2021ドラフト投手

松浦慶斗(大阪桐蔭)はドラフト期待|中学日本代表は球速150キロ

北海道の旭川大雪ボーイズから2019春に大阪桐蔭に進学した松浦慶斗(まつうら けいと)投手。

中学1年時にカル・リプケン12歳以下世界大会に日本代表として出場するなど、中学時代には北海道ナンバーワン左腕として高い実力を示していた逸材です。

また球速160キロを記録したソフトバンクの古谷優人投手とは従兄弟の関係にあるなど話題性にも事欠かず、間違いなく今後騒がれることになるでしょうね…!

これから大阪桐蔭の中心的存在になるであろう、2021ドラフト候補の松浦慶斗投手を特集してみました。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も

大阪桐蔭・松浦慶斗は中学時代に日本代表の逸材

小学では日本ハムファイターズジュニア

松浦慶斗投手は宮城県石巻市の出身で、石巻市立門脇小1年時に門小ガッツで野球を始めました。

小学2年のとき旭川に移り、3年生から新富野球少年団に所属したわけですが、このとき2学年上には横浜高校でも四番を打った吉原大稀選手がいましたね!

6年時に日本ハムファイターズジュニアに選出され、背番号9をつけてプレー。

北海道の名門・北海高校で1年生から四番を打つ宮下朝陽選手とはチームメイトでしたから、甲子園での対決にも期待したいところです。

出身の旭川大雪ボーイズでは進路も話題に

中学では旭川明星中学に進み、野球では旭川大雪ボーイズに所属。

1年時に日本代表に選出されて、アメリカで行われたカル・リプケン12歳以下世界大会にも出場しました。

決勝のアメリカ戦など3試合に登板して優勝に貢献したわけですが、特に好投を見せた準決勝の韓国戦ではMVPを獲得。

大会を通してベストナインも受賞する活躍ぶりは見事でしたね!


出身の旭川大雪ボーイズでも1年時から主力として活躍し、投打の中心として存在感を示していた松浦慶斗投手。

中学3年時に臨んだ2018年ボーイズ選手権大会ではベスト8進出の立役者となり、「北海道ナンバーワン左腕」として進路にも注目が集まっていました。

大阪桐蔭に進路を決めたわけですが、松浦慶斗投手と同じ世代の新入生は日本代表でプレーした際のチームメイト・池田陵真選手ら逸材揃い。

甲子園での活躍はもちろん、高いレベルで揉まれるため将来的にも非常に楽しみです。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

ドラフト期待の大阪桐蔭・松浦慶斗は父母も話題に

優れた実力で注目を浴びている松浦慶斗投手は、家族もよく話題に上がっています。

父・吉仁(よしと)さんは北海高校で2度の甲子園に出場した元高校球児なんですよね!

1988春と1989夏の甲子園に出場しているほか、日本製紙石巻の監督などを務めた野球人です。

また2016ドラフトでソフトバンクから2位指名を受けた古谷優人投手(江陵出身)とは、従兄弟だというから驚きです。

母・美雅(みか)さんの妹である古谷理江(りえ)さんの次男が古谷優人投手なんですよね。

古谷投手は高校3年時に最速154キロをマークしていますから、松浦慶斗投手の球速がどこまで伸びるかにも注目です!

Sponsored Link

大阪桐蔭・松浦慶斗は2021ドラフト期待の左腕

球速140キロを超えるストレート

大阪桐蔭のエースを目指す松浦慶斗投手は、まず持ち味としてストレートに注目です。

中学時代の最速は138キロでしたが、2019秋には球速146キロをマークしました。


身長184cm・体重88kgと体格的にも恵まれていますし、角度のあるボールが投げられるサウスポーの台頭は非常に楽しみですよね!

同世代で注目の154キロ右腕・関戸康介投手らと切磋琢磨して、すでに囁かれている2021ドラフトでの指名を現実にしてほしいものです。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|スカウト注目右腕の球速以上の武器

変化球は球種も多彩

ストレートが速いだけに球速に注目が集まる一方で、松浦慶斗投手の強みとして変化球も見逃せません。

球種はスライダー・カーブ・スプリット・フォークを投げ分けており、この辺りも北海道ナンバーワン左腕と呼ばれた所以ですね…!


中学3年の冬にもトレーニングを積み下半身が相当大きくなっているように見受けられますし、制球力など安定感の面でもドラフト候補として期待しています!

Sponsored Link

松浦慶斗は大阪桐蔭でいつベンチ入りを果たす?

2019夏に大阪大会での敗退を喫し、秋からの王座奪還に注目が集まる大阪桐蔭。

主軸を務めた西野力矢選手ら強打者がそのまま残りますし、前チームでも活躍を見せていた藤江星河投手がエース候補として見られていますね。

もちろんレベルの高い大阪桐蔭でベンチ入りを果たすことは簡単ではないですが、初のベンチ入りがいつになるのかはやはり楽しみです…!

「ベンチ入りの登竜門」とも言われている夏のボールボーイを務めていますし、2019秋も十分に可能性はあるのではないでしょうか。

大阪桐蔭で頭角を現わす日を楽しみに、松浦慶斗投手を追い掛けていきたいと思います。

参考:藤江星河は球速以上にキレがある|中学日本代表は大阪桐蔭のエース候補

Sponsored Link

松浦慶斗は2019秋にベンチ入り&高校初登板

松浦慶斗投手は2019秋の大阪大会で背番号15を掴み、初のベンチ入りを果たしました。

また、9月22日に行われた大阪大会3回戦・岸和田戦では先発マウンドを任されましたね!


緊張から力が入り、押し出しなど2点を失ったものの、球速は142キロをマーク。

3回を投げて6奪三振と、実力の片鱗は見せたと言えるでしょう。

同じく1年生投手の竹中勇登投手に高校初マウンドは先を越されましたが、「ライバルを求めて大阪桐蔭に来た」と頼もしいコメントも残していますね…!

大阪桐蔭は例年にも増してレベルの高い投手が揃うだけに、切磋琢磨して実力を磨いていってほしいですね!

参考:竹中勇登(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速だけじゃないエース候補

Sponsored Link

大阪桐蔭・松浦慶斗は2年夏に最速150キロ

大阪桐蔭でドラフトにも期待がかかる松浦慶斗投手ですが、2020夏にも凄まじい成長を遂げています。

大阪大会の準決勝・履正社との一戦で最速150キロをマークするなど、リリーフで3回を投げて無失点の好投を見せています。

ドラフト注目の小深田大地選手からも三振を奪っており、実力の高さを見せつけましたね…!

明らかに身体の厚みも増していますし、大型左腕の更なる成長からは目が離せません。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック