2020注目の内野手

池田凛(履正社)は中学で関西選抜|抜群の野球センスでドラフトなるか

2年生ながら履正社の主力としてスタメンに名を連ねる、二番・セカンドの池田凛(いけだ りん)選手。

打撃センスには元々定評のあった好打者ですが、スイングの力強さも増して左打席での存在感がより強くなりましたね!

中学時代には関西選抜も経験した逸材で、今後も履正社の中心選手として活躍することは間違いありません。

攻守の要として注目が集まる、履正社の池田凛選手を特集してみました。

池田凛は中学時代に生駒ボーイズで関西選抜を経験

中学の出身は生駒ボーイズ

池田凛選手は東大阪市立英田中学の出身で、野球では生駒ボーイズに所属していました。

その生駒ボーイズでも主力としてプレーしており、中学2年・3年と計4度の全国大会を経験。

特に3年時には春夏3度の全国出場と、相当に力があったことがわかります。

このときのチームメイトには花咲徳栄の井上朋也選手らがおり、この先では甲子園での対決も十分にありえそうですね!

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|フルスイングに期待の長距離砲

関西選抜にも選出

池田凛選手は出身の生駒ボーイズでの活躍が評価され、関西選抜にも選出されました。


このときからバッティングセンスは素晴らしいものがありましたから、強豪の履正社で下級生からレギュラーを勝ち取っていることも納得です。

ちなみに関西選抜では、大阪桐蔭の新キャプテンを務める藪井駿之裕選手らとチームメイト。

大阪代表をかけた、このライバル対決はまだまだ続きそうです。

Sponsored Link

ドラフト期待の履正社・池田凛は打撃センスが凄い

ミート力の高さに力強さも

中学時代から高い打撃センスを見せていた池田凛選手は、履正社でも素晴らしいバッティングを見せています。

2019夏の甲子園では準決勝で明石商の好投手・中森俊介投手から先制タイムリーを放ち、流れをがっちり掴みましたね!


以前はパワー不足が指摘されていたものの、意識的に細かく食事を摂ることで体重が増加。

2018冬から4kg増加して身長173cm・体重72kgと、非常にバランスのとれた体格に成長しました。

スイングの鋭さも増していますし、2019夏の大阪大会で4割3分5厘の高打率を残しているのもさすがですね…!

参考:中森俊介(明石商業)はドラフト注目|球速150キロ以外の武器とは

Sponsored Link

選球眼の良さとカット技術

さらに池田凛選手は選球眼の良さも魅力です。

四死球の数はチームトップで、ヒット以外でも出塁することができる選手なんですよね!

追い込まれてからの対応力は目を見張るものがあります。


際どいコースのボールをカットで粘る技術にも長けており、この好打者が二番にいるあたりも履正社の得点力の高さを裏付けていると言えるでしょう。

同じく2年生の大砲・小深田大地選手らと共に、履正社打線は今後も脅威になることは間違いありません。

参考:履正社・小深田大地は中学で野茂ジャパン|ドラフト期待の大砲に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の池田凛は守備でも履正社を引っ張る

バッティングで非凡なセンスを見せる一方で、池田凛選手は守備でも良い動きを見せる選手です。

2019夏には大阪大会・甲子園を通じて無失策を続けており、堅い守りでも履正社の躍進に貢献しています…!


グラブさばきが非常に柔らかく、難なくさばいているように見える「隠れたファインプレー」も多々あります。

投手陣を盛り立てる履正社の守備は素晴らしいものがあり、岩崎峻典投手をはじめピッチャーとしても心強いでしょうね!

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

Sponsored Link

池田凛が履正社を選んだ理由は大阪桐蔭

履正社へ進んだ池田凛選手ですが、出身の生駒ボーイズは大阪桐蔭の近くに練習場があります。

見学で大阪桐蔭の練習を観に行ったこともあり、「このチームを倒してみたい」と思ったんだとか。

大阪桐蔭には前チームから主軸で活躍する西野力矢選手船曳烈士選手が新チームにも残るほか、2019年には関戸康介投手池田陵真選手をはじめ多数の逸材が入学しています。

池田凛選手もこの戦いを望んでいたでしょうし、大阪の熾烈な代表権争いは今後も楽しみですね!

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック