2020注目の内野手

平田晃将(智弁和歌山)は攻守に存在感|中学は和泉ボーイズで関西選抜

和歌山の強豪・智弁和歌山で1年の2018秋からベンチ入りを果たしている平田晃将(ひらた こうすけ)選手。

2年の2019秋からレギュラーに定着し、広角に打ち分けられるバットコントロールと、高い守備力で和歌山大会優勝に大きく貢献しました。

中学時代は出身の和泉ボーイズで関西選抜にも選ばれた逸材で、当時から進路が注目されていた選手の一人なんですよね…!

強打の智弁和歌山打線でクリーンナップを担う、平田晃将選手について特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

平田晃将の中学時代は和泉ボーイズで関西選抜

平田晃将選手は堺市立福泉南中学の出身で、中学時代は硬式野球チームの和泉ボーイズに所属していました。

和泉ボーイズでは早くから頭角を現し、チームの中心で活躍。

中学3年時には実力が高く評価され、鶴岡一人記念大会の関西選抜にも選出されています。


現在も智弁和歌山で優れた守備を見せていますが、中学時代から守備力の高さは突出していたといいます。

複数のポジションをこなす器用さもありますし、内野の要としてこれから更に注目度が高まりそうですね!

Sponsored Link

智弁和歌山・平田晃将は鉄壁の守備に注目

攻守に活躍を見せる平田晃将選手ですが、まず高い守備力には大いに注目です。

2019秋の大会でも安定したグラブ捌きを見せており、智弁和歌山の守りに良いリズムをもたらしました。

ファインプレーも飛び出しましたが、相変わらず球際の強さも光りますね!


また平田晃将選手はチームでトップクラスの強肩の持ち主でもあり、1年の2018秋の時点で遠投は103mを記録していました。

その強肩を活かした、三遊間の深い位置からのスローイングも見ものですね!

さらに2018年秋からは「素早く、ミスなく打球を処理できるように」とハンドリングの練習にも取り組んでいて、コンクリートの壁にボールを投げて自分で取る「壁当て」も実践中。

「しんどい練習ほど楽しみたい」とも語っていますし、小林樹斗投手ら強力な投手陣を支える守備力には今後も注目していきたいところです。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|ドラフト注目の怪物右腕

Sponsored Link

平田晃将は智弁和歌山の中軸として期待

強肩を活かした高い守備力だけでなく、智弁和歌山打線の中軸としてもチームに貢献している平田晃将選手。

広角に打ち分ける高いバッティング技術を随所に見せており、上位打線に欠かせない存在となっています。

壮絶な乱打戦となった2019秋の近畿大会準決勝・智弁学園戦では、3打数2安打3打点。

ツーベースを2本放つなど、劣勢の展開のなかで素晴らしい働きを見せました。


壮絶な打ち合いの末に13対17で試合には敗れてしまったものの、持ち前の打撃センスは十分に示したと言えるでしょう。

また2019秋の和歌山大会2回戦・新宮戦では先制となるスリーランホームランを放つなど、パンチ力も秘めているバッターなんですよね…!

身長173cm・体重68kgの体格はまだまだ成長するでしょうし、徳丸天晴選手らと共に智弁和歌山打線の強力クリーンナップを形成してほしいものです。

参考:智弁和歌山・徳丸天晴は中学通算22発|ドラフト期待の四番が凄すぎる

Sponsored Link

平田晃将は智弁和歌山のキーマンの一人

高い守備力と広角に打てる打撃技術で攻守に渡り、活躍を見せている平田晃将選手。

前チームから主力でドラフト注目の細川凌平選手をはじめ、強力打線に警戒が強まる中で、打線に厚みをもたらすためには平田晃将選手の成長は欠かせません。

2019世代の打線と比較して迫力不足との声もありますが、クリーンナップが固まることで一気に打線の雰囲気は変わっていくでしょうしね…!


智弁和歌山の躍進を支える一人として、大いに注目していきたいと思います。

攻守のキーマンに期待しつつ、これからの成長を追い掛けていきましょう。

参考:細川凌平(智弁和歌山)は中学日本代表|ドラフト期待の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック