2021ドラフト野手

齋藤広空(日大三)は攻守に注目|中学日本代表の逸材はドラフト期待

中学時代には強豪の京葉ボーイズでプレーし、高校は日大三へ進路を決めた齋藤広空(読み方は「さいとう ひろたか」)選手。

1年の2019春から試合に出場するなど、攻守に抜群のセンスを誇る注目の内野手です。

U12、U15と各世代で日本代表を経験しており、特に守備力の高さは世代トップクラスと言えるでしょう。

日大三の次世代を担う存在として注目の、齋藤広空選手を特集していきましょう。

齋藤広空の小学時代は千葉ロッテジュニア出身

右投げ右打ちの齋藤広空選手は小学時代、八幡チャレンジャーズに所属していました。

類まれな野球センスは当時から光るものがあり、小学6年時には千葉ロッテマリーンズジュニアに選出。背番号14をつけてプレーしていましたね!

さらにはカル・リプケンではU12日本代表にも選出されていて、世界大会での優勝にも貢献するなど早くから大舞台を経験している逸材です。

このときの日本代表では浦和学院・吉田匠吾選手らとチームメイトでしたから、互いに強豪校に進んでいるため高校での激突にも注目していきましょう。

Sponsored Link

齋藤広空は中学日本代表で進路が話題の注目選手

出身の京葉ボーイズでは主将

齋藤広空選手は中学への進学後には、強豪の京葉ボーイズに所属していました。

中学でも早くからレギュラーを奪取して、2年時にはショートのポジションで春の全国大会優勝に貢献。

主将を務めた中学3年時にも全国準優勝を果たすなど、2年連続で決勝の舞台を経験しているんですよね…!

攻守で世代トップクラスの選手として注目を集めていたことは間違いありません。

2度目の日本代表も経験

さらに齋藤広空選手は、中学3年時にU15日本代表にも選出されています。

U12に続いて2度目の日本代表ということで、実力・実績ともに申し分ない選手ですよね…!

日本代表でも正ショートを任され守備面で素晴らしい働きを見せたうえに、打率6割の成績を残すなど攻守にわたって躍動していました。

台湾との一戦では拮抗した試合状況のなか、一塁へのヘッドスライディングでチームの士気を高めたりと、戦況を冷静にみられる視野の広さも齋藤広空選手の強みといえますね!

日本代表で共に戦った大阪桐蔭・池田陵真選手とは、ドラフトで再会する可能性も十分でしょう。

Sponsored Link

日大三・齋藤広空は守備が抜群に上手い内野手

日大三でも早くから試合に出場し、2019秋にはセカンドでレギュラーを勝ち取っていた齋藤広空選手。

抜群に守備が上手い内野手で、中学日本代表で正ショートを務めていた実力は高校でも際立っています。

巧みなグラブさばきにくわえて守備範囲も広く、これから先、日大三でも内野の要になることは間違いありません。

小中学時代には投手も務めていたこともあって、スローイングの安定感も光りますね!

同世代の宇山翼投手をはじめ日大三には好投手が揃いますが、バックに齋藤広空選手ら守備力に定評のある野手陣がいるのは非常に心強いでしょう。

参考:宇山翼(日大三)は安定感抜群|中学日本代表の左腕はキレが凄い

Sponsored Link

ドラフト期待の齋藤広空は打撃も日大三の武器

守備力の高さが際立つ一方で、齋藤広空選手はバッティングの良さも見逃せません。

身長165cm・体重71kgと大柄ではないもののミート力に優れ、打率を残せるバッティングは日大三の大きな武器になっています。

また齋藤広空選手は状況に応じた打撃ができるあたりも野球センスを感じさせますね…!

右打ちも巧く変化球への対応力もあるだけに、日大三でもチャンスメーカーとしての働きは見もの。

同じくドラフト期待の星憂芽選手らと共に打線を牽引する活躍にも期待しています。

1学年下にも浅倉大聖選手をはじめハイレベルな選手が集いますが、齋藤広空選手には持ち前のキャプテンシーも発揮して日大三を引っ張っていってほしいですね!

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック