2021注目の内野手

門馬功(東海大相模)は強打に注目|監督の息子は次世代の主軸候補

神奈川の強豪・東海大相模で1年の2019秋からベンチ入りを果たしている門馬功(読み方は「もんま こう」)選手。

優れたミート力を持ち味とする右の強打者で、勝負強いバッティングでもチームに貢献しています。

中学時代は相模原ベースボールクラブの主力で活躍し、全国大会も経験しているんですよね!

東海大相模でも打線の中軸を担う選手として期待されている、門馬功選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

門馬功の中学時代は相模原BBC出身で全国出場

右投げ右打ちの門馬功選手は中学時代、硬式野球チームの相模原ベースボールクラブに所属していました。

三番・セカンドで出場するなど中学3年時には主力としてチームを牽引し、

  1. 春季全国大会
  2. ジャイアンツカップ
  3. ヤングリーググランドチャンピオン大会

と、3度の全国大会出場を果たしました。

2年時に出場したベイスターズカップでもヒットを放つなど、早い時期からチームの中心で活躍を見せていましたね。

東海大相模でも1年の2019秋からベンチ入りを果たしていますし、今後の活躍が非常に楽しみな選手です。

Sponsored Link

門馬功は監督の息子で長女もマネージャー

高校でも活躍が期待される門馬功選手の父親は、東海大相模の門馬敬治監督です。

兄の大さんも東海大相模のOBで、現在は東海大の主力選手としてプレーしている上に、長女の花さんも東海大相模野球部のマネージャー。

花さんが高校3年の2019夏に東海大相模が神川大会で優勝した際には、3兄妹揃ってスタンドで応援をしていましたね!

兄の大さんは2017年の決勝で横浜高校に敗れて甲子園を逃していますから、門馬功選手にはその雪辱を果たしてもらいたいところ。

監督の息子として話題になるでしょうが、2020夏の甲子園交流試合ではベンチ入りを果たしていますし、どんどん実力を示してほしいものです!

Sponsored Link

東海大相模・門馬功は強打に注目の右打者

東海大相模でも中軸として期待されている門馬功選手ですが、優れた打撃センスで注目を集めています。

コンタクト能力が高く、空振りが少ないことが1つの武器になっていて、広角に鋭いライナー性の当たりを打てる打者なんですよね。

加えて甘いボールは確実に長打にするパンチ力も兼ね備えていて、打席での力強いスイングは見もの。

2020夏の神奈川大会・相模原弥栄戦でも代打で出場を果たしていましたし、1学年下の梶拓斗選手らと共に次世代のクリーンナップ候補として活躍を期待したいですね!

身長172cm・体重74kgの体格はこれから更に大きくなるでしょうから、厚みが増すとホームランの数も自然と増えてくるでしょう。

参考:梶拓斗(東海大相模)は将来性抜群|中学で神奈川選抜の注目外野手

Sponsored Link

門馬功は東海大相模打線の軸になってほしい

抜群のセンスが光るバッティングで注目を集め、東海大相模の主力で活躍が期待される門馬功選手。

高いコンタクト能力や変化球への対応力にも長けていますし、ボールをしっかり呼び込んで自分のポイントで打てる強打者です。

チャンスでの勝負強さも随所に見せていますから、クリーンナップを務められる実力は持っています。

門馬敬治監督の息子であり、長男の大さんや長女の花さんの存在でも注目されているでしょうから、これからますます活躍に期待がかかりますね!

東海大相模の同世代には1年からレギュラーの座を掴んでいる、ドラフト期待の大塚瑠晏選手もいますし、門馬功選手も共にチームを引っ張っていってほしいところ。

野球一家の末っ子としてこれからも活躍に注目しつつ、東海大相模での飛躍を追いかけていきたいと思います。

参考:東海大相模・大塚瑠晏は中学日本代表|ドラフト期待の野球センスは必見

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック