2021ドラフト投手

金森塁(京都国際)はドラフト期待|球速に注目の左腕は中学で県選抜

中学では東海中央ボーイズでプレーし、2019春から京都国際へ進んで次世代のエース候補として注目を集めている金森塁投手。

最速140キロを超えるストレートを武器に、将来が楽しみなサウスポーです。

小学時代は中日ドラゴンズジュニアにも選ばれたほか、中学では愛知県選抜に選ばれるなどポテンシャルの高さは高校入学前から話題になっていましたね!

2021ドラフト候補としても期待が高まる、京都国際の金森塁投手について特集していきましょう。

金森塁の小学時代は中日ドラゴンズジュニア出身

左投げ左打ちの金森塁投手は愛知県の出身で、父親の影響で小学時代から野球を始めました。

投手としての才能はすぐに開花し、小学6年時には中日ドラゴンズジュニアでのトーナメント優勝に大きく貢献しています。

金森塁投手は小学生とは思えない落ち着きぶりでキレのあるボールを投げており、マウンドさばきも当時から画になりますよね…!

このとき中日ドラゴンズジュニアのチームメイトには県岐阜商・松野匠馬投手もいましたから、それぞれ左右の本格派として高校でも切磋琢磨してほしいものです。

Sponsored Link

金森塁は中学の東海中央ボーイズでも県選抜

金森塁投手は中学への進学後には、野球では東海中央ボーイズに所属していました。

中学3年時には2度の全国大会を経験したほか、愛知県選抜にも選出されるなど順調な成長を遂げます。

ただ一方で、全国大会では痛打を浴びるなど悩んだ時期も。それこそ野球に対して「やらされている感」を覚えたこともあったそうですが、吹っ切れて「野球を教えてくれた父親にも感謝している」と語っている姿は応援したくなりますね…!

精神的にも一回り大きくなって高校野球でも挑戦を続けている金森塁投手は、この先の成長からも目が離せません。

Sponsored Link

京都国際・金森塁はドラフト期待の本格派

球速140キロ超の真っ直ぐ

京都国際の金森塁投手は、やはり投球の軸となるストレートに注目です。

高校2年の2020春にはすでに球速140キロを超えており、否が応でもドラフトへの期待が高まります。

身長182cm・体重79kgと均整のとれた体格から繰り出すストレートは球威抜群で、数少ない「ストレートで空振りを取れる投手」なんですよね!

球速以上にボールのキレがあり、打者は振り遅れのファールになることが多い印象。

バランスの良い投球フォームの持ち主でもありますから、京都国際の投手力底上げにおいても重要な存在と言えるでしょう。

最速150キロの可能性も十分

球速140キロを超えるストレートで注目を集めている金森塁投手ですが、その伸びしろは計り知れません。

長身の本格派左腕としてまだまだ球速は伸びていくでしょうし、馬力のある投手だけに高校で球速150キロの大台に乗せる可能性も十分。

全国的な知名度こそまだ高くないものの、プロのスカウトとしても放っておけない選手の一人と言えます。

2020ドラフト注目の早真之介選手らハイレベルな選手が揃う環境で刺激を受けているでしょうし、更なる進化を遂げてくれることが本当に楽しみな投手です!

参考:早真之介(京都国際)はドラフト期待|ずば抜けた身体能力の注目株

Sponsored Link

ドラフト期待の京都国際・金森塁はマウンド度胸満点

京都国際のエース候補としても注目の金森塁投手は、ボールの質だけでなくマウンド上での強心臓ぶりにも注目です。

絶対打たれないという自信からなのか、ピンチの状況でもマウンド上で決して動じないのはバックとしても信頼できるでしょうね!

大舞台で本領を発揮してくれる投手でもありますし、変化球の精度がさらに向上していけば、ピッチングの幅が広がって注目度も一気に増すのではないでしょうか。

1学年下にも森下瑠大投手をはじめ好投手が多く加入していますから、京都国際の投手陣を引っ張る存在としても金森塁投手には注目です。

今後が楽しみな2021ドラフト候補の金森塁投手を、これからも追い掛けていきましょう。

参考:森下瑠大(京都国際)は投打に注目|福知山ボーイズ出身の中学関西選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック