2021ドラフト投手

菱川一輝(花巻東)はドラフト期待|球速は中学時代から逸材ぶりを発揮

岩手の強豪・花巻東で1年の2019秋からベンチ入りしている菱川一輝(読み方は「ひしかわ かずき」)投手。

球速150キロに迫るストレートを投げる本格派右腕で、早くも2021ドラフトへの期待も高まっています。

小学時代は楽天ジュニアに選出され、中学時代は岩手県選抜に選ばれるなど、各世代の中心選手だった逸材なんですよね…!

これからの花巻東を引っ張る存在としても期待の、菱川一輝投手を特集していきましょう。

参考:2021ドラフト候補の高校生投手【最新】黄金世代の目玉は誰だ

菱川一輝の小学時代は楽天ジュニア出身

右投げ左打ちの菱川一輝投手は花巻市立桜台小学の出身で、少年野球チームの松園ファイターズで野球を始めました。

当時から抜群の野球センスを見せていて、エースとして活躍。小学6年時には厳しいセレクションを通過して楽天ジュニアに選出されました。


本戦では背番号8をつけて投手としても登板し、チームの決勝トーナメントメント進出に貢献していますね!

準決勝で中日ドラゴンズジュニアにタイブレークの末、惜しくも敗れたものの、ベスト4の成績を残しました。

ちなみに楽天ジュニアでは秀光中学で注目を集めた147キロ左腕、仙台育英・笹倉世凪投手とチームメイトでしたし、2人の投げ合いも是非見てみたいですね!

参考:笹倉世凪(仙台育英)はドラフト期待|豪腕が誇るもう1つの武器

Sponsored Link

ドラフト期待・菱川一輝の出身中学での球速は?

菱川一輝投手は中学時代はシニアなどの硬式野球チームには所属せず、花巻市立花巻北中学の軟式野球部に所属していました。

中学でもチームの中心選手として活躍し「岩手日日旗争奪県南選抜中学野球大会」での優勝に貢献。同大会では最優秀選手賞にも選ばれていますね!

また中学3年時には実力が高く評価され、岩手県選抜にも選出されています。

背番号1を背負って岩手県選抜のエースとして出場した「楽天杯東北中学校野球選抜」では、見事に優勝を飾って岩手県選抜の2連覇に貢献しました。

ストレートの最速は134キロをマークしており、当時から進路が注目されていた選手の一人でしたね!

ちなみに県選抜で共に投手陣を引っ張った水沢・伊藤裕平投手も順調に成長を遂げ、最速は140キロ超をマーク。

それぞれ2021ドラフトでは話題に上がるでしょうから、花巻東での菱川一輝投手の成長はますます目が離せなくなりそうです。

参考:伊藤裕平(水沢)はドラフト期待|球速も注目の右腕は中学で全国ベスト8

Sponsored Link

花巻東・菱川一輝はドラフト注目右腕

ドラフト期待の菱川一輝投手ですが、一番の武器はなんといっても力のあるストレートです。

2019秋には1年生ながら最速147キロを記録しており、早くも球速150キロの大台を視野に入れているんですよね…!

ダイナミックな投球フォームも魅力で、これから更に話題になることは間違いないでしょう。

2019秋の岩手大会2回戦・宮古戦でも登板を果たし、見事に無失点に抑えています。

「3年で155キロは確実に出る」との声もありますが、2019ドラフトを沸かせた佐々木朗希投手(大船渡→ロッテ)のようにストレートで魅せる投手に成長してほしいものです…!

参考:佐々木朗希が中学時代に経験した挫折|ドラフト注目右腕の苦悩と涙

Sponsored Link

ドラフト期待の菱川一輝は花巻東の躍進に不可欠

1年生ながら2019秋の大会で147キロの球速をマークし、注目を集めている菱川一輝投手。

打撃でもホームランを放つ活躍を見せており、二刀流への可能性も感じさせますね…!

身長187cm・体重80kgの体格も魅力ですし、スケールの大きな選手だけにこれからどんな選手に成長していくかが本当に楽しみです。

今後の花巻東の中心になることは間違いなく、チームの躍進の鍵を握る選手といっても過言ではありませんね!

146キロ右腕、大阪桐蔭・関戸康介投手ら、投手のドラフト候補が豊作な世代だけに、ハイレベルな投げ合いには大いに期待したいところです。

花巻東で全国を沸かせるであろう菱川一輝投手の成長を楽しみにしつつ、引き続き応援していきましょう。

参考:関戸康介が大阪桐蔭を選んだ理由|ドラフト注目右腕の球速以上の武器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック