2021注目の投手

竹中勇登(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速だけじゃないエース候補

大阪桐蔭で1年の2019秋からベンチ入りを果たした竹中勇登(たけなか はやと)投手。

出身の倉敷ビガーズでは中学日本代表にも選出された逸材で、高校での成長にも期待が寄せられています。

エースとして活躍する一方で四番だった打力も楽しみですし、これからの活躍にも注目ですね!

大阪桐蔭の注目右腕・竹中勇登投手を特集してみました。

竹中勇登は出身の倉敷ビガーズで中学日本代表

中学時代を岡山の倉敷ビガーズでプレーした竹中勇登投手。

中学3年時には主力選手として2018春のヤングリーグ全国大会で準優勝を果たしたほか、夏にもベスト8を経験していますね!

さらには投打の活躍が高く評価されてU15日本代表にも選出されており、中学卒業時には進路が話題になっていた選手です。


ちなみに日本代表では背番号3で内野手としてもプレーするなど、バッティングの面でも高い評価を受けているんですよね…!

ピッチャーとしての球速も素晴らしいものを持っていますが、強打の右打者としても見逃せません。

このときの日本代表には同じく2019秋からベンチ入りを果たした池田陵真選手らもおり、この世代の大阪桐蔭にも大きな期待が寄せられます。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

大阪桐蔭・竹中勇登の中学時代の球速は?

倉敷ビガーズ出身の竹中勇登投手ですが、中学時代から本格派としてストレートには注目が集まっていました。

中学で最速142キロをマークした真っ直ぐは抜群の球威で、ヤングリーグナンバーワン右腕と呼ばれた実力はダテではありません。


身長174cm・体重75kgの体格で高いポテンシャルを誇る竹中勇登投手にとっては、球速150キロの大台も極めて現実的と言えるでしょう。

中学で146キロをマークしている関戸康介投手らと共に、大阪桐蔭でも強力な投手陣の一角を担う存在として期待ですね…!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

Sponsored Link

竹中勇登は大阪桐蔭で2019秋からベンチ入り

竹中勇登投手は、1年生の2019秋に背番号16で初のベンチ入りを果たします。

大阪大会初戦の渋谷戦でいきなり公式戦初登板を果たし、1イニングを投げて1奪三振無失点。

四球を1つ出したものの、危なげないピッチングを見せました。


ベンチ入りを果たした同じ1年生の関戸康介投手松浦慶斗投手らも期待の逸材ですから、その先陣を切ってマウンドに上がった事実もポテンシャルの高さを証明しています。

投手だけでなく打者としても期待の逸材ですから、この先の戦いで打席に立つ機会も非常に楽しみです。

これから大阪桐蔭の中心選手としての活躍に期待して、竹中勇登投手を追い掛けていきましょう!

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック