2021ドラフト候補

2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

2021年に高校3年生を迎える世代には、投手として期待の逸材が多く揃っています。

入学早々からマウンドに上がっていた投手もいますし、黄金世代と期待が高まるのも納得の面々なんですよね…!

この記事では、2021ドラフト候補の高校生投手を特集していきたいと思います。

随時更新していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

参考:2022ドラフト候補の高校生投手【最新】スカウト注目の逸材を特集

目次

【北海道地区】ドラフト候補の高校生投手

北海・木村大成(左腕)

2019春の時点で球速138キロをマークしていた、キレが自慢のサウスポー。

綺麗なフォームから投げ込まれるボールは制球も良く、抜群のマウンド度胸でピンチに動じない強さも持っている期待の投手です。

参考:木村大成(北海)は北広島出身|マウンドで魅力を感じる3つの理由

旭川実業・田中楓基

中学時代には北海道選抜にも選出された本格派右腕で、2019秋には最速142キロをマークしています。

粗削りな面は見受けられるものの素材は一級品で、今後の伸びしろに期待の好投手ですね!

参考:田中楓基(旭川実業)の中学の球速は?北海道選抜の右腕はドラフトも注目

Sponsored Link

【東北地区】ドラフト候補の高校生投手

青森山田・藤森粋七丞

中学日本代表にも選出された本格派右腕で、その投げっぷりは見ていて気持ちが良いほど。

2019秋からの新チームでも投手陣の軸として活躍していますし、甲子園でのピッチングをぜひ観たい投手の一人です。

参考:青森山田・藤森粋七丞の球速に注目|中学日本代表はドラフト期待

明桜・風間球打

182cmの長身から150キロ近いストレートを投げ込む右のオーバーハンドで、角度のある真っ直ぐには定評があります。

これから制球力がついてくると更に楽しみな投手だけに、世代屈指の球速を誇る本格派として注目度をさらに上げていくことは間違いありません。

参考:風間球打(明桜)はドラフト注目|角度のある真っ直ぐは球速以上

仙台育英・笹倉世凪(左腕)

最速147キロを誇り、世代ナンバーワン左腕とも呼ばれているドラフト上位候補。

2019夏の甲子園でも好投を見せたほか、バッティングでもホームランを連発する怪物ぶりを発揮しており、投打に目が離せない逸材です。

参考:笹倉世凪(仙台育英)はドラフト上位|豪腕が誇るもう1つの武器

仙台育英・伊藤樹

140キロ台中盤のストレートと多彩な変化球が武器で、クレバーな投球が光る右腕。

捕手経験を活かした洞察力なども含め、完成度の高さには定評があるだけに、もうワンランク上の投手になると手が付けられないでしょうね…!

参考:伊藤樹(仙台育英)は球速だけじゃない|ドラフト候補は楽天ジュニア出身

仙台育英・千葉倖生(左腕)

身長186cmで体重も90kg超と恵まれた体格を誇る本格派で、秘めたポテンシャルは世代屈指のものがあります。

中学時代には宮城選抜も経験しており、高校でも大化けの可能性を秘めた投手だけに2021ドラフトに指名されるような急成長が楽しみです…!

参考:千葉倖生(仙台育英)はドラフト期待|球速に注目の大型左腕は宮城選抜

花巻東・菱川一輝

2019秋に最速147キロをマークした、2021ドラフトの目玉候補。

ダイナミックなフォームから球威のある真っ直ぐを投げ込む右腕で、187cmの長身から投じるストレートは見ものです。

参考:菱川一輝(花巻東)はドラフト期待|球速は中学時代から逸材ぶりを発揮

水沢・伊藤裕平

2020夏に最速143キロをマークした本格派右腕で、バランスの良い投球フォームで伸びしろも十分。

中学時代には岩手県選抜のメンバーにも選ばれており、高校生投手として2021年には東北のドラフトを沸かせてくれる一人でしょう。

参考:伊藤裕平(水沢)はドラフト期待|球速も注目の右腕は中学で全国ベスト8

Sponsored Link

【関東地区】ドラフト候補の高校生投手

前橋育英・菊池樂(左腕)

抜群のキレを誇るストレートに加えて、変化球とのコンビネーションが冴えるサウスポー。

1年の2019秋からエースを務めていますが、フィールディングなどを含めた総合力の高さもあるため今後評価を上げていくでしょうね!

参考:菊池樂(前橋育英)は完成度に注目|ドラフト期待の左腕は中学も県選抜

浦和学院・三奈木亜星

入学早々に名門でベンチ入りを果たした二刀流は、2019秋からエースナンバーを背負っています。

経験も豊富で下級生とは思えない存在感を放っているだけに、ドラフトでも注目を浴びるでしょう。

参考:三奈木亜星(浦和学院)はドラフト期待|中学で全国準優勝の二刀流

花咲徳栄・高安悠斗

184cmの長身から最速140キロ超のストレートを投げ込む大型右腕で、制球力も高く安定感のあるピッチングに期待。

小学では横浜DeNAベイスターズジュニアのメンバーにも名を連ねるなど、ポテンシャルは十分だけに2021年にかけての進化には大いに期待しています。

参考:高安悠斗(花咲徳栄)は球速に注目|ドラフト期待の右腕が急成長

木更津総合・島田舜也

最速140キロ台中盤のストレートを軸に、安定感のあるピッチングを披露する高校生投手。

身長180cm超の大型右腕ですから、身体の厚みが増してくると2021ドラフト候補としても全国的に騒がれる投手になりそうです。

参考:島田舜也(木更津総合)はドラフト期待|球速に注目の右腕は中学も選抜

関東一・市川祐

1年生ながら2019夏の甲子園でも好投を見せた本格派右腕で、180cm超の長身から球威のあるストレートを投げ込みます。

ブレーキのきいたチェンジアップで緩急もあり、この先で注目を集める投手に成長していくでしょう。

参考:市川祐(関東一高)は中学日本代表|ドラフト期待の次世代エース

帝京・植草翔太

身長189cm・体重84kgの恵まれた体格を誇る大型右腕で、高校生投手としてのスケールの大きさはピカイチ。

決め球のフォークも威力十分のため、これから球速がさらにアップするとドラフトの可能性は十分にある投手と言えるでしょう。

参考:植草翔太(帝京)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の大型右腕

東海大相模・石田隼都(左腕)

2019夏の甲子園でも好投を見せて話題になったサウスポーで、最速142キロをマーク。

身長は183cmながら細身のため、これからのトレーニングで更なる力強さが出てくるとドラフトで騒がれる可能性は十分です。

参考:石田隼都(東海大相模)は野茂ジャパン|驚異の奪三振は国際試合でも

東海大相模・大森幹大

最速140キロのストレートに加え、変化球の精度も高い本格派右腕。

中学時代にはエース・四番で全国大会でも屈指の好投手と注目を集めていただけに、高校での更なる進化は非常に楽しみです。

参考:大森幹大(東海大相模)は球速に注目|ドラフト候補は中学で全国8強

横浜・金井慎之介(左腕)

綺麗な投球フォームから中学時代に最速136キロをマークしていたサウスポー。

鋭いスライダーも大きな武器になっていて、神奈川県内でもトップクラスの投手へ成長してくれることに期待です!

参考:金井慎之介(横浜)の球速はまだ伸びる|中学時代に完投0の理由が凄い

桐蔭学園・中本統一(左腕)

身長182cm・体重85kgのどっしりとした体格で、最速140キロ超のストレートが魅力の大型左腕。

中学では全国優勝のメンバーでもあり、マウンド経験を積めばスケールの大きな高校生投手としてドラフトを沸かせる可能性は十分です。

参考:中本統一(桐蔭学園)はドラフト期待|球速も注目の左腕は世田谷西シニア

Sponsored Link

【東海地区】ドラフト候補の高校生投手

静岡・高須大雅

身長189cmの恵まれた体格で覚醒が楽しみな大型右腕。

小学時代には中日ドラゴンズジュニアに選出されるなど、ポテンシャルは十分だけにこの先での進化には期待したい高校生投手です。

参考:高須大雅(静岡)はドラフト注目|球速と将来性に期待の大型右腕

愛工大名電・田村俊介(左腕)

2019夏からエースナンバーを背負っている、明徳義塾中学出身のサウスポー。

バッティングにも非凡なセンスを見せていますし、全国区になれるポテンシャルは十分に秘めている逸材です。

参考:田村俊介(愛工大名電)の二刀流に注目|明徳に残らなかった理由はなぜか

中京大中京・畔柳享丞

2019秋に最速144キロをマークしている本格派右腕。

強固な中京大中京投手陣の一角を担うなど経験豊富な投手だけに、間違いなく東海地区で注目を浴びる一人と言えるでしょう。

参考:畔柳亨丞(中京大中京)の中学時代の球速は?日本代表は奪三振も凄い

県岐阜商・野崎慎裕(左腕)

キレのあるストレートと精度の高い変化球をテンポよく投げ込むサウスポー。

ブレーキのきいたチェンジアップを操り、打者のタイミングを崩すことに長けている投手です。

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

県岐阜商・松野匠馬

1年の2019秋の時点で最速142キロをマークした本格派右腕で、2019秋の東海大会決勝では、中京大中京の強力打線を相手にも4回1失点の好投を見せました。

身長181cmの体格は更にこれから厚みが増しそうですし、県岐阜商のハイレベルな争いの中でまだまだ伸びてくるでしょう。

参考:松野匠馬(県岐阜商)の球速に注目|中日ジュニア出身右腕は家系も凄い

岐阜第一・阪口樂

身長186cm・体重94kgの恵まれた体格で投打にパワフルなプレーを見せる大型右腕。

左打者としては逆方向にホームランを叩き込む力を持っており、二刀流でドラフト候補となって騒がれることは間違いないでしょう。

参考:阪口樂(岐阜第一)はドラフト期待|ホームランも注目の二刀流が凄い

大垣日大・清田蒼陽

身長185cm・体重87kgの恵まれた体格から力強いストレートを武器に、覚醒に期待がかかる大型右腕。

中学時代にはU15日本代表も経験しており、ポテンシャルは十分だけに高校でどこまで成長を遂げるかは見ものですね!

参考:清田蒼陽(大垣日大)はドラフト期待|中学日本代表の大型右腕に注目

Sponsored Link

【北信越地区】ドラフト候補の高校生投手

金沢龍谷・井上透摩(左腕)

中学時代には東海選抜のエースとしても活躍した大型投手。

スライダー・チェンジアップをはじめ変化球の精度も高く、これからの成長に期待のサウスポーです。

参考:井上透摩(金沢龍谷)はドラフト期待|中学で東海選抜の大型左腕

Sponsored Link

【近畿地区】ドラフト候補の高校生投手

大阪桐蔭・関戸康介

2021ドラフトでは目玉になれるポテンシャルを秘めた本格派右腕。

小学時代から世代トップクラスとして注目を浴びてきた投手ですし、その実力は確かなものを持っているだけに、全国的に話題になる日もそう遠くないでしょう。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

大阪桐蔭・松浦慶斗(左腕)

中学時代には北海道ナンバーワン左腕と称された本格派で、2019秋にはすでに球速146キロをマーク。

2021ドラフト候補として名前が挙がることは間違いなく、甲子園では全国の高校野球ファンを沸かせてくれるかもしれません。

参考:松浦慶斗(大阪桐蔭)は中学日本代表|球速160キロ左腕とは従兄弟

履正社・渡邊純太(左腕)

身長180cm・体重84kgと恵まれた体格から、直球と変化球のコンビネーションで高い奪三振率を誇るサウスポー。

完成度の高さ、将来性ともに申し分なく、高校生投手の大型左腕として全国的にも話題になるでしょう…!

参考:渡邊純太(履正社)はドラフト期待|球速と奪三振に注目の好左腕

智弁学園・小畠一心

1年春から好投を見せて話題になっていた投手で、2019夏には甲子園のマウンドにも上がりました。

投打にポテンシャルの高さを感じさせる選手ですから、ドラフト候補としても大いに期待したい選手ですね!

参考:小畠一心(智弁学園)が持つ球速以上の武器に二刀流の可能性を感じる

智弁学園・西村王雅(左腕)

キレのあるボールを投げ込む左腕で、入学早々の2019春から頭角を現していた逸材。

球速以上のスピードを感じさせるストレートは見もので、これから140キロ台中盤まで伸びるといよいよ手がつけられなくなりそうです…!

参考:西村王雅(智弁学園)は中学で関西一|抜群のキレはドラフト級の左腕

天理・達孝太

身長192cmの恵まれた体格から直球・変化球ともに精度の高いボールを投げ込む本格派右腕。

抜群の制球力も兼ね備えている上に緩急もあり、これから全国区の投手になっていくことは間違いないでしょう。

参考:達孝太(天理)はドラフト期待|球速以外の武器に注目の超大型右腕

京都国際・金森塁(左腕)

最速140キロ超のストレートを武器にしたピッチングと、マウンド度胸の良さに注目の大型左腕。

中日ドラゴンズジュニアや中学の愛知県選抜にも選ばれるなど、早くから実力を示していた投手だけに豊富な経験もこの先での力になるでしょう。

参考:金森塁(京都国際)はドラフト期待|球速に注目の左腕は中学で県選抜

報徳学園・久野悠斗(左腕)

抜群のキレを誇るサウスポーで、身長183cmの長身から投げ込むストレートは質の高さにも注目です。

球速以上のスピード感を覚える直球はスカウトとしても見逃せないでしょうね…!

参考:久野悠斗(報徳学園)はドラフト期待|球速以上のキレと完成度に注目

智弁和歌山・中西聖輝

140キロ超のストレートを武器にする右腕で、中学時代には関西ナンバーワンとも称されていました。

多彩な変化球を投げ分けるなど完成度も高く、2021ドラフトでは注目投手の一人になってくるでしょうね!

参考:智弁和歌山・中西聖輝は中学で関西選抜|球速だけじゃない次世代エース候補

市和歌山・小園健太

身長184cm・体重85kgの体格から、最速150キロ目前のストレートは世代屈指の右腕。

内角へのコントロールに優れ、キレのある変化球とのコンビネーションで奪三振率の高さも見逃せないドラフト上位候補です。

参考:小園健太(市和歌山)はドラフト注目|球速も期待の右腕は中学全国V

Sponsored Link

【中国・四国地区】ドラフト候補の高校生投手

広島新庄・秋山恭平(左腕)

高い奪三振率を誇るサウスポーで、球速以上のスピードを感じさせるキレも兼ね備えた投手です。

全国的に注目を浴びる可能性は十分にある投手だけに、全国の舞台でぜひ観たいピッチャーですね!

参考:秋山恭平(広島新庄)は球速以上の凄み|中学日本代表のドクターK

岡山学芸館・仲村竜

184cmの長身から投げ下ろすストレートが魅力の大型右腕。

中学で139キロをマークしているだけに、順調に成長を遂げると150キロの大台も射程圏内と言えるでしょう。

参考:仲村竜(岡山学芸館)は沖縄出身|球速140キロ超で期待の大型右腕

玉野商工・長谷川康生(左腕)

小中学でも世代トップクラスの投手として活躍を見せてきたサウスポーで、2019夏にはノーヒットノーランも達成。

球速140キロ超えのストレートに加えて、キレのある鋭いスライダーは一級品です。

参考:長谷川康生(玉野商工)の中学の球速は?ドラフト期待の全国優勝投手

高知・森木大智

中学時代に150キロをマークした怪物は、2021ドラフト候補の目玉としても期待が高まります。

打倒・森木を掲げて対策を練られる中で、どれほどのピッチングを見せるか。甲子園での快投が観たい投手ですね!

参考:森木大智(高知)にドラフト12球団1位指名を期待してしまう4つの理由

明徳義塾・代木大和(左腕)

身長183cm・体重84kgのどっしりとした体格で、1年の2019春からマウンドに上がっていた大型左腕。

ポテンシャルの高さは馬淵史郎監督も絶賛しているだけに、ワンランク上の投手に覚醒できるかが焦点になってきそうです。

参考:代木大和(明徳義塾)はドラフト期待|中学全国経験なしも高校で覚醒

Sponsored Link

【九州・沖縄地区】ドラフト候補の高校生投手

創成館・鴨打瑛二(左腕)

身長194cmと規格外の体格を誇るサウスポーだけに、大化けに期待がかかります。

マウンド上での落ち着きも投手としての資質を感じさせますし、今後の成長からは目が離せません。

参考:鴨打瑛二(創成館)はホークスジュニア出身|超大型左腕の武器に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック