2021ドラフト野手

立花祥希(横浜)は中学日本代表|ドラフト期待のキャッチャーに注目

中学卒業から間もない2019春に、高校野球の名門・横浜高校でベンチ入りを果たした立花祥希(たちばな よしき)選手。

小学では中日ドラゴンズジュニア、中学では野茂ジャパンに選出されるなど、世代トップクラスのキャッチャーとして早くも2021ドラフト期待の声も挙がっています。

強肩ぶりや長打力に素晴らしいものがある選手だけに、これから知名度も全国区になっていくでしょうね…!

横浜高校の主力としての成長に期待がかかる、立花祥希選手を特集してみました。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

立花祥希は小学時代に中日ジュニアでホームラン

高師スカイラークス出身の立花祥希選手は、小学時代から野球の実力が突出した右の強打者でした。

チームの主軸としてプレーして小学6年では中日ドラゴンズジュニアにも選出。

準決勝・決勝と2試合連続のホームランを放ち、12球団トーナメントの優勝に大きく貢献しました。

ちなみにソフトバンクジュニアのピッチャーは大会屈指の好投手で、現在は大阪桐蔭の関戸康介投手でした。

小学時代にも激突している世代トップクラスの対決が、甲子園の舞台でも観られる日が本当に楽しみですね!

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕が明徳を蹴ったワケ

Sponsored Link

立花祥希の中学時代は出身チームで日本代表

豊橋市立本郷中学に進んだ立花祥希選手は、野球では愛知豊橋ボーイズに所属します。

中学3年には強肩強打のキャッチャーとして「2018年ボーイズ春季全国大会」で優勝。

その実力が認められて中学でも野茂ジャパン(JUNIOR ALL JAPAN)に選出されていますから、名実ともに世代トップクラスの捕手と言えるでしょう。


このときの日本代表メンバーには、2019夏の甲子園でも1年生ながら好投を見せた東海大相模・石田隼都投手もいましたね!

高校でも神奈川でライバル同士の対決が続くことになりますから、中学日本代表同士の激突からは目が離せません。

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は国際試合でも

Sponsored Link

横浜・立花祥希はドラフト注目の打てるキャッチャー

打球の速さはピカ一

打てるキャッチャーとして2021ドラフトにも期待がかかる立花祥希選手ですが、まず注目すべきはバッティングでしょう。

身長172cm・体重73kgのどっしりとした体格で、打席での存在感はすでに1年生とは思えないオーラがあります。


中学時代にも全国屈指の強打者として進路が話題になっていたように、鋭いスイングから放つ打球の速さは群を抜いていますね…!

横浜高校では1学年上に天才・度会隆輝選手がいますが、 その度会選手と並んで左右の強打者として注目を浴びる資質は十分に秘めている選手です。

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

右方向にも打てる

また立花祥希選手の特徴として、右方向にも強い打球が飛ばせる点も見逃せません。

横浜高校で1年春からベンチ入りを果たしているのも納得で、実際に2019年6月の香川招待試合でも快音を連発していました。

※特に1分45秒あたりの打球は必見です

逆方向にこれだけ鋭い当たりを飛ばせる1年生はそうそういないですし、確実にこれから全国に名前が知れ渡る選手でしょうね…!

個人的には大阪桐蔭の池田陵真選手と並び、世代トップクラスの右打者だと思います。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

Sponsored Link

立花祥希は守備でも横浜高校の要として期待

2021ドラフト期待の横浜高校・立花祥希選手ですが、バッティングに加えて守備面での能力の高さも光ります。

二塁送球も低い弾道のボールを送れる強肩ですし、堂々としたプレーぶりは見ているこちら側にも安心感を与えるほど。

絶対的な存在感を放つキャッチャーがいることは、チームとしても大きな戦力になるでしょうね!


2020ドラフト注目の松本隆之介投手に同世代の金井慎之介投手ら、横浜高校も好投手が揃っていますから、立花祥希選手は守備でもどんどんピッチャーを引っ張っていってほしいものです。

これからの横浜高校で主力として期待がかかる選手だけに、成長を楽しみに追い掛けていきたいと思います!

参考:松本隆之介(横浜)がドラフト上位と注目される球速以外の理由とは

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック