2021ドラフト野手

東海大相模・大塚瑠晏はドラフト期待|中学日本代表の野球センスは必見

全国屈指の強豪・東海大相模で1年の2019夏からベンチ入りを果たした、右投げ左打ちの大塚瑠晏(読み方は「おおつか るあん」)内野手に注目が集まっています。

出身の小山ボーイズでも不動のショートとして当時から注目されていた選手で、中学のボーイズ日本代表も経験している逸材。

ずば抜けた守備力にミート力に長けたバッティングと、間違いなく高校でも全国的に有名になるであろう素晴らしい選手なんですよね。

攻守に存在感を示す東海大相模のドラフト候補・大塚瑠晏選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

大塚瑠晏は小中学時代から野球センス抜群の注目選手

小学時代はヤクルトスワローズジュニア

抜群の野球センスを持つ大塚瑠晏(読み方は「るあん」)選手は栃木の出身で、栃木市立南小学校に通っていました。

当時から内野手としてプレーしており、6年生時にはヤクルトスワローズジュニアに選出。背番号3を背負って中心選手としてトーナメントを戦っています。


ヤクルトスワローズジュニアの選考会は三次まで突破する必要があるわけですが、2015年の選考会には400人以上が参加していますね。

このなかで二次(120名)、三次(30名)と絞られて最終18名のメンバーに選ばれたため、小学時代から優れた選手であったことがわかります。

出身の小山ボーイズでは中学日本代表に

栃木南中学に進学した大塚瑠晏選手は、野球は小山ボーイズに所属します。

2年生だった2017年にはジャイアンツカップ準優勝を果たすなど強豪のなかで、ショートのポジションでレギュラーとして活躍。

2年生ですでに不動のショートとして、チームの中心選手だったことが驚きですよね…!

東海大相模の1学年先輩である西川僚祐選手らが所属していた強豪・佐倉シニアとの一戦でも「二番・ショート」でスタメンに名を連ねていました。

「第1回中村紀洋杯」では優秀選手賞とベストナインに輝くなど、天才とも称される華麗な守備とシャープなバッティングを武器に3年時には日本代表にも選出。

同じく中学日本代表の石田隼都投手とは高校でチームメイトですから、東海大相模は今後も全国トップクラスのチームとして注目を浴び続けるでしょうね…!

参考:石田隼都は野茂ジャパンの主戦左腕|驚異の奪三振は国際試合でも

Sponsored Link

東海大相模・大塚瑠晏の守備力はドラフト級

攻守にハイレベルなプレーを見せる大塚瑠晏選手ですが、まず特筆すべきはずば抜けた守備力です。

入学して間もない2019夏の大会前の時点で「十分にレギュラーでイケる」と言われていましたが、その華麗な守備は本当に目を奪われてしまいますね…!

打球に対する一歩目の速さや捕球からスローイングまでの身のこなしなど、いずれも一級品ですし、試合前のシートノックの時点でちょっと次元が違いましたね…。

2020ドラフト期待の加藤響選手をはじめ層の厚い東海大相模の内野陣でも、早くからレギュラーを勝ち取っているのも納得の逸材。

間違いなく2021世代では高校野球界を代表する内野手でしょう。

参考:加藤響が東海大相模を選んだ理由|ドラフト期待の身体能力は大注目

Sponsored Link

大塚瑠晏はバッティングでも東海大相模の武器

優れたミート力

守備で魅せる一方で、大塚瑠晏選手はバッティングでも高い評価を受けています。

ミートが上手く左右に打ち分けることができますし、打席でも十分にセンスを感じさせるバッターで本当に将来が楽しみですね…!

2年の2020夏には神奈川大会でリードオフマンも任されていますが、スイングの力強さが増しており明らかに打力がアップしています…!

外野の間を抜ける打球が多い上に、俊足も兼ね備えた選手のため長打を記録する場面も少なくありません。

ホームランも打てる長打力

身長172cm・体重65kgと小柄ながら、ホームランも打てる長打力は大塚瑠晏選手のもう1つの強みでもあります。

2019年5月の練習試合では令和早々にホームランを記録していますし、華麗な守備はもちろんのこと、攻撃力の点でも非の打ち所がありません。

間違いなく今後はチームの中心になるでしょうから、高校でどこまで打力が伸びるのかを期待してしまいますね!

同世代で早々にベンチ入りを果たしている門馬功選手らと共に、東海大相模の強力打線で核になってほしいバッターです。

参考:門馬功(東海大相模)は強打に注目|監督の息子は次世代の主軸

Sponsored Link

東海大相模・大塚瑠晏選手はドラフトにも期待

豊富な経験と精神力

攻守にずば抜けたポテンシャルを発揮している大塚瑠晏選手ですが、全国屈指の強豪である東海大相模でも、中心選手としてこれから全国的に有名になっていくでしょう。

野球センスや技術の高さはもとより、グラウンドでまったく委縮していない精神的な強さも大きな武器と言えますね。

中学時代の日本代表をはじめ、各世代において全国トップクラスの環境に身を置いてきた経験はダテではありません。

縦縞のユニフォームがめちゃくちゃ似合うあたりもスター性を感じてしまいますしね…!

ドラフト注目の山村崇嘉主将からも「全国で一番上手い」と一目置かれていますし、全国の高校野球ファンが忘れられない名前になるでしょう。

参考:東海大相模・山村崇嘉はドラフト注目|中学時代は二刀流でも全国屈指

ベンチ外の悔しさもバネに

攻守に優れたセンスを見せ、大塚瑠晏選手は2019夏の神奈川大会でベンチ入りを果たします。

しかし甲子園メンバーには選ばれず、ベンチ外になってしまったんですよね。

神奈川大会でメンバーに名を連ねたこと自体が物凄いことですが、とはいえ悔しさがなかったはずもないでしょう。

このときの想いが大塚瑠晏選手を一回り大きくしてくれるような気がして、この先の活躍からは目が離せません。

2020夏の甲子園交流試合ではベンチ入りを果たしていますが、小島大河選手ら同世代にもハイレベルな選手が揃いますし、切磋琢磨しながらドラフト注目選手として存在感を示してほしいですね!

甲子園の舞台で大いに暴れまわってくれることに期待して、大塚瑠晏選手を応援していきたいと思います。

参考:小島大河(東海大相模)はセンス抜群|中学は相模ボーイズで主軸

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック