2020ドラフト野手

関本勇輔(履正社)はドラフト注目|中学での強肩も凄いイケメン捕手

2019夏の甲子園で優勝を果たした履正社で、2年生からベンチ入りしていた関本勇輔(せきもと ゆうすけ)選手。

強肩強打のキャッチャーとして2019秋からは主将になり、攻守で新チームを引っ張っていく存在としても注目が集まります。

中学時代から二塁送球は話題になっていただけに、ドラフト候補として全国を沸かせる可能性も十分ですね…!

元阪神の関本賢太郎さんを父に持つことでも話題の、履正社の新主将・関本勇輔選手を特集していきましょう。

参考:履正社の2020新入生を特集!注目選手が集結の豪華メンバーに期待

履正社・関本勇輔は中学時代の二塁送球タイムに驚愕

身長175cm・体重80kgのどっしりとした体格で攻守に注目が集まる関本勇輔選手ですが、まず特筆すべきは肩の強さでしょう。

遠投125メートルを誇る強肩の持ち主で、出身の兵庫西宮ボーイズでは中学時代に二塁送球タイムで1秒89を記録。

履正社の岡田監督も「送球はチームでも一番」と太鼓判を押していますし、履正社の扇の要として大いに存在感を発揮するでしょう。


ちなみにソフトバンク・甲斐拓也捕手の二塁送球タイムが常に1秒8あたりなので、中学時代でそれに匹敵するレベルの肩を持ち合わせていたと考えるととんでもない選手ですよね…!

2019夏の甲子園で優勝投手となった岩崎峻典投手も残りますし、履正社の強固な守備は今後も注目です。

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

Sponsored Link

履正社・関本勇輔はドラフト注目でホームラン期待

関本勇輔捕手は強肩に注目が集まる一方で、右の強打者としてバッティングでも才能を見せています。

2019秋の大阪大会初戦では2本のホームランを含む、4安打11打点の大暴れ。

チームも30対0と5回コールド勝ちを収めましたが、何とも派手に初陣を飾りましたね…!


1本目が右中間、2本目がバックスクリーンというのも見事で、引っ張るだけでなくセンターから右方向に持っていけていることも、ドラフト注目の長打力を証明していると言えます。

広角に強い打球が打てる右打者がクリーンナップに座るのは、相手バッテリーにとっても脅威でしょう。

同じく2020ドラフトでも注目されている左の大砲・小深田大地選手と並び、強力打線の中心として力を発揮していくことは間違いありません。

参考:履正社・小深田大地は中学で野茂ジャパン|ドラフト期待の大砲に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の履正社・関本勇輔は父を超えてほしい

冒頭でもお伝えしましたが、関本勇輔選手が注目を集める理由として、父親が元プロ野球選手の関本賢太郎さんだということも欠かせないでしょう。

関本賢太郎さんは阪神に約19年間在籍し、阪神の一時代を彩った選手といっても過言ではないですから、その息子である関本勇輔選手が注目を浴びるのも言わば当然なのかもしれません。

今でも父の賢太郎さんとは野球についての会話はするようですし、一番近くに元プロ野球選手がいる影響は大きいですよね…!


強肩強打のキャッチャーとしてドラフト候補にも名前が挙がるでしょうし、元阪神の父親を超えるような選手に成長してプロ野球でも活躍してもらいたいですね!

Sponsored Link

ドラフト注目の関本勇輔はイケメン捕手としても注目

攻守にレベルの高い選手である関本勇輔選手は、ドラフト候補として注目を浴びる一方で、その端正な顔立ちからイケメン捕手としても話題になっていくと思います。


2019夏の甲子園ではU18日本代表にも選出された明石商業の水上桂捕手がイケメンキャッチャーとして人気でしたが、関本勇輔選手も全国区になる日が楽しみです…!

大阪桐蔭をはじめ大阪大会は相変わらず全国屈指の激戦区ではありますが、池田凛選手ら甲子園でも活躍した好打者が残る履正社は間違いなく注目を集めます。

攻守の要、そしてチームの顔としても期待して、関本勇輔選手を応援していきたいと思います!

参考:池田凛(履正社)は中学で関西選抜|抜群の野球センスで攻守の要に成長

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック