2021注目の投手

西村王雅(智弁学園)は中学関西一の左腕|抜群のキレと度胸は異次元レベル

奈良の強豪・智弁学園の1年生左腕・西村王雅(にしむら おうが)投手が注目を集めています。

中学時代には関西一との呼び声高い逸材でしたが、2019春の近畿大会初戦で智弁和歌山を相手に公式戦初登板。

夏の甲子園でも見事なリリーフで試合の流れをガラリと変えるなど、衝撃を与える投球を見せました。

サイド気味の位置から繰り出すボールのキレは抜群で、打席に立つ打者としては138キロを計測した球速以上に速く感じたでしょうね…!

マウンドでの投げっぷりからも今後の活躍が大いに期待される、智弁学園の新星・西村王雅投手について詳しく見ていきましょう。

西村王雅は中学時代に京都シニアで関西選抜

2019春の近畿大会で快投を披露した智弁学園・西村王雅(読み方は「おうが」)投手。

御蔵山スポーツ少年団でプレーしていた西村王雅投手の出身は京都シニアで、中学時代には3年生時にリトルシニア日本選手権でベスト8の原動力となりました。

1年生で四番を務める前川右京選手も2019夏の甲子園で大活躍を見せていましたが、智弁学園の1年生は逸材揃いですね…!

ちなみに西村王雅投手はシニア関西選抜も経験しており「関西ナンバーワン左腕」の称号も手に入れていたわけですが、早くも智弁史上最高の左腕になるような期待感すらあります。

入学早々にこれだけのピッチングを見せられると、2021年のドラフトまでも楽しみになってしまいますね!

中学時代の関西ナンバーワン左腕の称号はダテではありません。

参考:前川右京(智弁学園)がホームラン量産|プロ注目の兄弟スラッガー対決は

Sponsored Link

智弁学園・西村王雅が注目される理由

2019春の近畿大会では全国屈指の強豪・智弁和歌山打線を相手に、公式戦初登板で4回を投げて8奪三振と上々のデビューを果たした西村王雅投手ですが、この1試合での投球以上に注目されるべきポイントがあります。

球速以上のスピードを感じる抜群のキレ

近畿大会初戦で140キロに迫る球速を記録したことはもちろん見事なのですが、西村王雅投手のストレートは打者にとってはスピードガン以上に速く感じられたと思います。

事実、強打の智弁和歌山打線が差し込まれる場面が何度もありましたし、かなり質の高いストレートを投げ込むサウスポーであることは間違いありません。

2019夏の甲子園でも、強打の八戸学院光星を相手に堂々たるピッチングを披露しました。


140キロ台後半をマークしてもしっかりミートされてしまうピッチャーは五万といるものの、一方で西村王雅投手のボールの手元での伸びは目を見張るものがあります。

また身長171cm体重65kgと体格的にもまだまだ伸びしろがあるため、さらに球速が上がることを想像すると末恐ろしい左腕です。

サウスポー独特のクロスファイヤーを右打者のインコースに投げ込むことも出来ますから、直球の質で勝負できる数少ない逸材だと言えるでしょう。

変化球とのコンビネーションも見事

ストレートひとつを見ても一級品の西村王雅投手は、変化球も織り交ぜたピッチングで打者を翻弄していきます。


緩めのカーブも効果的に使うことが出来ますし、緩急を上手に使ったピッチングは今後全国的に注目を浴びると思います。

加えて、横の変化が大きいスライダーでも空振りが奪える上にチェンジアップも操ることが出来ますし、バッターとしては攻略が相当難しいでしょうね…!

Sponsored Link

智弁学園・西村王雅はマウンド度胸も満点

1年生とは思えない気迫のこもった投球

非の打ち所がない好投手として今後に期待がかかる西村王雅投手は、直球や変化球など質の高いボールを投げられることはもちろん、そのマウンド度胸も高く評価されています。

高校初登板での声を張り上げながらの投球は、とても1年生とは思えない存在感がありました…!

相手が智弁和歌山ということもあり試合後には「ビビった」と話しているものの、そんな雰囲気はマウンドでは微塵も感じさせませんでしたね。

甲子園の舞台でも強気で向かっていくスタイルが印象的でしたし、流れを呼び込むハートの強さは素晴らしいものを持っている投手です。

同じく1年生投手として注目を浴びている本格派右腕・小畠一心投手との継投は今後対戦する相手にとっても脅威でしょうね…!

参考:小畠一心(智弁学園)が持つ球速以上の武器に二刀流の可能性を感じる

2019春の悔しさも力に

早くも「2021年のドラフトは上位指名」との声も挙がっていますが、このまま順調に成長を続ければ十分に実現する資質は持ち合わせているように思います。

ただ、単に順風満帆なわけではなく、西村王雅投手は春夏と相当悔しい想いも経験しているんですよね。

2019春の近畿大会準決勝・近江戦ではリードして迎えた最終回に登板し、逆転サヨナラスリーランを浴びるという、この上ない悔しさを味わいました。

加えて、夏の甲子園では八戸学院光星との一戦で決勝点を献上。

西村王雅投手はむしろ試合を立て直す好投を見せていたのですが、試合後に泣き崩れる姿は未だに忘れられません。


こういった苦い経験を糧に「あの悔しさがあって今がある」と言える未来をつくってくれることに大いに期待していきましょう。

前チームから主力として活躍していた白石陸主将らも残りますし、今後の巻き返しを楽しみにしています。

参考:白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる