2020ドラフト投手

松本隆之介(横浜)がドラフト上位と注目される球速以外の理由とは

2019年には2年生投手として唯一、U-18日本代表候補に選出された横浜高校の松本隆之介投手。

2018春には1年生ながら高校初登板で145キロをマークするなど、高いポテンシャルを持つサウスポーに期待がかかります。

2020年のドラフトでは上位で消えるとも言われている逸材は出身の戸塚シニア時代から好投手として話題になっていましたが、150キロは確実だとされているストレートはもちろん、それ以外の面でも高い評価を受けているんですよね。

身長188cm体重76kgの恵まれた体格や抜群のキレを誇る変化球にも注目しつつ、横浜高校の注目左腕・松本隆之介投手について詳しくみていきましょう。

参考:横浜高校の2020新入生は?メンバーは注目選手がズラリで期待大!

松本隆之介は出身の戸塚シニアでも話題【動画有】

ドラフト注目の横浜高校・松本隆之介投手は小学時代には横浜市立川上北小学校に通う傍ら、戸塚アイアンボンドスでプレー。

この頃は外野手として活躍しており、ジュニアリーグでは優秀選手賞に輝くなど主力選手の一人でした。

中学は横浜市立名瀬中学校に進学して戸塚シニアでプレーしていたのですが、当時から大型左腕として有名な選手でしたね!

戸塚シニアのエースとして「横浜DeNAベイスターズカップ」に出場し、準々決勝の横浜南ボーイズ戦では7回を被安打2にまとめる素晴らしいピッチングを披露しています。

制球に多少バラつきは見られるものの、球速は133キロをマークするなど速球の威力は健在で、奪った三振の数は11個にのぼりました。

大型左腕として戸塚シニア時代にも有名だった松本隆之介投手は、進路を決める際には県外の強豪校からも多数スカウトがあったとのこと。

動画でもわかる通り中学時代にはまだ細身でしたし、これから更に球速が伸びるであろうことは容易に想像できたとも言えるでしょうね!

Sponsored Link

横浜高校・松本隆之介は高校でも球速で沸かせた

多くの誘いを断って全国屈指の名門・横浜高校に入学した松本隆之介投手は、入学早々から大物ぶりを発揮しています。

公式戦初登板で145キロ

高校入学後、即ベンチ入りを果たした松本隆之介投手のデビュー戦は、2018春の県大会・横浜創学館との試合でした。

7回からの登板が高校初のマウンドということもあり、緊張からか連続四死球でツーアウト満塁のピンチを招きます。

最後の打者から見逃し三振を奪って7回コールドでの勝利となりましたが、点差以上にマウンドではヒヤヒヤしたでしょうね…。

ただ、この試合では制球に苦しんだ一方で145キロをマークして大器の片鱗を見せつけた試合でもあり、観客も大いに沸いたため松本隆之介投手を一躍有名にしたゲームとも言えます。


150キロ超えのストレートを持つプロ注目の先輩左腕・及川雅貴投手に勝るとも劣らない才能を秘めているとも言われていますし、2年生で唯一、U18日本代表候補に選出されているあたりも今後が非常に楽しみな投手です。

圧倒的な強さを見せて春の関東大会を制した東海大相模も、リードオフマンとして活躍する鵜沼魁斗外野手ら強打者揃いですから、神奈川大会は毎年ながら熱い戦いが期待できそうです。

参考:東海大相模・鵜沼魁斗の強打に注目|安打量産のずば抜けた打撃センス

Sponsored Link

中学時代からの急成長にも注目

また特筆すべきは戸塚シニア時代から著しい成長ぶりでしょう。

松本隆之介投手は中学3年生春に130キロ台中盤のストレートを投げられる投手だったため、いわば本格派左腕として騒がれることは予想の範疇でした。

特に横浜高校のような強豪で1年生から出場する選手は確実に注目を浴びますからね…!現に2019新入生でも、ライトで出場する左の好打者・安達大和外野手は早くも話題になっています。

そういう意味では才能に注目が集まるのは時間の問題だったように思いますが、まさかたった1年で最速145キロを投げ込むまでに成長するとは驚きました。

力強いストレートで押していくタイプのピッチャーですし、2019年6月の香川招待試合では尽誠学園戦で最速147キロをマークしています。

もちろんピッチャーは球速だけではないとはいえ、これからどこまで伸びるのかも楽しみですね…!

参考:安達大和が横浜高校を引っ張るプレイヤーになると思う3つの理由

Sponsored Link

横浜・松本隆之介がドラフト上位を期待される理由

本格派として注目される松本隆之介投手は、ストレートが投球の軸になるピッチャーであることは間違いありません。

もちろん左腕から繰り出されるストレートにも注目なのですが、「ドラフト上位間違いなし」とまで言われるのは球速以外の強みも大いに影響していると思います。

抜群の鋭さを見せるスライダー

松本隆之介投手の武器として欠かせない球種だと感じるのが「スライダー」です。

対戦する打者がストレートに振り遅れる場面が目立つ一方で、低めのスライダーを振らされていることも見逃せません。

手元で鋭く落ちるため、ストレートが低めにバシバシ決まるようになると変化球の見極めが本当に難しいでしょうね…。


チェンジアップも使えますし、緩急をつける投球術も身に付いてくると、より攻略が難しい投手に育っていくように感じます。

ちなみに前述の尽誠学園戦では7回を被安打4で無失点に抑えているほか、5回までに8奪三振と素晴らしい投球内容を見せました。

変化球にも磨きをかけた松本隆之介投手が甲子園のマウンドで躍動する日も、そう遠くないかもしれません。

Sponsored Link

大型左腕としての将来性

また、身長が190cm近い恵まれた体格も松本隆之介投手の大きな魅力の1つです。

それこそ中学時代からの球速の伸び方も目を見張るものがありますし、元々そのスケールの大きさは高く評価されていましたね。

教えて伸びるものでもないので天性というほかないのですが、高校生のドラフト指名に関しては「伸びしろ」が影響してくることは言うまでもありません。

2019春には背番号1を背負うなど、これまた大きな成長を見せている2年生右腕・木下幹也投手との熾烈なエース争いは2020年まで続きますしね…!

入学早々から囁かれていた「ドラフト上位指名確実」の声を、松本隆之介投手にはぜひとも現実のものにしてほしいものです。

参考:木下幹也(横浜)の魔球に注目|中学全国MVPの本格派は球種でも翻弄

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック