2021ドラフト投手

笹倉世凪(仙台育英)はドラフト期待|球速だけじゃない怪物の進化

仙台育英で入学早々にベンチ入りを果たした本格派左腕・笹倉世凪(ささくら せな)投手。

秀光中学時代に147キロをマークし「超中学級」とも呼ばれたサウスポーは、高校でもその成長に期待がかかります。

日本人左腕最速の160キロを目指す豪腕は、楽天ジュニアに選出されるなど小学生の頃から才能が高く評価されていた逸材ですが、ストレートだけのピッチャーではないところも見逃せません。

2021年のドラフトはもちろん、メジャーを舞台に戦うことも十分に考えられる仙台育英・笹倉世凪投手について特集してみました。

参考:仙台育英の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で将来性抜群

笹倉世凪は岩手一関出身|小学校から凄かった

楽天ジュニアにも選出

東北の豪腕・笹倉世凪(せな)投手は岩手・花泉町(現一関市)の出身で、小学時代には花泉スポーツ少年団でプレー。

当時からピッチャーとしての才能を高く評価されていました。

6年生時には東北楽天ゴールデンイーグルスジュニアにも選出されており、現在のチームメイトである渡邉旭選手らと一緒にプレーをしています。

また秀光中のときには左右の本格派として活躍し、現在は仙台育英で同じく注目を集めている伊藤樹投手と楽天ジュニアではバッテリーを組んでいましたね。

この頃から注目されていた選手が2019新入生として多く入学した仙台育英は、今後も甲子園を沸かせてくれる存在になりそうです。

参考:仙台育英・渡邉旭は中学で選抜主将|抜群の打撃センスはスイングに秘訣

小学校時代には陸上でも全国3位

小学時代から速球には定評のあった笹倉世凪投手は、陸上大会でもその強肩ぶりを見せつけています。

全国大会で3位の成績は素晴らしいですよね…!このときすでに遠投で80メートルを越えていたというから驚きです。


現在のピッチングからも地肩の強さは感じるものの、小学生の時点でこれほど投げられる選手はなかなかいませんし、「モノが違う」とはまさにこのことでしょう。

Sponsored Link

仙台育英・笹倉世凪が出身の秀光中学で見せた進化

秀光中に進学した笹倉世凪投手は、中学3年で147キロの球速をマークするまでの成長を遂げます。

速いストレートは元々評価が高かったものの、ここまでの伸びを見せた背景には「体重の増加」と「投球フォーム改造」がありました。

中学2年春に球速140キロ超え

2019春の入学時点で身長177cm・体重81kgとがっしりした体格の笹倉世凪投手ですが、中学入学当時にはほとんど身長が伸びなかったため、体重を意識してトレーニングを重ねたと言います。

中学2年の春で球速が140キロを越えたのは、やはり普通じゃないですよね…!


冬場のトレーニングが実を結んでいることが見てとれますし、強豪・秀光中で1年春からベンチ入りしていた実力はダテではありません。

ピッチャーへ転向した伊藤樹投手の存在も大きかったでしょうから、この二人は切磋琢磨しながらどこまで伸びるのかが本当に楽しみです。

参考:伊藤樹(仙台育英)は球速だけじゃない|楽天ジュニアでは捕手経験も

怪我をプラスに

その後、中学3年生で最速147キロをマークしたわけですが、そこまで球速を伸ばせた理由としては3月に追った怪我が大きかったと語っています。

笹倉世凪投手は2018年3月に右足首を骨折し、その影響から秀光中も春の全国はベスト8敗退を喫してしまったんですね。

バッターとしても主軸を任されていたため責任を感じる部分もあったでしょうが、この怪我をきっかけに投球フォームを見直したんだとか。

体重移動がスムーズになり球速アップに繋がったと話していました。

もちろん投球フォームの修正でブレをなくしたことも見事なのですが、何よりこのときの精神力が見事だなと…!

実際に怪我を負った際に気持ちだけ焦ってしまい、良からぬ方向へ走り出してキズを広げてしまうのはよくある話です。

野球経験者であれば身近に同じような事例はたくさんあるかと思うのですけど、「そのときに何をするか」が本当に大事なんですよね。


冷静な取り組みで今後に繋げた笹倉世凪投手の取り組みからは精神的な成熟も感じることができましたし、甲子園のマウンドが似合う選手に成長することは間違いないでしょう。

秀光中学時代からバッテリーを組む木村航大選手とは、この先も大いに全国を賑わせてほしいですね!

参考:木村航大(仙台育英)は中学で全国準優勝|1年から正捕手を務める理由は

Sponsored Link

ドラフト注目の仙台育英・笹倉世凪は球速だけじゃない

鋭い変化球にも注目

笹倉世凪投手の武器としてストレートに注目が集まることは当然だと思います。

「日本人左腕最速」を達成し得る逸材ですし、甲子園のマウンドで150キロをマークした際の球場のどよめきを想像するとただワクワクします。

しかし、それだけで終わらないのがこのピッチャーの凄さでしょうね…!笹倉世凪投手の武器はストレートだけではありません。

むしろ左腕から投じるスライダーに大きな注目が集まるような気さえします。


ストレートの速さだけであればマシンでどうにか対応できそうなものの、笹倉世凪投手の抜群のキレを誇るスライダーを初見で捕らえるのは至難の業ではないかと思います。

事実、バッターは腰が砕けたようなスイングになる場面も多々見受けられますし、球速もあるため、低めにしっかりと決まれば「わかっていても振ってしまう」えげつないボールです…!

笹倉世凪の球種は?

ちなみに笹倉世凪投手の球種はスライダーのほか、カーブ・スプリット・チェンジアップを投げ分けています。


まだマウンドではボールにばらつきがありますが、2019夏の甲子園でも1年生とは思えないボールを投げ込んでいましたからね。

笹倉世凪投手を見る際にはストレート同様、鋭い変化球にも注目してみてください!

Sponsored Link

ドラフト期待の仙台育英・笹倉世凪は打撃も凄い

甲子園でもバッティングセンスを発揮

その実力ゆえに早くも2021ドラフトに期待の声が挙がる笹倉世凪投手は、バッティングでも鋭い当たりを連発しています。

2019夏の甲子園・飯山戦でもセンターオーバーの二塁打をはじめ、ドラフト注目の145キロ右腕・常田唯斗投手からもライトに長打を放ちました。


左腕からの快速球にくわえ豪快なスイングでも注目を浴びており、笹倉世凪投手のポテンシャルの高さは底が知れませんね…!

3試合連続ホームランも

笹倉世凪投手は2019秋からエースとして活躍していますが、宮城大会で3試合連続ホームランを放つなどバッティングでも大きくチームに貢献しています。

二刀流とはよく耳にするようになりましたが、ここまで打力が優れた投手はなかなかいないですよね…!


9対7までもつれた東北との激戦も、試合を決めたのは笹倉世凪投手のサヨナラホームランでした。

入江大樹選手宮本拓実選手ら好打者揃いの仙台育英において、これほどの存在感を放つことは容易ではありません。

投打に注目のドラフト候補だけに、世代を代表する選手として大いに高校野球界を沸かせてほしいものです。

参考:宮本拓実(仙台育英)は中学日本代表|抜群の身体能力でドラフトか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック