2020注目の投手

矢田真那斗(智弁和歌山)はキレが凄い|中学で県選抜左腕の投球術に注目

2019夏の甲子園でも好投を見せている智弁和歌山注目の左腕・矢田真那斗(やた まなと)投手。

最速140キロの速球とキレのある変化球を武器に、見事なピッチングを披露しています。

明徳義塾との一戦で先発マウンドに上がるなど、貴重な2年生左腕として中谷仁監督も期待を寄せていますね!

2019春のセンバツ甲子園ではベンチ入りを外れた悔しさも経験した注目のサウスポー・矢田真那斗投手について特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

矢田真那斗は中学時代に南紀ボーイズで県選抜

智弁和歌山で貴重な左の戦力として期待がかかる矢田真那斗(読み方は「やた まなと」)投手の出身は太地町立太地中学で、和歌山県の南紀ボーイズでプレーしていました。

3年生時には「第6回和歌山県中学硬式野球選手権」の優勝に貢献。発足5年目のチームが初優勝を果たしたということでしたから、南紀ボーイズの新たな歴史を作ったとも言えますね。

特に準決勝では2対0でリードして迎えた6回に、1点差に迫られなおもノーアウト満塁の場面からリリーフし、三者連続三振を奪う快投を見せて度肝を抜きました。

決勝は9対0で圧勝していますから、準決勝のリリーフがいかに重要であったかがわかります…!

変化球には中学時代から自信を持っていたと語る矢田真那斗投手は、県内で19人しか入れない県選抜にも選ばれていますし、キレのあるボールはこの頃から健在だったようですね。

ちなみに同じく南紀ボーイズでバッテリーを組んでいた宇井治都捕手も県選抜に名を連ねていましたが、二人は揃って智弁和歌山へ入学。高校でもバッテリーとしての活躍に期待がかかります。

Sponsored Link

智弁和歌山・矢田真那斗は抜群のキレ【動画有】

センバツ甲子園で147キロを投げ込み話題を呼んだ本格派右腕・小林樹斗投手とは同世代として良きライバル的な存在であるようですが、矢田真那斗投手もこれから全国に名前が知れ渡ることは間違いありません。

最速140キロのストレートも球速表示以上のスピードを感じさせますし、コーナーに決まり始めると捕らえることはなかなか難しいでしょう。

加えて、矢田真那斗投手は変化球も本当に素晴らしいものを持っているんですよね!

特にスリークォーターから投げ込むスライダーは抜群のキレで、左打者にはアウトロー、右打者にはインローにコントロールされており、対戦するバッターとしては簡単に攻略できるボールではありません。

腕の出どころからしても左打者の外角球は相当遠く見えているでしょうし、アウトコースの出し入れができるようになると更にハイレベルな投球になりそうです…!

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

矢田真那斗の安定感は智弁和歌山の大きな武器

智弁和歌山を引っ張っていく存在として期待がかかる矢田真那斗投手ですが、身長179cm・体重71kgの体格がこれから更に大きくなるとより頼もしくなりそうに感じます。

安定感のあるピッチングは大きな戦力になっていますし、キレの良いボールを投げる以外にも見どころが満載の投手なんですよね…!

投球の鍵は制球力

投球スタイルが似ていることから日本ハムのセットアッパー・宮西尚生投手を参考にしていると語る矢田真那斗投手は、自身の生命線として「コントロール」を挙げていました。

主に横の変化で投球に幅を持たせて打者を翻弄していくピッチングですから、いかにコースを突けるかで出来が大きく変化していくでしょうね。


2019秋にもエース級の働きを見せていましたし、急成長を遂げたといっても過言ではないでしょう。

1学年上の先輩・東妻純平捕手からは投げ急ぎを無くすようアドバイスを受けたそうで、間合いを大事にしてコーナーを強く意識するようになってから投球内容がガラリと変わったとのこと。

プレートの横幅を上手に使って投じる右打者のインコースのボールも横の角度があり、胸元をかなり抉ってくる印象なのでサウスポー独特のクロスファイヤーも見逃せません。

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

Sponsored Link

巧みな一塁けん制も

また、矢田真那斗投手はランナーを背負ってからの投球も見もの。一塁へのけん制も非常に上手なのも左ピッチャーとしての魅力の1つです。

高校野球では特に些細なプレーによって流れが一気に変わることは珍しくないですし、均衡した場面で一塁ランナーを誘い出すような冷静さが観られるのではないかと期待しています。

智弁学園の1年生・西村王雅投手も注目の左腕としてこれから全国区になっていきそうですが、負けじと存在感を示してほしいですね…!

参考:西村王雅(智弁学園)は中学関西一の左腕|抜群のキレと度胸は異次元レベル

Sponsored Link

智弁和歌山・矢田真那斗は甲子園で輝いてほしい

ベンチ入りの悔しさも経験

冒頭でもお伝えしたように、好投手として期待がかかる矢田真那斗投手も2019春のセンバツ甲子園ではベンチ入りメンバーから外れる経験もしています。

スタンドから見た仲間たちの姿に悔しさを募らせたであろうことは想像に難くないですし、その後すぐに春の県大会で結果を出しているのが見事だなと…!

甲子園の悔しさを晴らすには甲子園のマウンド以外にないですから、これからの矢田真那斗投手の奮闘がとても楽しみです。

また、持ち味と語るコントロールは元々そこまで自信がなかったそうですが、制球力を武器に串本古座高でピッチャーとして活躍した兄・航大さんを1つの目標に磨いてきたのだと言います。

3歳年上の兄をいつも後ろから見ている中で学んできたことも沢山あるでしょうし、弟の快投を兄・航大さんも心待ちにしているでしょうね!

Sponsored Link

2019夏の甲子園で好投

悔しさを味わった矢田真那斗投手ですが、2019夏の甲子園では見事な投球を見せています。

名門・明徳義塾との一戦で先発マウンドを任され、5回を投げてわずかに1失点。

見事なピッチングでチームの勝利に大きく貢献しました。


センス抜群のトップバッター・細川凌平外野手、1年春から四番に座る徳丸天晴選手、強打で人気の川上珠嵐内野手ら下級生の野手陣も非常に高いレベルの選手が揃っていますから、智弁和歌山の躍進が本当に楽しみです。

今後も甲子園で全国の強打者を手玉に取るピッチングに期待して、注目の左腕・矢田真那斗投手を追っていきたいと思います。

参考:細川凌平(智弁和歌山)は中学日本代表|ホームランもあるセンス抜群打者

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック