高く評価されていたことがわかりますね!

現在はファーストでの出場が多いですが、守備も高く評価されているのは小中と色んなポジションを守ってきた経験も大きいように感じます。

Sponsored Link

ドラフト注目の習志野・櫻井享佑はチャンスに強い

身長180cm・体重74kgの体格で高いポテンシャルを持ち、注目されている櫻井享佑選手は、習志野でも1年生秋からベンチ入りして実力を発揮しています。

2018秋の関東大会では初戦の桐生第一戦で2安打した勢いそのままに、準々決勝・東海大甲府との対戦では2安打4打点の大活躍。チームのベスト4入りに大きく貢献しました。

体の開きが早くなってしまうスイングを修正するためにバッドを振り続けた姿勢には、ロッテジュニア時代の教訓が活かされているようにも感じます。

また、この関東大会ではレフトで出場し活躍を見せたものの、千葉県大会では出場の機会がなかったんですよね…!

ベンチでの悔しい想いをすぐさま結果に繋げているあたり精神力が見事だと言わざるを得ませんし、結果で存在感を示したことが何より素晴らしいことだなと。

関東大会での打順は七番でしたが、一冬越えてのセンバツ甲子園では四番。小林徹監督も勝負強さを高く評価していることがわかります。

Sponsored Link

習志野・櫻井享佑は甲子園のホームランで全国区に

明豊戦のホームランには名将も唸る

習志野の四番として存在感を示している櫻井享佑選手ですが、やはり全国区になったのは2019春の選抜甲子園での活躍でしょう。

ドラフト注目の星稜・奥川恭伸投手(現ヤクルト)からは2安打を放ったほか、準々決勝・明豊戦での勝ち越しホームランは高校野球ファンを大いに熱狂させてくれましたね!


このライトスタンドへの一発は何度見ても本当に見事で、櫻井享佑選手を語る上では欠かせないホームランでしょう。

横浜高校の元監督・渡辺元智さんも「ソフトバンクの柳田選手を彷彿とさせますね!」と絶賛していましたし、大事な場面での一発は十分すぎるほど四番としての仕事を果たしたと言えます。

Sponsored Link

ポーカーフェイスが爆発させた喜び

また、このホームランは勝ち越し点を呼び込んだだけではありません。

普段はポーカーフェイスの櫻井享佑選手がダイヤモンドを回る間にガッツポーズを繰り返しており、喜びを爆発させているんですよね。

もちろん試合展開として貴重な一点だったことは間違いないですが、ホームインした後の習志野ベンチの盛り上がり方には感動すら覚えました。

櫻井享佑選手の一振り、そして振る舞いがチームメイトを奮い立たせたことを考えると、これほど素晴らしいものはないのではないでしょうか。

試合後のインタビューからも、チームの勝利を強く意識していることが感じられます。


チームに勢いを与えられるのは日頃の練習態度やチームメイトからの信頼など、色んな要素が積み重なってのものだと思いますし、四番に座る資質がある選手だと強く感じます…!

習志野の中心選手として、再び甲子園を沸かせてくれることが非常に楽しみですね。

Sponsored Link

習志野・櫻井享佑は覚醒でドラフトへ

強打者として前々から注目を浴びていた櫻井享佑選手ですが、2019秋の猛打は覚醒を感じさせるものがありました。

千葉大会、関東大会と当たりに当たっており、主砲としての役割は十分すぎるほどに果たしていましたね!

関東大会準々決勝の東海大相模戦では敗れはしたものの、ホームランを含め、5打数3安打4打点の大活躍。

このバッティングを見た高校野球ファンからは「世代トップクラスの打力」とも言われていますから、これからますます人気は高まりそうですね!

Sponsored Link

ドラフト期待の櫻井享佑は祖父への想いも胸に戦う

最後に、櫻井享佑選手に大いに感動させてもらったエピソードを紹介させてください。

センバツ甲子園で輝きを見せた櫻井享佑選手は、中学時代にいつも応援に駆けつけてくれた祖父・堀越一代さんへの想いを持ってグラウンドに立っていたとのこと。

孫の大舞台での活躍を心待ちにしていた祖父の想いを聞かされた櫻井享佑選手は、通夜で大粒の涙を流しながら「甲子園で打って恩返しする」と誓ったそうです。

そのバッドで感謝の気持ちを体現した、有言実行の姿には胸にこみ上げるものがありますね。

勝利への執念や祖父への感謝など色んな想いが詰まったホームランだったと考えると、より一層あのホームランが素敵なものに感じられます。

31日の準々決勝で接戦を制し初の4強入りを決めた習志野(千葉)の桜井亨佑(こうすけ)選手(2年)は、センバツ出場決定から間もなく他界した祖父の堀越一代(かずしろ)さん(享年79)に活躍を誓い打席に入った。「打っておじいちゃんの期待に応えたい」。いつも手紙で励ましてくれた祖父への思いを胸に、準決勝を見据えた。
引用元:センバツLIVE

そし改めて感じたのは、大切な人のために戦う選手は強いなと。

元メジャーリーガーの西岡剛選手(現栃木)も「誰かのためにプレーする選手はどこまでも強くなれる」と語っていましたが、それが彼女であれ家族であれ、大切な人の存在が球児を強くさせるのだと櫻井享佑選手のエピソードからはそんなことを思いました。

一代さんへの想いが色褪せることはないと思いますし、左の強打者がこれから成長していく上で、胸の内に秘めたものが支えになることは間違いありません。

ぜひまた甲子園で頼もしい姿を披露して、最高の笑顔を見せてほしいものです…!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック