2020ドラフト野手

佐々木泰(県岐阜商)はドラフト期待|強肩強打のイケメン主将は全国区

岐阜の強豪・県岐阜商で入学直後の2018春から試合に出場している佐々木泰(読み方は「ささき たい」)選手。

ホームランを打てるパンチ力と広角にヒットが打てる技術を武器に、2018夏から四番を任されている右の強打者です。

2019秋の東海大会でも主軸を務めながらリリーフでも登板するなど、県岐阜商を東海大会準優勝に導きましたね!

2020シーズンの活躍も期待される、ドラフト注目の県岐阜商・佐々木泰選手について特集していきましょう。

県岐阜商・佐々木泰はドラフト注目のスラッガー

高校通算ホームランは30本超

佐々木泰選手は大垣市立東中学の出身で、中学時代は岐阜ボーイズに所属していました。

中学時代から注目打者だった佐々木泰選手は、県岐阜商でも入学当初から試合に出場。1年生ながら四番を任される実力を持ち合わせていた右打者です。

その佐々木泰選手の大きな魅力が、ホームランを打てるパンチ力。

2019秋の時点で高校通算31本のホームランを放っており、今後もホームラン数には注目ですね!

岐阜大会準決勝・大垣西戦では七回に逆転を呼び込む2ランホームランを放ち、四番としての存在感を見せつけました。


身長180cm・体重75kgの体格もさらに大きくなるでしょうし、鋭いスイングに磨きがかかれば全国的にも騒がれる可能性は十分と言えます。

主軸としての活躍はもちろん、甲子園でのホームランにも期待したいですね!

Sponsored Link

チャンスでの勝負強さも

ホームランに期待の長打力だけでなく、佐々木泰選手はチャンスでの勝負強さも光ります。

2019秋の東海大会決勝・中京大中京戦では試合に敗れはしたものの、2本のヒットを放つなどチャンスで打点を稼いで四番の仕事を果たしました。

また東海大会2回戦の愛工大名電戦でも2本の犠牲フライを放ち、チームの勝利に貢献。

こうした状況に応じたバッティングが出来るあたりも、佐々木泰選手の強みになっていますね!


2021ドラフト注目の高木翔斗選手と並び、県岐阜商打線の中心で活躍してくれることに期待しています。

鍛治舎巧監督からの信頼も厚い選手だけに、クリーンナップで暴れまわってほしいですね!

参考:高木翔斗(県岐阜商)は強打に注目|中日ジュニア出身の大型捕手

Sponsored Link

県岐阜商・佐々木泰は投手でも球速140キロ超

佐々木泰選手は持ち前のバッティングだけでなく、投手のポジションでも県岐阜商を引っ張ります。

ストレートの球速は140キロを超えていますし、右の本格派としてこの先もマウンドに上がる場面は見られるでしょう。

制球力に課題はあるものの、球威で打者をねじ伏せられるほどの力は十分に持っていますね…!


実際のところ、2019秋の東海大会2回戦・愛工大名電戦では制球が定まらずに苦しい場面もありましたが、気迫のピッチングで最後まで投げ切りました。

鍛治舎巧監督からも「よく集中力を保って投げた」と言葉を掛けられていますが、ピンチでも折れないハートの強さも見逃せません。

県岐阜商は野崎慎裕投手も2019秋に素晴らしいピッチングを披露しましたし、強力打線に注目が集まる一方で投手陣の充実ぶりにも注目です!

参考:野崎慎裕(県岐阜商)はドラフト期待|球速以上に楽しみなサウスポー

Sponsored Link

ドラフト注目の佐々木泰はイケメンでも人気

ドラフト期待の選手として話題の佐々木泰選手は、プレーだけでなく、その端正な顔立ちでも人気を博すイケメン選手なんですよね…!

ファンの間でもイケメンぶりが話題になっていますし、甲子園ではルックスに注目が集まっても不思議ではありません。


投打の中心であることに加えて主将としてもチームを引っ張る大黒柱ですから、佐々木泰選手の活躍が、県岐阜商の躍進を左右するといっても過言ではないでしょう。

同じく1年から主軸で活躍していたドラフト注目の大阪桐蔭・西野力矢選手らとは、ぜひ甲子園の舞台で激突を観てみたいものです。

佐々木泰選手のさらなる活躍に期待して、これからも追い掛けていきたいと思います。

参考:西野力矢(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学通算35発の大砲は技術で運ぶ

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック