2021注目の内野手

小島大河(東海大相模)はセンス抜群|中学は相模ボーイズで主軸

東海大相模で1年秋からスタメンに名を連ねている右投げ左打ちの小島大河選手。

中学時代には相模ボーイズで全国大会も経験した内野手で、攻守にセンスを感じる将来が楽しみなプレイヤーです。

2019秋には高校初の公式戦で三番を任されるなど、今後も注目していきたいバッターですね!

これから東海大相模の中心としての成長に期待がかかる、小島大河選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

小島大河は小学時代にベイスターズジュニア選出

東海大相模の小島大河選手は神奈川県伊勢原市の野球チーム・高部屋少年野球部出身で、投手兼内野手としてプレーしていました。

主力として当時から高い実力を誇っており、小学6年時には横浜ベイスターズジュニアにも選出。

当時は身長151cm・体重41kgと小柄ながら、700人近い参加者の中から18人に選ばれたのは見事ですよね!

ピッチャーとして参加したものの野手としてのプレーが高く評価され、ベイスターズジュニアでの背番号は14で内野手として登録されていました。

ちなみに当時のチームメイトには健大高崎の強打者・小澤周平選手や横浜の本格派・金井慎之介投手らがおり、高校での激突も楽しみですね!

参考:小澤周平(健大高崎)はベイジュニア出身|驚異のスイングスピードに注目

Sponsored Link

小島大河は中学でも出身の相模ボーイズで全国

中学では相模ボーイズでプレーした小島大河選手は、ここでも主力選手として活躍を見せています。

小学時代と同様にピッチャーと内野のポジションを主に守っていましたね!


持ち前の打撃センスは健在で、出身の相模ボーイズでも三番打者として活躍。

中学3年時にはチームの全国大会出場にも大きく貢献していますし、東海大相模で1年の2019秋から背番号4を奪取したことも納得ですね!

Sponsored Link

東海大相模・小島大河は攻守にセンス抜群

左右に打ち分けるバットコントロール

東海大相模で2019秋に背番号4を勝ち取った小島大河選手ですが、優れた打撃センスは見逃せません。

バットコントロールが上手い左打者で、新チーム初戦の神奈川大会・藤嶺藤沢戦では三番として起用されていましたね!


前チームから四番に座る山村崇嘉選手ら、強打者が並ぶ東海大相模の打線において、早速クリーンナップを任されるあたりも今後が楽しみなバッターです。

柔軟なバッティングは一目見てセンスを感じる選手ですから、大いに暴れまわってほしいものです…!

参考:東海大相模・山村崇嘉がホームラン量産|二刀流はどちらでプロ入りか

全国屈指の二遊間になれる

打撃センスに魅力がある一方で、小島大河選手は軽快な動きを見せる守備にも期待がかかります。

また中学時代までピッチャーを務めていたこともあり、スローイングは非常に安定感があるんですよね。

同世代のショートには全国トップレベルの守備力を誇る大塚瑠晏選手がいるため、主にセカンドを守ることになるかと思いますが、この二遊間もこれからが楽しみです…!


加藤響選手茂谷光選手ら前チームから活躍していた内野手も多く、熾烈なレギュラー争いが繰り広げられる東海大相模の内野陣。

その中でも小島大河選手は中心になれる実力を秘めた逸材ですから、これからの成長を追い掛けていきたいと思います。

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|抜群の野球センスで攻守に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック