2021ドラフト投手

秋山正雲(二松学舎大付)はドラフト期待|球速以上の左腕に注目

東京の荒川シニアの主力で活躍し、2019春からは二松学舎大付に進路をとった秋山正雲(名前の読み方は「あきやま せいうん」)投手。

最速140キロ台中盤をマークしているストレートを軸に、キレのあるスライダーも武器にする本格派左腕です。

小学時代はヤクルトスワローズジュニアにも選出されるなど、早い時期から抜群のセンスで注目を集めていたピッチャーですね…!

二松学舎大付のエースとして2021ドラフトにも期待の、秋山正雲投手を特集していきましょう。

参考:二松学舎大付の2021メンバーは?野球センスに期待の注目選手が集結

秋山正雲は小中学時代から注目のピッチャー

小学ではヤクルトジュニアに選出

左投げ左打ちの秋山正雲投手は、軟式野球チームの流山カージナルスで野球を始めました。

小学6年時にはヤクルトスワローズジュニアの18人のメンバーにも選出され、背番号17でNPBジュニアトーナメントに出場。

ソフトバンクホークスジュニアとの一戦では登板も果たし、チームとしてもベスト4の成績を残しています。

ちなみにヤクルトスワローズジュニアでチームメイトだった星憂芽選手は、日大三の主力で同じく2021ドラフト候補ですから、かつての戦友との対戦もぜひ見てみたいですね…!

中学時代は荒川シニア出身

中学への進学後には、硬式野球チームの荒川シニアでプレーしていた秋山正雲投手。

荒川シニアでも早い時期から頭角を現し、中学でも主力投手の一人となって活躍していましたね…!

侍ジャパンの4番も務めた鈴木誠也選手も荒川シニアから二松学舎大付に進んでいますし、秋山正雲投手も大物になることを期待しています!

Sponsored Link

二松学舎大付・秋山正雲は球速に期待の本格派

2020秋から二松学舎大付のエースを任されている秋山正雲投手ですが、やはりストレートの球速は注目です。

ストレートは2年の2020秋の時点で最速143キロをマークしていて、東京屈指の左腕であることは間違いありません。

身長170cm・体重70kgと体格的に大柄ではないものの、球速以上のキレを誇るだけに2021シーズンにかけては更に注目度がアップするでしょうね…!

これから身体が出来てくればさらにストレートも伸びてくるでしょうから、今後の球速の伸びにも期待しています。

Sponsored Link

ドラフト期待の秋山正雲は球速以上の左腕

インコースへの制球

球速140キロ超のストレートにくわえ、インコースへの制球力も秋山正雲投手の大きな武器になっています。

左投手特有の右打者インコースへのクロスファイアも威力抜群ですし、左打者のインコースへも臆することなく強気に投げ込むコントロールは見もの。

左腕から繰り出すボールはキレも素晴らしく、2020秋の東京大会・佼成学園戦では5回を投げて10奪三振と奪三振率の高さも見せていましたね!

変化の鋭いスライダーをはじめ変化球も大きな武器になっていますし、世代屈指の好左腕として2021ドラフトでも注目です。

スタミナも抜群

ストレートの球速や切れ味鋭い変化球だけでなく、圧倒的なスタミナでも二松学舎大付の投手陣を牽引する秋山正雲投手。

先発した2020秋の早稲田実業戦では9回4失点8奪三振で完投しましたが、172球を投げながら9回に140キロの球速をマークして高校野球ファンを驚かせていました。

これだけの球数を投げても球速が落ちないのは、やはり下半身が安定しているからでしょうね!

秋山正雲投手の投球には安定感があり、完成度の面でも日大三・宇山翼投手らと共に東京を沸かせてくれる投手。二松学舎大付から全国区になってほしいピッチャーです。

参考:宇山翼(日大三)は安定感抜群|中学日本代表の左腕はキレが凄い

Sponsored Link

秋山正雲は二松学舎大付の中心でドラフトも注目

2020秋からは背番号1を託され、二松学舎大付の大黒柱となっている秋山正雲投手。

2年の秋で最速143キロを記録しているサウスポーだけに、今後の成長次第では2021ドラフトでも上位指名される可能性は十分にあるのではないでしょうか。

直球・変化球ともに抜群のキレを見せていますし、全国レベルの打線を相手にどこまでのピッチングを見せるかはぜひ注目したいところ。

二松学舎大付の中心選手としてますます目が離せなくなってきますし、ドラフト候補としても秋山正雲投手の投球を楽しみにしていきたいと思います。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック