<2019ドラフト>

智弁和歌山・池田陽佑の中学時代の球速は?ドラフト候補に急成長の理由も

夏の甲子園でも上位進出に期待がかかる智弁和歌山のエース・池田陽佑(いけだ ようすけ)投手。

2019春から目覚ましい成長を遂げている本格派右腕で、最速149キロを記録するなどドラフト候補としても期待されるまでになりました。

春のセンバツ甲子園では球速が140キロを超えた球もわずかだっただけに、夏のマウンドで見せる投球が非常に楽しみですね…!

中学時代の球速や急成長の理由なども含め、智弁和歌山の池田陽佑投手を特集していきましょう。

 

池田陽佑は中学時代にエースで全国出場

小学時代にはキャッチャーとしてプレー

京都府宇治市出身の池田陽佑投手は、宇治市立神明小学校に通っていた小学2年時に神明スポーツ少年団で野球を始めました。

5年生までは主にショートでプレーしていましたが、地肩の強さは当時から目立っており、6年時にはキャッチャーとしてマスクを被っています。

この頃からマウンドに上がることもあったものの基本的には野手として起用されており、小学時代にはほぼピッチャーとしての活躍はありません。

出身の京都ブラックスで球速135キロ

そんな池田陽佑投手は宇治中学に進学し、中学時代は「京都ブラックス」に所属しています。

本格的にピッチャーを始めたのは中学1年の秋からで、内野の守備が好きだったためにあまり乗り気ではなかったと語っていました…!


しかし中学1年で身長165cm・体重55kgと長身だったこともあり球速は右肩上がりに伸びて、中学3年では135キロのストレートを投げ込むまでに成長しているんですよね。

エースとしてチームの全国大会出場にも大きく貢献していますし、この辺りからも本格派としてドラフト注目の右腕に成長した片鱗が見えます。

Sponsored Link

智弁和歌山・池田陽佑の球速はなぜ急激に伸びたか

身体が一回り大きくなった

智弁和歌山のエースを任される池田陽佑投手ですが、球速140キロを超える球もわずかだった春のセンバツ甲子園から急激な成長を遂げています。

むしろ140キロを切ることの方が少なくなり、本格派として一気にスケールが大きくなりました…!

2019夏の甲子園では球速150キロもマークし、U18野球日本代表にも選出されるなど最大級の評価を受けていますね。


球速が急激に伸びた要因として、まずは身体が大きくなったこと。

身長183cm・体重86kgの体格は春のセンバツから2ヶ月ほどで体重が4キロ増えており、これによって力強さが増したと言えるでしょう。

智弁和歌山に入学した当時から180cm・76kgと恵まれた体格だったわけですが、現在のピッチャーらしいどっしりとした身体つきは素晴らしいものがあります。

投球フォームの改良

また球速の伸びに関しては、投球フォームを変更したことが一番の要因だと池田陽佑投手は語っています。

右手の小指からリリースポイントに入れるイメージでフォームを変えたことにより、腕のしなりが増して球速が一気に伸びたんだとか。

中谷仁監督からのアドバイスで投球フォームの改良に踏み切ったそうですが、監督との信頼関係を感じますね。


池田陽佑投手は中学時代から高く評価されていたストレートを武器に入学からポテンシャルの高さを示していたものの、1年の夏を前にフォームを崩して制球が定まらなくなってしまいました。

ストライクを取ることにも苦慮するようになり、それに伴って球速も落ちていくという悪循環に。

当時はコーチを務めていた中谷仁監督に相談したところ、バッティングピッチャーとして6割程度の力でとにかく球数を多く投げるようアドバイスを受けたそうです。

一心不乱に投げ続けたことによって夏が終わる頃には元の投球を取り戻したという背景があり、とにかく中谷仁監督への感謝を口にしていることが印象的です…!

147キロ右腕・小林樹斗投手も球速を一気に伸ばして話題になっていますが、池田陽佑投手はフォームに関するアドバイスの裏に強い信頼関係があったことも見逃せませんね。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

智弁和歌山・池田陽佑はドラフトにも注目

プロ顔負けの平均球速

急成長を遂げてなお成長段階であることを感じさせる池田陽佑投手は、今やドラフトにも注目が集まる本格派右腕になりました。

特に素晴らしいのがストレートの威力で、最速149キロをマークした一方で平均球速が非常に高いレベルで推移しているんですよね…!

コンスタントに140キロ台を計測するまでに成長を遂げており、2019春の近畿大会・智弁学園戦で見せたアベレージ142キロの投球はプロの本格派と遜色ない数字です。

常時140キロをマークできる逸材だけに、星稜・奥川恭伸投手と互角に渡り合った甲子園での投球も納得ですね!

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

鋭い変化球も魅力

また池田陽佑投手はノビのあるストレートのほかに変化球も素晴らしいボールを持っています。

特にスライダー・フォークは打者の手元で鋭く変化し、決め球としても空振りを量産しているんですよね。

以前はストレート一辺倒になったところを狙われる場面も見られましたが、変化球の精度が高くなったことで東妻純平捕手もリードしやすくなったように感じます。

和歌山大会では矢田真那斗投手の後にクローザーとして登場する場面もありましたし、ぜひその存在感をプロの世界でも見せつけてほしいと思います。

参考:東妻純平(智弁和歌山)にはドラフト以上に期待したいことがある

Sponsored Link

池田陽佑は精神的支柱としても期待

フォームを崩して調子を落とすなど、智弁和歌山でエースナンバーを背負うまでの道のりは決して平坦ではなかった池田陽佑投手。

苦しい経験もたくさんしてきた投手ですが、そんな池田陽佑投手だからこそ精神的な柱として若い投手陣を牽引できるのではないかと思います。

今年のチームは例年にも増して投手層が厚いと言われており、その中心に池田陽佑投手がいることは間違いありません。

2年生の小林樹斗投手矢田真那斗投手に加えて1年生の中西聖輝投手も頭角を現わしていますから、池田陽佑投手も背中でグイグイ引っ張っていってほしいですね!

選手の能力はもちろんですが3年生の経験がものを言うのが甲子園ですし、そういう意味でも智弁和歌山は強いです。

中谷仁監督も「今年は守りのチーム」と話しており和歌山大会でも失点1の堅い守備を見せただけに、その中心としても池田陽佑投手の活躍を楽しみにしていきたいと思います。

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

追記:2019夏の甲子園で球速150キロ突破

池田陽佑投手は2019夏の甲子園・明徳義塾との対戦にリリーフで登板し、最速150キロをマークしました。

やはり智弁和歌山のエースはやってくれましたね…!


大舞台で強さを発揮できる投手ですから、この先の強豪との激戦も楽しみです。

さらなる進化を遂げてくれることに期待しましょう!

Sponsored Link

池田陽佑のU18野球日本代表選出に歓喜の声

高校ではそこまで日の目を浴びてきた投手ではなかっただけに、池田陽佑投手が2019侍ジャパンに選出されたことは智弁和歌山ファンに大きな感動を与えています。

正直、春までの池田陽佑投手ではありえなかったと思いますし、だからこそ最後の最後で急成長を遂げたことには本当に感動しました。

間違いなくこれから上の世界でも輝けるピッチャーですから、U18野球日本代表での活躍とドラフトに期待して、応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック