2020ドラフト野手

来田涼斗がドラフト上位の理由|大阪桐蔭より明石商業を選んだ強さとは

甲子園での活躍で注目を集めている兵庫・明石商業の来田涼斗(きた りょうと)外野手。

1年生の春から一番を務めている実力は折り紙付きで、どこまでのバッターになるのか伸びしろにも期待大です。

俊足強打の外野手としてスケールが大きな選手で、2020ドラフトでも上位指名確実とまで言われているんですよね!

大阪桐蔭の誘いを蹴った理由なども含め、明石商業の来田涼斗選手について特集してみました。

来田涼斗はずば抜けた打撃センスでドラフト注目

1年生春に大阪桐蔭・根尾からヒット

明石商業・来田涼斗選手の魅力を語る上で、真っ先に出てくるのがバッティングです。

身長179cm・体重83kgとどっしりとした体格で、この強打者が初回の先頭から左打席に入るのは相手ピッチャーには恐怖でしょう。

1年生だった2018春季近畿大会では一番・レフトでスタメンとして出場。

大阪桐蔭・根尾昂(中日)から1安打を放つなど、入学早々からそのポテンシャルの高さを見せつけました。


また2018夏には一番打者としてレギュラーに定着して全6試合に出場。甲子園初戦でも2安打を記録しており、上級生顔負けのプレーを見せています。

当時の明石商業野球部には129人の部員がいたそうで、この中から1年生がレギュラーを勝ち取るって相当ですよね…!

狭間善徳監督も「1年生から一番はなかなかいない」と話しているように、異例のレギュラー奪取からも逸材っぷりが見てとれます。

広角に打ち分けるミート力

また来田涼斗外野手のバッティングは、広角に打ち分けるミートセンスも光ります。


ヒットにこそなりませんでしたが左中間の深いところへも打球を運んでいますし、1年生とは思えない打席での存在感がありますよね。

ソフトバンク柳田選手に憧れて研究しているとのことで、好きな言葉は「豪打一振」。

これほどスケールが大きなバッターをスカウト陣が見逃すはずがないので、今後の反応が楽しみです。

Sponsored Link

明石商業・来田涼斗はホームランも打てる

ドラフト期待のパンチ力

先頭打者の左打者と聞くと俊足巧打のイメージを浮かべる人も多いと思いますが、来田涼斗選手は良い意味でその先入観を壊してくれます。

2018秋季近畿大会の準決勝・智弁和歌山戦で見せたホームランは、売った瞬間にそれとわかる完璧な当たりでしたね!

※1分05秒あたりからの打席でホームランが飛び出します

ファーストを守る選手に注目してほしいのですけど、打球の角度からホームランだと確信して外野を振り返ってすらいないんです…!

これが高校通算14本目のホームランだったとのことで、1年生時の記録としては申し分ないですよね。

東海大相模・山村崇嘉選手も不動の四番として猛打を振っていますが、この世代の強打者たちは本当に楽しみです。

参考:東海大相模・山村崇嘉がホームラン量産|ドラフト注目の打撃センス

Sponsored Link

2019春のセンバツ甲子園で偉業達成

また、来田涼斗選手の凄さを語る上で欠かせないのが2019春の甲子園・智弁和歌山戦でしょう。

この試合で先頭打者ホームランを放ったことに加え、九回裏には劇的なサヨナラホームランも叩き込んだんですよね!


高校野球ファンに与えたインパクトはこの上なく、来田涼斗選手の名前は一気に全国に知れ渡りました。

ちなみにこのときのピッチャーもドラフト注目の智弁和歌山・小林樹斗投手でしたから、この二人の再戦にも期待がかかります…!

余談ですが、このセンバツのあとに来田涼斗選手は、U18日本代表候補合宿を辞退しています。

その理由は、なんと大会前に右手人差し指を骨折していたんですよね…。

ハンデを背負いながらの活躍には驚かされましたし、これほどスケールの大きさを感じさせる野手もそうそういないでしょう。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

来田涼斗がドラフト注目の理由は打撃だけじゃない

50メートル5秒台の俊足

ずば抜けた打撃センスを誇る来田涼斗選手ですが、走攻守・三拍子揃っている点も見逃せません。

50メートル5秒9の俊足は、攻守に迫力のあるプレーを生み出す基盤となっていますね!

この辺りのポテンシャルの高さも柳田二世と呼ばれる所以なのでしょうし、日本随一のバッターと比べられている時点で相当な名誉です。


2019夏にもU18日本代表の候補に名前が挙がっていましたし(甲子園での疲労を考慮して回避)、世代トップクラスの選手であることは間違いありません。

Sponsored Link

外野からの強肩も凄い

また明石商業の来田涼斗選手は、外野で見せる強肩にも定評があります。

遠投は100メートルを超え、2018年秋の近畿大会ではセンターからの見事なレーザービームも見せていました。


明石商業には同じくドラフト注目の中森俊介投手もいますし、間違いなく今後も優勝候補として名前が挙がり続けるでしょうね!

参考:中森俊介(明石商業)の奪三振に注目|ドラフト注目投手の本当の武器

Sponsored Link

明石商業・来田涼斗は1年時からドラフト注目だった

スカウトの評価はこれからドンドン出てくるかと思いますが、来田涼斗選手のバッティングは1年生の頃からドラフト候補として注目されていました。


日刊スポーツの「日刊スポーツが選ぶ全国ピカイチ打者56人」という特集に1年生で唯一、名を連ねているんですよね。

2年生ですらほぼ皆無の中、大阪桐蔭・藤原恭大(ロッテ)選手や根尾昂選手と共に掲載されているのは見事としか言いようがありません。

2019夏の甲子園でも間違いなく大会TOP10に入る打者だったと思いますし、横浜・度会隆輝選手や東海大相模・山村崇嘉選手らと並んで世代を代表する左打者と言えるでしょうね!

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

来田涼斗が大阪桐蔭より明石商業を選んだ強さ

ドラフト注目の明石商業・来田涼斗選手について特集してきましたが、明石商業を選んだ際のエピソードも見逃せません。

小学時代にはオリックスジュニアを経験し、中学で神戸ドラゴンズに進んだ来田涼斗選手は高校進学時にも強豪校から多数の声が掛かる有名な選手でした。

それこそ大阪桐蔭や履正社など、名だたる甲子園常連校から28校ものオファーがあったんだとか。

それらを断って明石商業を選んだのは、兄・渉悟さんの存在が大きかったそうです。

取材に対しては「甲子園に行けなかった兄がいた高校を選んだ」と話していますし、兄弟の無念を晴らそうという強い気持ちを感じさせますよね…!

大阪桐蔭は言わずと知れた高校野球界のトップチームですが、自分の意志を貫くあたりからも来田涼斗選手の強さを感じさせます。

ルックスも良くてネット上でも「イケメン」だと話題になっていますから、世代トップクラスの野手として今後も野球ファンを沸かせてくれるでしょう!

Sponsored Link

ドラフト注目の来田涼斗は主将として明石商業を牽引

ドラフト注目の来田涼斗選手は、2019秋から新チームの主将を務めることになりました。

実力は申し分ないだけに、名実ともにチームを引っ張るポジションになり、更なる成長を見せてくれるでしょうね!


2019秋の兵庫大会ではチームバッティングが出来ていないことを理由に「明日には主将が変わってるかもしれない」と狭間善徳監督から苦言を呈されたこともありました。

しかし、これも来田涼斗選手が大きく飛躍するために不可欠なもの。

華麗な守備で魅せる井上隼人選手らチームメイトも素晴らしい選手が揃いますから、主将として明石商業を引っ張る姿にも注目していきましょう!

参考:井上隼人(明石商業)の守備が凄すぎる|打撃でも魅せる注目ショート