2020注目の外野手

白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる

奈良の名門・智弁学園で下級生からレギュラーで試合に出場していた白石陸(しらいし りく)選手。

中学時代は「府中広島2000」の中心選手として全国大会を経験しており、当時から非凡な打撃センスを見せていました。

2019夏の甲子園でもスタメンとして出場し、2019秋からは新チームの主将としても大きな期待を集めていますね!

智弁学園の中心選手として、今後の活躍に期待が高まる白石陸選手について特集していきましょう。

白石陸の中学時代は府中広島2000の出身

右投げ左打ちの白石陸選手の出身は広島で、中学時代には硬式野球チームの府中広島2000に所属していまいた。

チームの中心選手として全国大会にも出場し、見事に全国3位に導く活躍を見せていますね!

当時は背番号1を付けており、バッティングだけでなく球速132キロのストレートを投げるエースとしてもチームを引っ張っていたことも見逃せません。

現在は主にライトで試合に出場していますが、外野で見せる強肩はピッチャーをやっていた中学時代の経験が生きていると言えるでしょう。

Sponsored Link

智弁学園・白石陸はバッティングに注目

ホームランにも期待

身長174cm・体重70kgと体格はそこまで大柄ではないものの、十分にホームランを打てるパワーを持っている白石陸選手。

ゆっくりとしたリズムの構えから、鋭いスイングで強い打球を連発するんですよね…!

2019夏の奈良県大会でも準決勝・法隆寺国際戦で満塁ホームランを放つなど、チームの甲子園出場にも大きく貢献。

秋の新チームでも奈良大会2回戦の橿原戦で、早速ライトスタンドに豪快なホームランを叩き込んでいます!

常にレベルスイングを心がけているとのことですが打席では迫力があり、これから全国的にも有名になっていくでしょう。

1年生で四番を務める前川右京選手らと並び、破壊力満点のクリーンナップになりそうですね!

参考:前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

好投手にも対応

白石陸選手はホームランを打てるパンチ力はもとより、打席での優れた対応力も見ものです。

2019春の近畿大会では、ドラフト候補の近江・林優樹投手から二塁打2本を含む3安打を放つ活躍。

左中間へもフェンス直撃の二塁打を放ち、逆方向へも強い打球を飛ばせるバッティングを見せました。

左打者ながらレフト方向にも飛距離が出せるあたりにパンチ力を感じますね!


さらに低めの変化球をしっかり見極める選球眼や、崩されてもヒットゾーンに持っていくバットコントロールなど、ポテンシャルの高さを改めて証明しました。

レベルの高い投手と対戦する機会は今後も増えていくでしょうから、白石陸選手の打撃からは目が離せません。

参考:林優樹(近江)がドラフト候補の高校生左腕で一番気になるのはなぜか

Sponsored Link

白石陸の強肩は智弁学園の大きな武器

優れた打撃センスに期待が高まる一方で、白石陸選手のもう1つの大きな武器は肩の強さです。

外野の深い位置からでもダイレクトで送球できる強肩を兼ね備えている外野手で、シートノックでは「大学生のような軌道だった」との声が挙がるほど。

さらにはスローイングの正確性も高く、奈良大会でも捕殺を記録するなど全国屈指の強肩外野手としても注目度は高まるばかりです。


また中学時代の体力テストでは50メートル走や立ち幅跳びなどで上位の成績を残すなど、優れた身体能力の持ち主であることは間違いありません。

守備の面でも小畠一心投手西村王雅投手をはじめ、智弁学園の投手陣を支える存在になりますね!

U18日本代表でも主将を任された前チーム・坂下翔馬選手の後継者として智弁学園のキャプテンを務め、打撃でも守備でもチームの要として期待される白石陸選手。

これからの更なる活躍を期待しつつ、追い掛けていきたいと思います。

参考:西村王雅(智弁学園)は中学関西一の左腕|抜群のキレと度胸は異次元レベル