2021ドラフト野手

星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

強豪・日大三高で1年生から2019夏のベンチ入りを果たした星憂芽選手。

日本代表に選出されるなど中学卒業時には進路に注目が集まっていた逸材ですが、高校でも抜群の身体能力を活かして話題になりそうですね!

出身の小山ボーイズでも下級生からレギュラーとして活躍していますし、これからの活躍は目が離せません。

投打に輝きを放ち将来にも期待がかかる、日大三高の星憂芽選手を特集していきましょう。

星憂芽は小学時代から全国トップクラスの逸材

小学ではヤクルトスワローズジュニア

小学時代に杉戸レッドスターズでプレーしていた星憂芽選手。

速球派のピッチャーで主力として活躍し、小学6年時にはヤクルトスワローズジュニアにも選出されました。

背番号14でピッチャーとして登録されており、このときのチームメイトには東海大相模の大塚瑠晏選手がいます。

二人は後述の小山ボーイズでも一緒でしたが、揃って突出した才能を見せていましたね…!

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|抜群の野球センスで攻守に注目

出身の小山ボーイズでは中学日本代表に

星憂芽選手は中学では強豪の小山ボーイズに所属。

小山ボーイズの1学年上には常総学院・中山琉唯選手や大阪桐蔭・仲三河優太選手ら錚々たる顔ぶれが揃い、三度の全国準優勝を果たすなど「黄金世代」とも呼ばれていました。

その中で星憂芽選手が下級生からスタメンに名を連ねていたことは、その優れた実力を証明しているとも言えるでしょう。

中学3年時には同じく小山ボーイズで早くから活躍を見せていた大塚瑠晏選手と、揃って世界大会の日本代表に選ばれたことも何ら不思議ではありませんね!


「第1回中村紀洋杯」では最優秀選手賞(MVP)を受賞したほか、鶴岡一人記念大会でも東日本選抜として敢闘賞を獲得。

さらには東日本報知オールスターの栃木県選抜にも選ばれるなど、経歴が能力の高さを物語っていますよね…!

世代トップクラスの選手として、今後の成長が本当に楽しみです。

参考:中山琉唯(常総学院)は日本代表|ドラフト注目捕手は小山ボーイズ出身

Sponsored Link

日大三・星憂芽のずば抜けた身体能力は必見

一目でわかる俊足

随所にポテンシャルの高さを感じさせる星憂芽選手ですが、特に目を引くのがスピード感です。

50メートル5秒6の俊足は攻守に光り、初めて観たときにはただただ驚愕でした…!

中学2年で臨んだジャイアンツカップではランニングホームランも記録していますし、センターでも守備範囲の広さは群を抜いています。

日大三ではライトのポジションを主に守っており、すでに高校トップクラスの脚力を持っていると言っても過言ではないでしょう。

智弁和歌山の新主将・細川凌平選手も俊足で有名な外野手ですが、星憂芽選手は勝るとも劣らない足を持っている選手です。

Sponsored Link

ホームランも打てる打撃センス

さらに星憂芽選手は打撃センスも素晴らしいものを持っており、攻撃面で強い存在感を示すことにも注目です。

身長172cm・体重65kgと決して大柄ではないものの、単打だけでなくホームランも打てる選手なんですよね…!


2019ドラフト注目の井上広輝投手をはじめ、全国的にもレベルの高い日大三で1年夏からベンチ入りを果たしていた実力はダテではありません。

1学年下にも浅倉大聖選手をはじめ楽しみな選手が揃いますが、星憂芽選手にはチームの中心で引っ張っていってほしいですね!

参考:浅倉大聖(日大三)はホームランに期待|中学日本代表の左スラッガー

Sponsored Link

ドラフト期待の日大三・星憂芽は強肩ぶりも凄い

攻撃面で強さを見せる一方で、星憂芽選手は強肩ぶりも見逃せません。

遠投110メートルと外野手としてのスローイングも目を見張るものがありますし、中学時代には投手としても活躍を見せています。

中学3年時には強豪が集うジャイアンツカップの滋賀野洲ボーイズ戦でノーヒットノーランを達成。

野手でありながら最速138キロのストレートを投げ込むポテンシャルは、文句なしに世代トップクラスです。

日大三でも齋藤広空選手らと共に、攻守でチームを引っ張る存在であることは間違いありません。

否が応でも2021ドラフトに期待がかかる逸材ですから、この先の星憂芽選手の成長に期待して、応援していきたいと思います。

参考:齋藤広空(日大三)は攻守に注目|中学日本代表の逸材はドラフト期待

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック