2020ドラフト野手

履正社・小深田大地はドラフト期待|中学で野茂ジャパンの大砲に注目

大阪の強豪・履正社で1年生からスタメンで活躍していた小深田大地(読み方は「こぶかた だいち」)選手。

2019秋の近畿大会でも特大のホームランを放つなど、左打席で見せる豪快なバッティングは止まることを知りません。

中学時代には野茂ジャパンにも選出されていますし、上級生の中でも遜色ない活躍を見せていることからも2020ドラフトに期待がかかりますね!

履正社のスラッガー・小深田大地選手を詳しく見ていきましょう。

履正社・小深田大地は中学時代に日本代表を経験

出身は姫路アイアンズ

小深田大地選手は兵庫県姫路市の出身で、姫路市立飾磨中部中学校に通っていた中学時代には姫路アイアンズでプレーしていました。

当時から右投げ左打ちの強打者として有名な選手で、特に捕らえたときの飛距離は当時から群を抜いていましたね!

中学ではジャイアンツカップなど全国での実績こそないものの、姫路アイアンズには日本航空石川の147キロ右腕・嘉手苅浩太投手らも所属しており、有望な選手が揃っていたことがわかります。

野茂ジャパンでも長打力を発揮

鋭いスイングを武器に活躍を見せていた小深田大地選手はその実力が認められ、中学3年時には2017年の野茂ジャパン(JUNIOR ALL JAPAN)にも選出されています。

野茂ジャパンでは背番号12を背負ったわけですが、わずか15人の枠に選ばれたことからも逸材ぶりが見てとれますよね!

日本代表としてアメリカに乗り込んだ小深田大地選手は、サンディエゴで行われた「サンディエゴ ショー」との一戦で二塁打を記録するなど、ここでも持ち前の長打力を見せつけていました。

高校入学後も舞洲球場で場外ホームランを放っていますし、一部で「安田尚憲二世」と呼ばれているのも納得のスケール感がある選手です…!

Sponsored Link

履正社・小深田大地はドラフトにも期待

豪快なホームラン

身長176cm・体重85kgのどっしりとした体格で、左の大砲として2020ドラフトにも期待がかかる小深田大地選手。

その豪快なスイングから放たれる打球の速さは凄まじいものがあり、観客の目を惹きつけるホームランが打てる選手です。

2019夏の大阪大会決勝・金光大阪戦で見せた一発も見事な当たりでした…!


これだけのスイングを見せる強打者ですから、履正社で1年生から中軸を任されていたのも不思議ではありません。

高校通算ホームランはすでに20本を上回っていますし、そのパンチ力を考えると卒業までに倍以上に増えることはほぼ間違いないでしょう。

Sponsored Link

逆方向に伸びる打球

打球の速さ・飛距離がずば抜けている小深田大地選手は、逆方向への打球にも伸びがあります。

広角に強い打球が打てる左打者だけに、単にアウトコース一辺倒でどうにかなるバッターではありませんね。

2019春のセンバツ甲子園では星稜・奥川恭伸投手に2三振を喫するなど4打数1安打に抑え込まれましたが、速いボールにも対応できるよう練習を重ね、打撃の精度も非常に高くなりました。

前チームから主力だった池田凛選手と共に新チームでも存在感を示していますし、全国屈指の強力打線で主軸を務める実力は期待感しかありません…!

また甘く入ったボールはすぐに外野まで運びますから、チャンスの場面で見せる勝負強さにも期待したいところです。

参考:池田凛(履正社)は中学で関西選抜|抜群の野球センスでドラフトなるか

Sponsored Link

ドラフト注目の小深田大地は一発だけじゃない

鋭いスイングを武器にバッティングで高い評価を受けている小深田大地選手は、サードの守備で見せる強肩にも注目です。

遠投105メートルを投げる肩も兼ね備えており、送球が非常に速いんですよね…!


まだ守備では粗さが見える部分もありますが、低い軌道でファーストに届くスローイングにはぜひ注目していきましょう。

ドラフト注目のエース右腕・岩崎峻典投手も最速144キロのストレートなど素晴らしいボールを投げますし、この世代も履正社は非常に強いです。

力強いバッティングをはじめ、履正社のスラッガー・小深田大地選手からは今後も目が離せません!

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない