2021注目選手

日大三の2021メンバーは?注目選手が攻守に勢揃いで優勝期待!

全国の高校野球ファンからも人気を誇る西東京の強豪・日大三高。

2021世代のメンバーも攻守にレベルの高い選手が多く、ポテンシャルは全国的にもトップクラスと言えるでしょう。

この記事では、日大三野球部の2021メンバーから注目選手をピックアップしてみました。

参考:日大三の2020新入生を特集!メンバーの顔ぶれは全国トップクラス

日大三野球部の2021メンバーの注目選手【投手】

左腕の注目選手

日大三野球部の2021メンバーですが、まずは投手陣の注目選手から見ていきましょう。

まず左腕で注目したいのが、中学時代に日本代表も経験している宇山翼投手です。

キレのあるボールをコーナーに投げ分ける制球力に加えて、抜群の精度を誇る変化球を武器にしています。

2020秋の東京大会・小山台戦では、9回2安打の完封でチームの勝利に大きく貢献。

ブレーキのきいたチェンジアップは素晴らしいものがあり、日大三高の投手陣の柱となるメンバーの一人でしょう。

左腕でもう一人注目したいのが、2020秋からエースナンバーを背負う岡村海琉投手

草加市立草加中学の軟式野球部の出身で、中学3年時には全国大会にも出場していました。

前チームからベンチ入りしてマウンドを任されていた投手ですし、経験をいかした投球にも期待したいですね!

右腕の注目選手

続いて右腕の注目選手ですが、1年の2020秋からベンチ入りしている矢後和也投手は楽しみです。

中学時代は志村ボーイズの主力として全国大会にも出場し、東東京選抜にも選ばれていたピッチャー。

先発を託された2020秋の東京大会・千歳丘戦では、5回を投げて一人のランナーも出さない完璧なピッチングで、チームの勝利に貢献していました。

身長180cm・体重80kgの体格からも将来性を感じるメンバーですし、今後の成長からも目が離せません!

Sponsored Link

日大三野球部の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

日大三野球部の2021世代メンバーから、野手陣の注目選手を紹介していきます。

捕手のポジションで注目したいのが、横浜泉シニア出身の安田和輝選手です。

小学生時代には平塚リトルで日本一にも輝いていて、横浜泉シニアでは日台国際試合の南関東選抜メンバーにも選ばれていました。

2020秋の東京大会・明法戦ではホームランを放つなど、パンチ力のある打撃も見せている右打者。

リード面でも投手陣を支える献身的な働きが光りますし、インサイドワークの良さにも注目です!

内野手の注目選手

続いて日大三高の2021世代メンバーから、内野手の注目選手を見ていきましょう。

内野手で期待したいのが、前チームからスタメンに名を連ねていた齋藤広空選手です。

中学時代はU15日本代表を経験した内野手で、攻守で魅せる野球センスは群を抜いています。

2020秋の東京大会・明法戦では4安打3打点3盗塁の活躍でチームの勝利に貢献。

右打席での優れたバットコントロールに加えて、安定感のある守備でもチームを支える日大三高のキーマンの一人です。

続いては、四番を務める山岡航大選手です。

名門の江戸川中央シニアでは全国大会ベスト4も経験している右打者で、チャンスでの強さは見もの。

日大三の2021世代では打線の軸になるメンバーの一人ですから、打点に期待しつつ成長を追いかけたい強打者ですね!

そして攻守での働きに期待の川島柾之選手

走攻守すべてにレベルの高いプレーを見せる内野手で、サードのポジションでの守備力も際立ちます。

高い打率を残せる左の巧打者でもありますから、日大三でも攻守で暴れまわってほしいところです。

加えて、ショートのポジションで鎌田慎也選手も見ものです。

名門のショートを任されているのも納得の守備は鉄壁で、三遊間の深いところからも鋭い送球を見せる強肩の持ち主でもあります。

中学時代にはボーイズ関東選抜にも選出されていますが、内野の要として高校野球ファンを沸かせてくれるメンバーですね!

また、千葉ロッテマリーンズジュニア出身の土屋マックス清文選手も楽しみです。

鋭いスイングが光る左の強打者で、身長183cmの体格もあって打席での威圧感は見逃せません。

パンチ力と勝負強さを兼ね備える打撃には注目ですし、五番を任されるなどクリーンナップの一角として打力に期待したいメンバーです!

外野手の注目選手

最後は日大三野球部2021世代の外野手から、注目選手を見ていきましょう。

外野の一人目は、小山ボーイズ出身の星憂芽選手です。

小学時代はヤクルトスワローズジュニアのメンバーで活躍し、中学時代は日本代表をはじめ、多くの選抜メンバーに選出されていた逸材。

2020秋の東京大会・明法戦では初回に満塁ホームランを放つなど、一番打者として日大三高を引っ張ります。

ずば抜けた俊足強肩の身体能力で2021ドラフト候補にも名前が挙がるメンバーですから、全国の高校野球ファンに広く認知されてほしいですね!

また、三番を任されている井坪朝陽選手のセンス溢れるバッティングも見逃せません。

中学時代は関東大会でベストナインにも輝いている選手で、身長183cmの均整のとれた体格からヒットを量産する左打者。

身体能力も高く、日大三高で主役になれるだけのポテンシャルは十分に秘めている選手と言えるでしょう。

Sponsored Link

日大三高の2021メンバーは全国区の顔ぶれ

日大三の2021世代メンバーを見てきましたが、やはり攻守の両面で全国に通用する力は兼ね備えています。

それぞれの実力は申し分ないだけに、チームとしてどこまでまとまってくるかも注目が集まりますね…!

日大三は全国にもファンの多い強豪ですし、2021世代はぜひ甲子園を沸かせてほしいところ。

ハイレベルな野球を見せてくれるチームであることは間違いありませんから、これからの躍進にも期待しつつ日大三高の野球を追いかけていきましょう。

参考:東海大菅生の2021メンバーは?注目選手が揃う打線の破壊力は随一

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック