2020注目の投手

池田泰騎は智弁和歌山の甲子園優勝に間違いなく必要な投手だと思う

1年だった2018夏からベンチ入りを果たすなど、そのピッチングに期待がかかる智弁和歌山の池田泰騎(いけだ たいき)投手。

強力な投手陣の一角として注目の左腕でしたが、2019夏の甲子園ではなんとベンチ外。

キレのあるボールを投げ込むピッチャーだけに、日本一を目指すチームで今後の奮起が非常に楽しみです。

挫折を味わった智弁和歌山・池田泰騎投手を特集してみました。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

池田泰騎は智弁和歌山の甲子園に大きく貢献

1年夏からベンチ入りを果たすなど注目を集めていた池田泰騎投手は、2018秋の新チームから投手陣の中心としてマウンドに上がっていました。

実際に2018秋の公式戦では、智弁和歌山が戦った6試合中5試合に先発。

近畿大会準々決勝の大阪桐蔭戦でも8回まで2失点の素晴らしいピッチングを見せるなど、2019春のセンバツ甲子園出場の立役者となりましたね!


この大阪桐蔭戦では8回に主砲・西野力矢選手にタイムリーを許したものの、持ち前の制球力を武器に好投。

次期エース候補としても名前が挙がるほど申し分ない働きを見せていただけに、2019年の春夏は池田泰騎投手にとってまさに試練とも言える時期でしょう。

参考:西野力矢(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学通算35発の大砲は技術で運ぶ

Sponsored Link

智弁和歌山・池田泰騎の復活に期待

最強投手陣を再び

強打で有名な智弁和歌山ですが、2019夏には強力な投手陣も大きな注目を浴びていました。

球速150キロをマークするなど急成長を遂げU18日本代表にも選出されたエース・池田陽佑投手を筆頭に、全国の舞台で素晴らしいピッチングを見せてくれたことは記憶に新しいところです。

そして、その投手陣の多くが1・2年生のため、2019秋からの新チームにも残るんですよね…!


星稜戦で先発を志願した147キロ右腕・小林樹斗投手をはじめ、間違いなく投手力は全国でもトップクラスでしょう。

だからこそ、池田泰騎投手にはこの投手陣の一角を担う復活を遂げてほしいと強く想います。

制球力の高さにキレのある変化球と、2019夏の明徳義塾戦で快投を見せた矢田真那斗投手と並ぶ左腕として絶対に必要な戦力ですからね…!

マウンドで躍動する姿を再び見られる日が、楽しみで仕方ありません。

参考:小林樹斗(智弁和歌山)は球速の伸びが異質|中谷監督が大絶賛するワケは

Sponsored Link

必要なのは球速じゃない

制球力に定評のある池田泰騎投手の課題としては、ストレートの球威が取り上げられることが多いです。

実際のところ、常時130キロ前後の球速がアップすれば更に攻略が難しくなることは間違いないですし、持ち球のカーブ・スライダーもより活きてくるでしょう。

ただ、池田泰騎投手に今本当に必要なのは「自信」なのではないかなと。


2019春のセンバツで調子が上がらず痛打を浴び、その後の近畿大会でもベンチ外を経験。

さらに2019夏には和歌山大会でベンチ入りを果たすも登板がなく、甲子園ではメンバーから外れました。

悔しくないわけがないですし、池田泰騎投手がここから這い上がるために中谷仁監督が与えた愛の鞭のようにも感じます。

新キャプテンには細川凌平選手が選ばれ心機一転動き出したわけですが、自信を取り戻すために日々の練習の積み重ねが不可欠であることは言うまでもありません。

2019夏の甲子園でベンチ入りを果たした中西聖輝投手ら1学年下にも良いピッチャーが控えていますが、ぜひとも新チームで奮起する姿を見せてほしいですね!

先輩たちが果たせなかった日本一を掴むためにも、池田泰騎投手が一回り大きくなって智弁和歌山の投手陣に加わることを心から楽しみにしています。

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

Sponsored Link

池田泰騎は2019秋の和歌山大会初戦で好投

池田泰騎投手は8月25日に行われた2019秋の和歌山大会初戦・和歌山東戦に三番手として登板。

2回を投げて被安打0・与四死球0の素晴らしいピッチングを披露しました!


さらに奪三振も5個と、クローザーとして完璧な投球を見せましたね!

ひとまず真っ直ぐがキレていたので少々安心しました。

本領発揮となるのはまだまだこの先でしょうが、智弁和歌山の躍進を支える投手として戻ってきてくれることを信じています。

池田泰騎投手が本来のピッチングを取り戻すと、智弁和歌山は細川世代も強いですよ…!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック