2020ドラフト投手

森大河(県岐阜商)はドラフト期待|球速だけじゃないエースの復活

岐阜の強豪・県岐阜商で1年の2018夏からベンチ入りを果たしていた森大河投手。

最速140キロを超えるストレートにくわえ、キレのある変化球も武器にする本格派右腕です。

2019秋の東海大会でも多くの試合で好投を見せ、2020春のセンバツ甲子園出場に大きく貢献しました。

怪我から復活し、ドラフトにも期待がかかる県岐阜商のエース・森大河投手について特集していきましょう。

県岐阜商・森大河はドラフト期待の本格派

森大河投手の大きな武器になっているのが、球速140キロを超えるストレートです。

1年だった2018秋の時点で既に最速140キロをマークしており、本格派として注目を集めていました。

2019春に人さし指を骨折する怪我を負って長期離脱を余儀なくされていたものの、怪我の前までには最速144キロを記録していたんですよね…!

復帰後の試合でも最速145キロのストレートを投げ込んでいますし、球速150キロを超える可能性も十分に秘めているでしょう。

身長178cm・体重74kgと体格的にも伸びしろは十分にありますから、全国区の投手として大きく羽ばたいてほしいものです!

Sponsored Link

ドラフト期待の県岐阜商・森大河は球速だけじゃない

変化球のキレも見もの

140キロ台中盤の球速を誇るストレートだけでなく、森大河投手の強みは変化球にもあります。

特に鋭い変化を見せるスライダーには定評があり、狙って空振りを奪える決め球としても威力を発揮していますね…!

2019秋の東海大会準決勝・加藤学園戦では3点ビハインドの六回から登板し、2イニングで4奪三振を奪う力投を見せました。

このときのピッチングを観ても持ち味であるスライダーはキレがありますし、左打者の膝元や右打者のアウトローに決まれば、連打を浴びることはそうないでしょう。

ちなみにこの試合の前の登板であった東海大会2回戦・愛工大名電戦では、フォームのバランスを崩して2失点を喫していましたが、次の試合ですぐに立て直しができる修正力も森大河投手の強みになっています。

前述の加藤学園との試合後には「全員抑えこんでやるという強い気持ちで投げた」とコメントで語っていましたし、強い気持ちを持っている森大河投手の今後にも注目です!

Sponsored Link

アウトローの精度は見もの

森大河投手は球速だけでなく、ストレートの精度にも注目です。

スピードに注目が集まっている一方で、決して力任せに投げているわけではなく、コーナーにきっちりコントロールする制球力も見ものなんですよね。

中でも「指に掛かったときアウトローは素晴らしい」との声が多く上がっているように、外角低めへのボールは素晴らしいものがあります。

2019秋の大会では野崎慎裕投手も成長ぶりを見せていましたから、県岐阜商は強力打線だけでなく投手陣も見逃せません…!

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

Sponsored Link

県岐阜商・森大河は怪我の悔しさを晴らしてほしい

今では怪我からの復活を果たしている森大河投手ですが、怪我の影響で2019夏のベンチ入りを逃したことは相当悔しい出来事だったでしょう。

その2019夏の岐阜予選では、県岐阜商は準々決勝で敗退。自分が怪我で出場できなかった悔しさもあるでしょうし、先輩たちとの甲子園を逃したことへの責任を感じているかもしれません。

県岐阜商には同じくドラフト注目の佐々木泰選手もいますし、甲子園での躍進も本当に楽しみなチームです。

悔しい想いを経験している森大河投手にはその中心として、チームを引っ張ってくれることに期待しています!

参考:佐々木泰(県岐阜商)はドラフト期待|強肩強打のイケメン主将は全国区

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック