2020ドラフト投手

衣笠遼(履正社)は球速に期待|オリックス出身右腕はドラフトなるか

大阪の強豪・履正社で2019秋から出場して注目を浴びている衣笠遼投手。

小学校時代からオリックスジュニアに選ばれるなど、当時から投手として才能の片鱗を見せていました。

140キロを超えるストレートが武器の本格派右腕で、今後さらなる球速アップにも期待がかかります。

履正社投手陣の一角として、これからの成長に期待の衣笠遼投手を特集していきましょう。

衣笠遼は小中学時代から投手として話題

小学ではオリックスジュニアに選出

右投げ右打ちの衣笠遼投手は、小学6年時にオリックスジュニアに選出された経歴を持ちます。

投手兼外野手として名を連ねましたが、履正社で共に活躍している両井大貴選手もキャプテンとして選出されていましたね!

背番号11をつけての出場は厳しいセレクションを通過しての選出だけに、当時から光るものを持っていたことが伺えます。

中学では神戸ドラゴンズ出身

衣笠遼投手は中学への進学後、硬式野球チームの神戸ドラゴンズに所属していました。

エースとして西関西ブロック準優勝の成績を残すなど、チームの勝利に貢献していますね。


ちなみにこの中学時代はドラフト注目の明石商業・来田涼斗選手と同期でしたから、甲子園での二人の対戦にも注目していきたいところです…!

参考:来田涼斗がドラフト上位の理由|大阪桐蔭より明石商を選んだ強さとは

Sponsored Link

履正社・衣笠遼は真っ直ぐの球速に注目

衣笠遼投手の武器はなんといっても、球威のあるストレートです。

2019秋の時点で最速144キロをマークしており、投げ込むボールにはかなり勢いがある印象を受けました。

身長177cm・体重80kgの体格は今後のトレーニングでさらなる成長を遂げるでしょうし、球速150キロの大台を突破する可能性も十分に秘めている投手です。

相手打者が差し込まれる場面も少なくなく、履正社にとっても衣笠遼投手の存在は大きいでしょうね!

マスクをかぶる関本勇輔主将も強肩強打で熱視線を浴びるキャッチャーですから、この二人の迫力は高校野球ファンとしても見逃せないところです。

参考:関本勇輔(履正社)は中学での強肩が凄い|イケメン捕手は強打にも注目

Sponsored Link

履正社・衣笠遼はドラフトにも期待したい

衣笠遼投手が全国の舞台で登板したのは、2019茨城国体の海星戦でした。

5回からマウンドに上がったものの、四球などでチャンスを作られホームランを被弾。3失点を喫して、試合も2対6で敗れてしまいました。

2019秋の大阪大会でも制球に苦しむ場面があったことから課題は明白ですが、逆に言うと将来が非常に楽しみな投手でもあります。

ポテンシャルの高さを十分に感じる投手であることは間違いなく、2020ドラフトでも名前が挙がるような成長に期待したいですね…!

衣笠遼投手が覚醒すれば層はますます厚くなりますから、急成長で2019夏に躍動したエース・岩崎峻典投手と共に、強固な履正社投手陣を形成してほしいものです。

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック