2021ドラフト投手

野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

岐阜の強豪・県岐阜商で入学当初の2019春から試合に出場している野崎慎裕(読み方は「のざき のりひろ」)投手。

キレのあるストレートと鋭い変化球を武器にする左腕で、中学時代から岐阜県選抜に選ばれるなど注目されていた逸材です。

2019秋の岐阜大会・東海大会でも好投をみせ、チームを東海大会準優勝に導きましたね!

2021ドラフト候補としても期待がかかる、県岐阜商の野崎慎裕投手について特集していきましょう。

野崎慎裕は中学時代に西濃ボーイズで岐阜県選抜

左投げ左打ちの野崎慎裕投手は、中学時代を西濃ボーイズでプレーしていました。

チームのエースとして活躍し「第18回理事長杯争奪大会」で優勝するなど、投手陣を支える存在でしたね!

中学3年時には実力が高く評価されて、岐阜県選抜シャークスに選出。

その中学時代から最速132キロのストレートを投げており、進路が注目されていた選手の一人でした…!

多くの高校から誘いがある中で、秀学館の躍進を支えた鍛治舎巧監督が率いる県岐阜商に進学。

1年の2019秋から主戦としてマウンドに上がっていますし、今後の活躍にも大きな期待がかかりますね!

Sponsored Link

県岐阜商・野崎慎裕はドラフト期待のサウスポー

球速以上のキレ

まず野崎慎裕投手の大きな武器になっているのが、抜群のキレを誇るストレートです。

2019秋の時点で最速138キロを記録していますし、球速が140キロを超えてくるのも時間の問題でしょう。

さらに球速以上に速さを感じさせるキレが相手チームの脅威になっていて、「わかっていても打てない」との声もあるほど。

1年生ながらベンチ入りを果たした、2019夏の岐阜大会2回戦・大垣西戦でも、そのストレートを活かし、7イニングを2失点に抑えるロングリリーフでチームの勝利に貢献しましたね!

入学当初は5回の甲子園出場が目標と語っており、監督からも「こっちが(気持ちを)抑えろと言うくらい強い子」と言われている野崎慎裕投手。

球速はもとより、マウンドで見せる強気のピッチングからも目が離せません。

変化球も鋭い

球速140キロに迫るストレートだけでなく、鋭い変化球も武器にしている野崎慎裕投手。

球種は主にチェンジアップとスライダーを上手く投げわけ、凡打の山を築いています。

特にチェンジアップは現ソフトバンク・田浦文丸投手を指導した鍛治舎巧監督から教わり、ブレーキのかかった非常に打ちにくいボールになっています。

そのチェンジアップを活かし、2019秋の東海大会準々決勝・愛工大名電戦では五回を無失点7奪三振の好投を見せました。

ストレートの球速が伸びてくれば更にチェンジアップが活きてくると思いますし、奪三振率の高さにも期待ですね!

東海地区でしのぎを削ることになる、同じくドラフト注目の愛工大名電・田村俊介投手らとは、今後の対戦には大いに期待したいところです…!

参考:田村俊介(愛工大名電)の二刀流に注目|明徳に残らなかった理由はなぜか

Sponsored Link

ドラフト注目の野崎慎裕は県岐阜商でどこまで伸びる

2019秋からは県岐阜商のエース格として活躍している野崎慎裕投手ですが、2021ドラフト期待の左腕だけにこれから注目度はさらに増しそうです。

球速以上のスピードを感じさせるストレートは相手チームの大きな脅威になっていますし、変化球のキレも抜群。

ハイレベルな投手であることは間違いありませんから、名将・鍛治舎巧監督の指導を受けてどこまで成長できるかが非常に楽しみな投手ですね!


県岐阜商は2020センバツ甲子園も当確と見られていますし、全国の舞台でのピッチングには大いに注目していきましょう。

中京大中京の畔柳享丞投手ら、同世代のドラフト候補とは切磋琢磨して伸びていってほしいものです。

野崎慎裕投手の甲子園での活躍にも期待しつつ、2021ドラフトまでにどんな成長を見せてくれるのかも注目しながら応援していきたいですね!

参考:畔柳亨丞(中京大中京)の中学時代の球速は?日本代表は奪三振も凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック