2021注目の投手

松野匠馬(県岐阜商)の球速に注目|中日ジュニア出身右腕は家系も凄い

岐阜の強豪・県岐阜商で入学直後の2019春から試合に出場している松野匠馬(まつの たくま)投手。

球速140キロを超えるストレートを軸とした、力強いピッチングに注目の本格派右腕です。

小学時代には中日ドラゴンズジュニアに選出されたほか、中学時代に所属していた愛知名港ボーイズでも選抜メンバーを経験。

父親・祖父も県岐阜商出身と野球一家としても注目を浴びる、松野匠馬投手について特集していきましょう。

参考:県岐阜商の2021メンバーは?注目選手が投打に揃い優勝候補に!

松野匠馬の小学時代は中日ドラゴンズジュニア出身

右投げ右打ちの松野匠馬投手は小学時代、上条スポーツ少年団で野球を始めました。

この上条スポーツ少年団は祖父の勝治さんが監督を、父の文治さんがコーチを務めていたチームですね!

早くから野球センスを開花させていた松野匠馬投手は、小学6年時にセレクションを通過して中日ドラゴンズジュニアに選出。

中日ドラゴンズジュニアの7年ぶり二度目の優勝に貢献しました。

ちなみに中日ドラゴンズジュニアでは内野手としての登録で、背番号は14をつけてプレーしています。

このとき中日ドラゴンズジュニアでは県岐阜商のチームメイト・高木翔斗選手ともチームメイトでしたね!

互いに県岐阜商の主力として期待がかかるだけに、今後も全国の舞台で大いに暴れてほしいものです。

参考:高木翔斗(県岐阜商)は強打に注目|中日ジュニア出身の大型捕手

Sponsored Link

松野匠馬は中学でも愛知名港ボーイズで選抜

中学への進学後は愛知名港ボーイズに入団した松野匠馬投手ですが、小学時代同様、愛知名港ボーイズでも父の文治さんがコーチをしていました。

愛知名港ボーイズでは副主将を務めるなど、中学時代もチームの中心選手として活躍していますね!

愛知名港ボーイズでの活躍と実力が高く評価され、中学3年時には村瀬杯愛知中央選抜に選出。

チームは予選リーグで敗退を喫したものの、130キロの球速を誇るストレートで注目を集めていました…!

「鍛治舎巧監督というすごい指導者の下で甲子園で優勝したい」と県岐阜商に進路を決めた松野匠馬投手。

県岐阜商の戦力の充実ぶりを考慮しても入学当初の目標は十分に可能性がありますし、達成に向けてぜひ頑張っていってほしいですね…!

Sponsored Link

県岐阜商・松野匠馬は140キロ超の球速に注目

県岐阜商・松野匠馬投手の持ち味は、やはり球威のあるストレートでしょう。

2019秋の時点で最速は142キロをマークしていますし、中学時代からすでに約10キロもアップしていますから将来性にも期待ですよね…!

2019秋の東海大会決勝・中京大中京戦では、全国上位の強力打線を相手に4イニングを投げて1失点の好投を見せました。

試合に敗れはしたものの、2019秋の神宮大会を制した中京大中京が相手だけに今後への自信になったでしょう。

同世代には2019秋の東海大会準々決勝・愛工大名電戦で好投した野崎慎裕投手もいますし、松野匠馬投手がさらに存在感を示すようになると非常に面白いチームになってきますね!

身長181cm・体重77kgとバランスのとれた体格もまだまだ大きくなるでしょうから、球速150キロの大台も十分に可能性があります。

松野匠馬投手の成長からは今後も目が離せません!

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

Sponsored Link

松野匠馬は父と祖父も県岐阜商出身の野球一家

県岐阜商の投手陣において存在感を示す松野匠馬投手ですが、祖父・勝治さんと父・文治さんも県岐阜商出身の元球児で、甲子園も経験しているんですよね。

祖父・勝治さんは1961夏にベスト4へ進出した際の外野手で、父・文治さんは甲子園タイ記録の3試合連続サヨナラゲームを演じた1992夏に控え捕手としてベンチ入りしていました。

2020春のセンバツ甲子園で松野匠馬投手もベンチ入りするでしょうし、親子3代での甲子園出場は本当に素晴らしいなと…!

ドラフト注目の森大河投手らとともに松野匠馬投手もマウンド上でインパクトを残し、祖父や父に負けない活躍を甲子園の大舞台で見せてほしいですね!

松野匠馬投手の今後の成長と、県岐阜商の躍進に注目して、この先も応援していきたいと思います。

参考:森大河(県岐阜商)はドラフト期待|球速だけじゃないエースの復活

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック