2020ドラフト投手

岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

履正社で急成長を遂げている岩崎峻典(いわさき しゅんすけ)投手は、最速144キロのストレートを武器とする本格派右腕です。

2年生ながら投げっぷりは見事で、奪三振が多いピッチャーとして2020ドラフトにも期待がかかる投手に成長しました。

球速もさることながら、変化球も豊富なピッチャーだけにこれからの成長が非常に楽しみですね…!

履正社のエースとしても期待がかかる、ドラフト注目の岩崎峻典投手について詳しく見ていきましょう。

岩崎峻典の中学時代は大淀ボーイズ出身

岩崎峻典投手は大阪市立城北小学校の出身で、当時はソフトボールチームの城北ユニオンズに所属していました。

大宮中学に進学した中学時代には、大淀ボーイズでプレー。

中学時代の球種はスライダーのみだったとのことで、現在の豊富な変化球は履正社に入学してから身に付けたものであることがわかります。


大淀ボーイズ時代にはそこまで目立った実績こそなかったものの、履正社では1年の2018秋からベンチ入りを果たしていますね!

Sponsored Link

履正社・岩崎峻典は急成長でドラフト候補に

球速140キロ超のストレート

ドラフト注目のエース・清水大成投手と並んで履正社を支える岩崎峻典投手は、2019夏の時点ですでに球速144キロをマーク。

夏の大阪大会・岸和田高校戦では7回を投げ、参考記録ながらノーヒットノーランを達成しましたね!


2019春のセンバツに比べてフォームにタメが出来ており、体重が乗ったボールを投げられるようになった印象を受けます。

身長176cm・体重76kgとバランスの良い体格ではあるものの、これから更に身体は大きくなるでしょうし、まだまだ球速は伸びるであろう将来性も感じますね。

150キロ台の球速をマークすると、ますます手が付けられなくなりそうです…!

参考:履正社・清水大成の中学時代は無名|ドラフト注目左腕に成長した理由

奪三振が凄い

さらに岩崎峻典投手の強みとして、奪三振の多さも見逃せません。

ノーヒットノーランを達成した岸和田戦では12個の三振を奪ったほか、5回戦の大阪電通大戦でも15個の三振を奪い4安打1失点で完投。

2019夏の大阪大会では5試合22回1/3を投げて奪三振は32個と、投球回数を大きく上回る数字を記録しています。

大阪電通大戦では15個すべてを空振りで奪っているあたりも尋常じゃないですよね…!

同じく2年生右腕として全国区の実力を誇る明石商業・中森俊介投手らと共に、間違いなく関西を代表するドラフト注目右腕として今後も注目されていくでしょう。

参考:中森俊介(明石商業)の奪三振に注目|ドラフト注目の剛腕が凄すぎる

Sponsored Link

ドラフト注目の履正社・岩崎峻典は球速だけじゃない

豊富な球種にも注目

2019秋から履正社のエースを務める岩崎峻典投手は、ストレートの球威はもちろん、球種の多さも注目です。

中学時代には1種類のみだった変化球は、スライダー・カーブ・フォークに加え、カットボールも習得しました。

特にスライダーは一級品で、手元で鋭く変化するこのボールを捕らえるのは非常に難しいでしょう。


さらにフォークにも速さがありますから、2019夏の甲子園でも登板が非常に楽しみですね!

同じく2年生の大砲・小深田大地三塁手らと共に、上級生を引っ張る活躍を見せてくれそうです。

参考:履正社・小深田大地は中学で野茂ジャパン|ドラフト期待の大砲に注目

課題だった制球力もアップ

岩崎峻典投手は以前から勢いのあるボールを投げていた一方で、制球力に課題があると見られていました。

これまではコントロールにばらつきが見られていたのですが、この辺りも急成長を遂げていますね。

アウトコースも際どいコースでストライクが取れますし、安定感が増したことも高く評価される理由の1つでしょう。


2020ドラフトにも注目しつつ、岩崎峻典投手の活躍に注目していきたいですね!

衣笠遼投手らと共に切磋琢磨しつつ、さらなる成長を期待して応援していきたいと思います。

参考:衣笠遼(履正社)は球速に期待|オリックス出身右腕はドラフトなるか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック